フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 交通トラブル、逮捕容疑は殺人、一審は正当防衛を認め、しかし…! | トップページ | 7月21日(土)成城大学で重要シンポ! »

2018年7月16日 (月)

警視庁が新型オービスを導入、くらくらする報道

 読者氏から教わった。以下は7月12日付けTOKYO MX。

警視庁が“新型オービス” 狭い生活道路でも取り締まり
 警視庁は車のスピード違反を大通りではない生活道路でも取り締まることができる、新しい自動速度取締機(通称・オービス)の運用を東京都内で始めました。
 新しい取締機は持ち運び型で、これまではスペースがないために自動取締機が設置できなかった生活道路での取り締まりを可能にしました。運用初日となった7月12日は早速、東京・葛飾区の小学校近くで取り締まりが行われました。警視庁によりますと、東京都内で子どもが巻き込まれる事故は2017年の1年間で1500件ほど起きていて、そのうちおよそ7割が通学路や狭い路地などの生活道路で起きていました。警視庁はこうした場所で取締機を活用して、事故を減らしていきたいとしています。亀有警察署の木下薫交通課長は「可搬式自動取締装置を活用し、世界一の交通安全都市・東京を目指す」と語りました。
 警視庁は常設型のような設置場所手前での“予告看板”を出すことはせず、取り締まりを行っていくことにしています。

180516lsm300 新型の可搬式(可搬型)オービスLSM-300(東京航空計器製)の本体部を警察官が2人でえっこらしょと運ぶ、そのシーンは初めて見る。良いニュース映像だ!
 LSM-300は、警告板を掲示する運用をしない、そうはっきり報じているところも良い。

 良いのだけれど、もう何と言っていいのか、くらくらする。結果として視聴者を完全に馬鹿にしていると、申し訳ない、マニアな私には思えてしまう。
 警察の側が、都民を国民をどうせ無知な馬鹿と見ており、その意のままに報道するからこうなってしまうのか。

 『ドライバー』や『ラジオライフ』やメルマガや当ブログでさんざん書いてきたことを、しょーがない、また書こう。

 交通違反は「反則行為」と「非反則行為」に分かれる。
 スピード違反についてはこうだ。
 超過速度が30キロ未満(高速道路と自動車専用道路では40キロ未満)=反則行為→いわゆる青切符。
 満超過速度が30キロ以上(高速道路と自動車専用道路では40キロ以上)=非反則行為→いわゆる赤切符。

 それでだ、オービスは「非反則行為」だけを取り締まる。40年くらい前の判例、肖像権の問題に縛られている、というのはタテマエ。実際には、反則行為まで取締りの手を広げることができないのだろう。

180516lsm300_2 通学路、生活道路はだいたい「ZONE(ゾーン)30」とされ、制限速度は30キロだ。
 したがってMXの報道は、制限30キロの通学路、「狭い生活道路」を60キロ以上の速度でかっ飛ばす、そういう違反車だけをしっかり取り締まるために新型オービスを導入しました、すごいでしょ、ということになるのだ。くらくらする。

 通学路、生活道路での取り締まりを錦の御旗にするなら、反則行為のスピード違反も当然に取り締まらねばならない。
 しかしそうすると大きな問題が生じる。
 オービスが現場で行うのは測定&撮影だけ。後日、写真に写ったナンバーから車両の持ち主を特定し、違反者を警察へ出頭させて違反切符を切る。
 非反則行為のスピード違反は全体としては極めて少ないから何とかそれでやっていられるが、反則行為までいちいち呼出状を送って出頭させるんじゃ警察がパンクする。なんだかんだと出頭しない者はよくいて、現在でさえ警察は困っているのだ。上述の「反則行為まで取締りの手を広げることができない」とはそういうことなのである。

 じゃあどうするか、解決策は明白だ。
 現在の駐禁取締りと同じように、ナンバーから判明した車両の持ち主へ、放置違反金ならぬ速度違反金の納付書を送付し、払わせる、払わなければ預貯金や給料等を差し押さえる、それしかない。

1、オービス取締りを赤切符の制約から解き放ち、青切符のスピード違反も取り締まるようにする。
2、違反者ではなく車両の持ち主からペナルティを徴収する制度をつくる。

 このふたつをやってこその「通学路、生活道路で新型オービスを活用」なのである。ところがMXは、このふたつを臭わせることすらせず、ただただ新型オービスは素晴らしいかに言う、私はくらくらする…。

 画像は、メルマガ第2100号(今年5月15日発行)の編集後記で速報した、新型オービスLSM-300の警視庁の契約書の一部と仕様書の一部だ。
 契約日は昨年9月6日、納入期限は今年2月28日、数量は1式、契約金額は1080万円(税込み)。
 なぜ1式だけなのか、同編集後記に書いたように、取締りを目的とする購入ではないのだろう。
 なぜ今頃お披露目なのか。上記1、2へ向けてそろそろ具体的に動き出すのか。もしかしてMXテレビのコメンテーター諸氏に上記1、2をそして3を言わせたいとか?
 3とは、ずばりこれだ。

3、駐禁に続いてスピード違反取締りも民間委託。

 この1、2、3を2013年から一貫して言い続けているのは私だけみたいなんだょね。変なの。

 ←7月16日10時30分現在、週間INが150で2位~。happy02

« 交通トラブル、逮捕容疑は殺人、一審は正当防衛を認め、しかし…! | トップページ | 7月21日(土)成城大学で重要シンポ! »

速度取締りの新時代!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 交通トラブル、逮捕容疑は殺人、一審は正当防衛を認め、しかし…! | トップページ | 7月21日(土)成城大学で重要シンポ! »