フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 交通安全協会が火の車 | トップページ | 自転車のひき逃げ、刑罰は? »

2018年8月27日 (月)

人生のほとんどを下着ドロで服役させた者!

 私のメルマガ「裁判傍聴バカ一代」(2009年12月創刊)の、特徴が分かった!
1808243 人間だれしも他人のことは偉そうに言うくせに自分のことは分からない、とか。そのとおり、これが私のメルマガの特徴として打ち出せることと、気づかなかった。
 すなわち…。

 世間(その定義は難しいがとりあえず世間)の裁判、裁判官、裁判所というものに対する印象、認識は、大きくいえば次の3つに分かれるように思う。

1、盲信。裁判は白黒つける正義の場、真実を突き止める場と、なぜか信じ込んでいる。
2、反発。裁判官はろくでもないクズばかりとひたすら非難する。
3、無関心。

1808241 15年半も裁判傍聴マニア(裁判傍聴師)をやっていると、3はもちろん、1も2も全くなくなる。遠く消え去る。
 そもそも、どの事件にどんな刑罰を科すか、科さないか、検察が決めるのである。裁判の役割は、その手続きを法的に遺漏なく整えること、検察による処罰の正当化レトリックを上手に仕上げること、いやべつに批判や皮肉じゃなく、純粋にそこが基本だとしみじみ分かってくる。
 そのうえで、「検察官、よく言ってくれた」「検察官ってクズだなぁ」「裁判官ってやっぱ頭いいわ」「裁判官って自分は何でもよく分かってる正義の人と思い込んでるんだなぁ」「弁護人、あんたどういうつもりでこの被告人をそこまで持ち上げるのよ」「一般傍聴人ってほんとエロ裁判が好きだな」等々等々のシーンをリアルにレポートしていく、そのへんが私のメルマガの、まずは特徴かなと。

 うーん、なんかまく言えた気がしないけど、とにかく、世間が持っているであろう裁判に対するイメージ(幻想)とは異質、異次元のメルマガであるとはいえるんじゃないか。

 さて、8月は以下の12号を発行した。

号外 平井愼二医師の抄録、訂正して再掲
 第2144号で、タグのミスから「治療を求めなかった不作為に対する刑罰」の一部が消えていた。改めて全文掲載。  関連して「原因において自由な行為」について傍聴席から見えること。

第2144号 治療を求めなかった不作為に対する刑罰!
 人間の行動は2つの信号系に支配されている。第1次信号系=動物脳と、第2次信号系=人間脳。人間脳でいくら「絶対再犯しません!」と誓っても、動物脳の過作動には逆らえない。そこに気づいて効果的治療法(条件反射制御法)を見出した下総精神医療センター、平井愼二医師による「治療を求めなかった不作為に対する刑罰」を全文掲載。

第2143号 人生のほとんどを下着ドロで服役させた者!
 感じの良いイケメン君は32歳なのに服役前科5犯。成人後のほとんどを拘置所や刑務所で過ごしたのだった。病的な下着ドロで5度の裁判を受ける間、病気の可能性を誰からも言われず、前刑(懲役3年6月)の刑務所で受刑者から初めて言われたんだという! 検察、裁判所の犯罪性が痛感される事件!

第2142号 俺は××の2代目、愛人契約1億5千万円
 高級お洒落ホテルへデリヘル嬢を呼び、超有名企業の社長の息子等と称して超高額の愛人契約を持ちかけ、デリヘル嬢が貯めた金を根こそぎ詐取、それを重ねた男が判決(当然長期の実刑)を前に保釈されるや姿をくらまし、同じ犯行を重ねた事件。  ほか、酒に酔って抵抗できない男性に対し相互口腔性交を強いた事件…。

 以下の3号は8月20日にお知らせした

第2141号 誰にも1つや2つ隠し事はあるものさ、なぁ
第2140号 趣味は精液かけ? 電車内スリを否認し
第2139号 働いて感謝される歓びを初めて知ったのに

 以下の2号は8月12日にお知らせした

第2138号 無邪気な神待ち少女14歳はなぜ助かったか
第2137号 万引き病、治療を約束させる卑怯な罠!

 以下の3号は8月9日にお知らせした

第2136号 薄い微笑みがつらかった人生を想像させ
第2135号 乳児を虐待殺と報じられ事件、傍聴してみた
第2134号 学校でイジメられ、中2でシャブをおぼえ

1808245 いま購読登録すると以上12号がどどっと送信される。そして8月末まであと2号が順次送信される。そこまで無料。
 あと2号のうち1号は、ある「準強制性交等、準集団強姦」にしようかと。組織的ともいえる本当にひどい事件だ。その仲間たちは今も同じことをやっていると思われる事情があり…。警察はどうするのか。今にどかんと弾け、全ワイドショーが連日報じることになるかも。

 画像3点は、24日(金)の北区滝野川の居酒屋「昭和」の酒肴。上の画像は、いろいろ贅沢ミックスな酢の物と、麻婆茄子と、煮物。私は最初に麻婆茄子を口に入れた。瞬間、セロトニンだか何だか幸せホルモンが脳内に満ちたねっ。あと炒めこんにゃくと昆布巻きが絶品だった。2番目の画像はさいころステーキ。画像下はイワシ焼き。すでにほぼ満腹の酔っ払いには、これくらい小っちゃいのが良い。
 画像3点の酒肴は、いずれも1皿チケット1枚。チケットは10枚綴りで1200円。よって画像の5皿は合計600円相当ってことだ。幸せホルモン、出るっしょ(笑)。

 ←8月27日1時20分現在、週間INが90で2位~。

« 交通安全協会が火の車 | トップページ | 自転車のひき逃げ、刑罰は? »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 交通安全協会が火の車 | トップページ | 自転車のひき逃げ、刑罰は? »