フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 新型オービスとは何か! 前編 | トップページ | 趣味は精液かけ? 電車内スリを否認し »

2018年8月17日 (金)

新型オービスとは何か! 後編

1808171 前号からの続き、後編である。

■2016年4月~6月  警察庁は新型のオービス3種を使った「モデル事業」を埼玉と岐阜でおこなった。「固定式」と「可搬式」は、1年半前の試行運用と同じくセンシス社製でレーダー式。「半可搬式」が突然、東京航空計器のレーザー式に!

 3種とも、警察庁が購入して埼玉県警と岐阜県警に貸与する形だった。私はその契約書、仕様書、取扱説明書をゲットし『ラジオライフ』で詳報した。ここでは省略しよう。

 とにかく、契約書等を見た瞬間、私は理解した。
 この半可搬式から重い台座部分を取り払い、三脚に載せて可搬式とすればバッチリじゃないか! レーザー式なら無線免許は不要。取締りの民間委託に適する。
 警察庁は最初っからこれでイクつもりだったのだな。センシス社は「外国のメーカーの装置とも慎重に比較検討した結果…」と言うための、つまり当て馬だったのだな?

18081732016年  モデル事業の「半可搬式」から重い台座部分を取り払って「可搬式(三脚式)」とした東京航空計器のレーザー式オービス、LSM-300を、警察庁が全国の警察に“紹介”した。

 このブログ記事の4つの画像は、その紹介の文書からだ。こんなお宝文書をどうやって手に入れたのか、涙ぐましいエピソード(笑)があるのだが省略。

 この紹介文書に応じて愛知県警は2016年度の補正予算で2式を購入。他の都道府県警もぽつぽつ購入し始めた。

1808174■2018年7月  愛知県警のLSM-300により「うめ」さんが15キロ超過で測定&撮影され、ツイッターで明かした。

 そのツイート情報が正しいことを私は確認した。新型オービスが青切符の速度違反を取り締まった事実を、私は初めて知った。
 他の情報もあわせると、新型オービスによる青切符の取締りは2018年4月から始まったのではないかとうかがえるフシがある。
 どういう態勢で取締りをおこなうのか、警告看板はどうするのか等、間もなく発売の『ドライバー』に書いた。

1808176 こんなことを愛知県警が独断でおこなえるはずがない。すべては警察庁の指示に基づいており、違反者の出頭状況等々すべて警察庁へ報告するはず。そのへんはいま調べている。

 さて、私はなぜ「新型オービス」「新時代オービス」と呼ぶのか。
 これまでゲットしてきた大量の文書のどこにも「移動式」とはない事実、それ以上に、次のようなことがあるからだ。

 センシス社のオービスも、東京航空計器のレーザー式のオービスも、かつてなかった。2013年6月に大臣が旗を振って(振らされて)以降に初めて登場した。
 かつ、それらは、「通学路、生活道路の交通安全」を錦の御旗として、
  1、オービスで青切符の違反を取り締まる
  2、違反車両の持ち主から“速度違反金”を徴収する
  3、速度取締りを民間委託する
 という新時代をつくるために登場した。

 よって私は「新型オービス」「新時代オービス」と呼んでいる次第なのである、簡単にいえば。

 気になるのは、センシス社のオービスが今後どうなるかだ。私の読みどおり当て馬として利用され日本から追い出されるなら、あまりにひどすぎる、というか日本人として恥ずかしく思う。

  ←8月17日23時20分現在、週間INが180で1位~。

« 新型オービスとは何か! 前編 | トップページ | 趣味は精液かけ? 電車内スリを否認し »

速度取締りの新時代!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型オービスとは何か! 前編 | トップページ | 趣味は精液かけ? 電車内スリを否認し »