フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 吉澤ひとみさんは嘘つきか? | トップページ | 袴田事件、大島隆明さんの苦悩 »

2018年9月27日 (木)

吉澤ひとみさんは水に落ちた犬か

 吉澤ひとみさんの弁護人では私はないし、吉澤さんは犬ではないのだけども、水に落ちた犬が叩かれているのを見ると、せめて水から出してあげようよ的な、つい何か言いたくなる性分というか。
 以下は9月27日付けの日テレニュース、の一部。

吉澤ひとみ被告“ジョッキ半分が焼酎”
 ひき逃げなどの罪で起訴された「モーニング娘。」の元メンバー吉澤ひとみ被告が、事件の前日に飲んだと話していた焼酎のソーダ割りは、ジョッキの半分が焼酎というアルコールの割合が高いものだったことが新たに分かった。

 私もそういう飲み方はよくする。じつは今このときもしている(笑)。
 焼酎は普通、アルコール度数が高いので25%だ。35%のもあるが、それはホワイトリカーとかいって梅酒をつくる季節によく店頭に出る。私は昔、好んで飲んだことがある。

1809223 ジョッキの半分が焼酎ってことは、それは普通12.5%だ。私の感覚からすれば「アルコールの割合が高い」とは到底いえない。あくまで私の感覚、ですよ。

 まだ暑い季節だったので氷を入れたんじゃないか。私の場合、中ジョッキに匹敵するような大きめのグラスに氷を詰め込み、それから焼酎とソーダ水を入れる。
 氷はどんどん溶ける。12.5%で飲めるのは最初のひとくちだょ。どんどん溶けて、トータルすれば9%の缶酎ハイとそう違わないアルコール度数になるんじゃないか。

 今日は裁判所へ行く予定だったんだが、夕べのうちに終えるはずだった単行本原稿のある章がぜんぜん終わらず、苦渋の断念をした。
 そしたらっ! 傍聴予定の判決で大変なことがあったと高橋ユキさんから聞いた。きぃ~っ!!! この激しい後悔、お分かりいただけるだろうか。
 しかし、私が知りたいことを高橋ユキさんは詳細にメモしているはず。あとで聞ける。ありがたい。

 単行本のその章は、なんとか22時頃に終わった。まだまだたくさん書かねばならないのだが、これから『ラジオライフ』の締切り原稿にかかる。それを終えたらメルマガ次号だ。最近下着盗で逮捕と全国報道された被疑者の、たぶん前刑の裁判のレポートと、袴田事件についてのたぶん誰も知らないだろう見通しについて書く予定。嗚呼、忙しいっ。

 画像は、先日マニア氏と行った、新宿の風林会館の向かいの、知る人ぞ知るあの昭和の路地のいわゆるバラックの店で撮影したものだ。
 私はもう煙草の本数を劇的に減らしている。1本を何回かに分けて吸う。昔は吸いさしの煙草を耳に挟むのが普通だった。耳からとって口にくわえ、マッチで火をつける、そういう時代を高校生の頃に生きてきた。マッチをすると、郷愁がよみがえり切なくなる。嗚呼、昔の俺はバカだった。今もバカなのがせめてもの救いか、なんちゃって、とほほ。

 ←9月27日23時20分現在、週間INが160で1位~。

« 吉澤ひとみさんは嘘つきか? | トップページ | 袴田事件、大島隆明さんの苦悩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉澤ひとみさんは嘘つきか? | トップページ | 袴田事件、大島隆明さんの苦悩 »