フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ちっきしょう! 私はマジ泣きそうになった | トップページ | 新型オービス、移動式可搬式問題 »

2018年11月14日 (水)

モト冬樹さんは私人逮捕もできた

 モト冬樹さんはその「自転車のやつ」を逮捕することもじつはできたのだ。
 以下は11月9日付けのデイリースポーツ。モトさんのブログ記事中の部分と思われる部分がどうもわかりにくく、その部分を青地にします。

モト冬樹 無謀自転車と言い争い一触即発「後味の悪いこと」
 タレントのモト冬樹(67)が9日、公式ブログを更新し、無謀運転の自転車ライダーと言い争ったことを明かしている。
 モトは「無謀自転車との言い合い」と題した投稿で、「妻と歩いていた時 自転車が けっこうなスピードで 妻の目の前を 通りすぎた」と、妻でモデルの武東由美が危険な目に遭ったことを報告。「俺は 危ねえなぁ!と声を出した もちろん 相手に聞こえるように 自転車のやつが降りてきて こっちは 安全に走ってるんだ といい始めた」と、ライダーと言い争いになった。
 「どう見ても 安全なスピードではなかった こちらは 文句言われる筋合いではないので 歩道を歩いてるんだから 安全を考えたら 一時停止するのが筋だろうと どう考えても こちらに 悪いところはひとつもない」というモトは「いくところまで いってやろうと思ったが」と腹をくくったが、幸い「途中から 相手の態度が軟化してきた 俺だって 気づいたからかも 注意してくれよ と言って別れたが 後味の悪いこと」と、最悪の事態は避けられたという。
 モトは「自転車に乗っている人 本当に 歩行者には 気をつけてくださいね」と呼びかけている。

 寝坊して、またずるずるスマホをいじりすぎて、遅刻しそうだったりするのだろうか、あるいは、特に理由もなくそれが普通なのだろうか、自転車で歩道をかっ飛ばす者がよくいる。
 「こっちは安全に走ってるんだ」という趣旨の言い分は、歩行者をして“ゆっくり直進移動するパイロン”と見立て、パイロンに接触することなくベストタイムをたたき出す自信がある、というほどの意味なのだろう。

 そういう走りはもう完全に道路交通法違反である。
 同法第63条の4第1項が、どういう場合に自転車は歩道を走行できるのか定めている。そして第2項がこう定めている。太字は私。

 前項の場合において、普通自転車は、当該歩道の中央から車道寄りの部分(道路標識等により普通自転車が通行すべき部分として指定された部分(以下この項において「普通自転車通行指定部分」という。)があるときは、当該普通自転車通行指定部分)を徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない。ただし、普通自転車通行指定部分については、当該普通自転車通行指定部分を通行し、又は通行しようとする歩行者がないときは、歩道の状況に応じた安全な速度と方法で進行することができる。

 罰則は同法第121条第1項第5号、2万円以下の罰金又は科料。
 しょぼいけれども刑事罰ではある。刑法がいう「罪」なのである。
 でもって以下は刑法。第212条は第1項のみ。

第二百十二条 現に罪を行い、又は現に罪を行い終つた者を現行犯人とする。

第二百十三条 現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができる。

 一般人が行う逮捕を「私人逮捕」という。私人(しじん)とは公人(こうじん)のいわば反対語だ。類義語は詩人だ、なんつって。
 「自転車のやつ」をモトさんは逮捕できた、というのはそういうわけなのだ。

追記: 読者氏からご指摘いただいた。2万円以下の罰金の事件を当然には現行犯逮捕できないぞと。ありがとうございます! 以下は刑事訴訟法。

第二百十七条 三十万円(刑法、暴力行為等処罰に関する法律及び経済関係罰則の整備に関する法律の罪以外の罪については、当分の間、二万円)以下の罰金、拘留又は科料に当たる罪の現行犯については、犯人の住居若しくは氏名が明らかでない場合又は犯人が逃亡するおそれがある場合に限り、第二百十三条から前条までの規定を適用する。

 なので、たとえば違反者が、警察官が臨場するまで現場にとどまりそうだけども住所氏名が明らかでないとか、住所氏名は明らかだけども取締りから逃れそうだとか、まぁそんなふうな場合に限り現行犯逮捕はできるってことか。追記終わり

 しかし…。私人逮捕を私はお勧めしない。「危ねえなあ!」と声を出すのもお勧めしない。
 なぜなら、法律がどうこう以前に、歩行者をパイロンに見立てて「けっこうなスピード」で走る者は、要するにバカなのである。俺様主義のわがまま独善野郎である可能性がぐんと高い。バカはバカゆえに簡単に大暴れし、大暴れした結果がどうなるか、考えもしない。
 偉ぶって大暴れして逮捕、起訴され、被告人として法廷に立たされ「大変申し訳ないことを…」と蚊の鳴くような声で言う、そんな者はいくらでもいる。

1811132 そんな者の被害者になった場合、裁判所は「被害者に何ら落ち度はない」と言ってくれるが、何ら落ち度がなくても死傷させられたらたまらない。
 歩道でも電車内でも、バカは相手にするな! とまぁ、ある意味バカな私からのメッセージです。

※ 画像は、昨夜の宅飲み、独り酒宴の酒肴だ。
 上段左は、今朝買ったほうれん草のおひたしに、家人が入手した胡麻和え用の何かまぶしたやつ、めっちゃ旨かった。上段右は、いただきものの高級なすり身ものを切って焼いたやつ。旨いっ。下段左は、夕べ鶏もも肉をにんにくで焼いた、そのフライパンに残った鶏油で炒めた、白菜とネギとピーマン。大量につくったが、白菜は外側の固い葉っぱのためか、家人は全く食べなかった。下段右は家人がつくった切り干し大根。文句なし。グラスは、姫柚(ひめゆず)を絞ったもの。これに焼酎甲類25%をだばだば注いで飲むのが冬の至福だ。
 なんか最近、肉なしでも十分満足できるようになりました。織江は大人になりました…なんてこった。

 ←11月14日0時0分現在、週間INが130で3位~。happy02  Jazzyさんが引き続き1位だ! あのですね、Jazzyさんの1位ぶりを見るためにこのバナーをクリックすると私に10ポイントが入り、Jazzyさんの順位を下げることになる可能性が、可能性としてはありますので。

« ちっきしょう! 私はマジ泣きそうになった | トップページ | 新型オービス、移動式可搬式問題 »

報道にコメント」カテゴリの記事

コメント

あっ、そこは見落としていました! ご指摘ありがとうございます!
実際問題としては、違反者が住所氏名を明かさずに立ち去ろうとするときは逮捕できる、ということになるんですかね。本文に追記しておきます。
こういうご指摘、ほんとにありがたいです。
お手を煩わすことのないよう気をつける所存ではありますが、でもやっぱり今後ともよろしくお願いします~!

刑訴法217条により、
法定刑が二万円以下の罰金の場合、
当然には現行犯逮捕できないと思料します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちっきしょう! 私はマジ泣きそうになった | トップページ | 新型オービス、移動式可搬式問題 »