フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 国破れて正義あり? | トップページ | 横浜地裁で日本無線JMA-230の証人尋問! »

2018年12月26日 (水)

反則金値上げは携帯電話使用だけ?

 連休明けの12月25日(火)、警察庁が「「道路交通法改正試案」に対する意見の募集について」をネットにアップした。読んだ。
 なんと、12月21日(金)の私の読み(先読みというかニュース報道の読み方というか)は大外れ。反則金の値上げは携帯電話使用についてだけだった、申し訳ないっ!
 なぜ大外しをやっちまったのか。報道はこうなっていた。

 反則金の限度額は、大型自動車が1万円から5万円、普通自動車が8000円から4万円、小型特殊自動車は6000円から3万円にそれぞれ引き上げる。

1812241 携帯電話使用の違反は、危険違反と使用違反に分かれる。2017年の取締件数は、危険違反が174件。使用違反が91万5623件。ほぼ全部が使用違反といえる。
 報道にある引き上げ前の限度額、「大型自動車が1万円」とかいうのは、使用違反についてだ。道路交通法の「別表第二(第百二十五条、第百三十条の二関係)」というところにある。
 その限度額のなかで、使用違反の反則金額は現在、大型車が7千円、普通車と二輪車が6千円、原付車が5千円だ。

 それでだ、要するに私は、いっくら「限度額」だといっても一気に5倍は凄すぎるだろ! と思ったわけ。
 たとえば現在の普通車の使用違反の反則金額は、限度額の75%。引き上げ後も同じ割合にするなら、4万円の75%は3万円。3万円ってのは、スピード違反と過積載を除いては破格の、飛び抜けた金額だ。危険きわまりない赤信号無視だって、普通車の反則金は9千円なのだ。一時不停止は7千円なのだ。
 はは~、反則金収入が近年激減していることもあり、こりゃあ他の違反の反則金額も引き上げるんだな! 私はそう読んでしまったのだ。

 警察庁の「道路交通法改正試案」にはしかし、他の違反についての限度額の引き上げについて言及がない。たしかに「ながらスマホ」の運転は超ヤバイけど、バランスというものがあるでしょ。「ながらスマホ」だけ突出して引き上げたら、他の違反がやたらしょぼく見えてしまう。私が警察庁だったら…。とにかく今後注目だ。

 さて、今日の私の手帳に、15時から東京地裁で「大麻取締法違反」の審理の期日があった。マニア氏から教わってメモった記憶なのだが、なぜわざわざメモったのか思い出せない。
 しかし、警察庁へ行ける日が今日しかないので、ついでにと警察庁のお向かいの裁判所へ行き、傍聴してみた。そしたらびっくり、マニア氏ょありがとう! 被告人は和装の素敵なご婦人で、その最終陳述、おっしゃるとおり! なんか涙が出そうになった。検察に殺されたというべき山本正光さんが思い出された。
 「大麻取締法」は、第1条に目的が明記されていない。また、医療用大麻をわざわざ明文で禁止している。なるほどね~、と。

 そのレポートは次号として、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」、12月は以下の11号を発行した。

第2196号 結婚詐欺的な投資用マンション販売の判決
 たまたま通りかかった法廷の前に、黄色い腕章をつけた裁判所職員がいた。テレビカメラの撮影が入るという。開廷表の原告名は「閲覧制限」、被告名は某株式会社。なんだっ? 傍聴してみたら…!

第2195号 特別公務員暴行陵虐致傷、無罪の警部補は!
 法務省のデータによれば、この事件が法廷へ出てくるのはチョーの三乗くらい珍しい。かつ、不起訴の理由が尋常じゃない。そんな事件が出てきた。私はもう飛びついて傍聴したよ(笑)。

第2194号 日本が我が国に来て沢山の人を殺しました
 前号からの続きだ。南京大虐殺81周年の前日を選んでなぜ抗議行動をしたか、被疑者(中国人男性)は淡々と語るのだった。こんな勾留理由開示の裁判を詳細にレポートするのは世界で私1人だろう(笑)。自嘲の意味ですょ。

 以下の2号は12月21日にお知らせした

第2193号 靖国神社で逮捕、中国人の勾留理由開示!
第2192号 フジテレビへ高級外車で突っ込んだ男は…

 以下の4号は12月16日にお知らせした

第2191号 弁護人は無理ムリあらゆる屁理屈をこね?
第2191号 ニヤニヤと、あからさまに見下す裁判官!
第2189号 東京にあこがれた女子が万引き病に至るまで
第2188号 犯行はムチャクチャだけども正直な若者君

 以下の2号は12月7日にお知らせした

第2187号 特殊詐欺の若者、身内らに囲まれ懲役7年
第2186号 謎の厳重警備事件に遭遇、その正体とは?

 いま購読登録すると、以上11号がどどっと送信される。そして月末まであと2号が順次送信される。
 ごめん、次号は、上記大麻の事件じゃなくて、マニア的に大注目のネズミ捕りの事件(27日傍聴予定)になるかも。AV女優に対するストーカーの事件は来年送りになりそうだ。
 メルマガに追われつつ雑誌原稿もあるし、おかげさまでいろんな媒体からコメント依頼をいただくし、たまにテレビのお仕事もあるし、何より渾身の単行本を書かねば! 健康のため有酸素散歩もしなければならず、毎晩酒も飲まねばならず…ってどさくさ紛れに何いうとんねん(笑)。

※ 画像は農家の野菜直売所、庭先販売。こういう自販機タイプのところが多い。対面販売のところもあるし、台に並んだ野菜を手に取り貯金箱みたいな投入口へ100円玉を入れるところもある。農家によって値段や野菜の種類や量に違いがある。たとえばブロッコリーならどこがお得だとか頭に入れ、ポケットに100円玉をたっぷり入れ、10数カ所を自転車でまわる。いつも買いすぎ、傷ませないようじゃんじゃん食べる。これが健康の秘訣ですよ。

 ←12月26日22時40分現在、週間INが130で3位~。

« 国破れて正義あり? | トップページ | 横浜地裁で日本無線JMA-230の証人尋問! »

交通/その他交通違反」カテゴリの記事

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事