フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« バスを止めたシルバーモンスター | トップページ | 東名あおり危険運転、重罰のために安全運転義務を捨てた »

2018年12月11日 (火)

東名あおり運転、似た事件は懲役1年4月だった

 どうもおかしい、そう感じているのは私だけじゃなかろうと思うのだが。以下は12月10日付けFNNPRIME。

東名あおり運転 「反省していない」懲役23年を求刑
 神奈川県の東名高速であおり運転の末、一家4人が死傷した事故で、危険運転致死傷などの罪に問われている男の裁判で、検察側は、懲役23年を求刑した。
   (中略)
 一方、弁護側は、最終弁論で「あおり運転と死傷との因果関係は認められず、法の解釈は曲げられない」などと、危険運転致死傷罪は適用されないとして、重くて懲役7年が相当と主張した。
   (後略)

 弁護人の主張がそれっぽっちのはずがないと私は思うのだ。

181211 そもそも高速道路の本社線上に、故障か事故か理由を問わず、車両が動けなくなっていることはあり得る。ハシゴとかタイヤとか落下物があることもあり得る。
 そして運転者には安全運転の義務がある。ハンドルやブレーキを適切に操作し、交通の状況に応じて安全に運転しなければならない(道交法第70条)。

 東名高速での本件事故というか事件で、いちばん悪いのは法律上は現場へ突っ込んだ後続車なのだ。後続車の運転者の処罰はどうなったのか。どれくらいの刑に処されたのか、また処されなかったのか。
 本件被告人を、後続の運転者より重い刑に処することは相当とは言い難い。弁護人ならそのへんを主張したはず。「いやいや、後続の運転者に大した責任はない。いちばん悪いのは本件被告人だ」と弁護人自身が密かに思っている場合を除いて。

 また、一連の報道を見ていて私が感じるのは、この石橋和歩被告人は幼少期に虐待を受け、中学生頃からはヤンキー仲間から理不尽に殴られ蹴られてきたのではないかということだ。
 もしそうなら、弁護人はそこも主張したはず。生育歴、生育環境に同情すべき点があった、と。

 しかしそういう話は、私が見た限りでは、一切出ない、どうもおかしい、と思うわけ。
 私自身が傍聴すればいいんだが、傍聴券抽選でかつ横浜地裁としては珍しく“並び屋さん”が大挙動員されているそうで、とても出かける気になれず…。

 ちなみに私は2012年に東京高裁で、よく似た事件を傍聴している。
 東北道で44歳の男が、高速バスの車線変更に腹を立て、高速バスの前に回り込んで走行車線に停車させ、その運転手に対して降りてこいと執拗に食いつき、そこへ後続のトラックが突っ込み、トラックの運転手が死亡、高速バスの乗客多数が負傷したという事件だ。
 原審は宇都宮地裁で、懲役1年4月、未決30日算入。東京高裁の判決は控訴棄却だった。
 控訴審の中で、民事の賠償責任は、死亡したトラック運転手の側が7割、残り3割を高速バスの運転手と男が分け合うが、その割合がまだ決まらないという話が出てきた。メルマガ第1989号でレポートした。

 東北道のその事件と、東名高速の本件と、どこがどう違うか、すると予想される判決は…。ずっと勾留されているから、未決算入が250日か300日かあって…。そうなった場合、これまでタブーだった未決算入をマスコミは初めて報じるかも。

 とにかく、危険運転に新しいカテゴリーが設けられることになるのだろう。死傷事故にまで至らないけれどもチョー悪質な行為はあるわけで、道交法に新しい禁止規定が設けられることも十分に考えられる。

※ 画像は今朝自転車で農家の直売所(庭先販売)を回って買い集めたもの。ブロッコリーのみ2個で100円。ほか各100円。すべて税なしまたは税込み。黄色いのはゆず。こいつを3個、絞り器でぎゅうぎゅう絞ってグラスに入れ、25度の焼酎甲類を200㏄注ぐ、旨いよぅ。
 今朝も寒かった。自転車で頑張って走ると汗が出て、それはいいのだけど、頭が寒いっ。寒いのを通り越して痛くなり、頭蓋内の血管が収縮するのか軽く頭痛が。やばい。なんとかしなければ。

 どれがいいと思う? にっ2番かなぁ。これかぶって裁判所へ行ったら、玄関に入った瞬間ばかうけするだろうなぁ。そんで私は、ウィッグを外してX線手荷物検査のトレイに乗せるのだ。検査機を通過したトレイからウィッグを取り、かぶるのだ、恥ずかしげに顔を赤らめ。おお、その者、青き衣をまといて金色(こんじき)のウィッグをかぶるべし…言い伝えは本当ぢゃった。大婆(おおばば)様! なんの話やねん(笑)。

 ←12月11日13時10分現在、週間INが130で3位~。

« バスを止めたシルバーモンスター | トップページ | 東名あおり危険運転、重罰のために安全運転義務を捨てた »

交通事故」カテゴリの記事

コメント

えーっ、マジっすか、びっくり、知らなかったです!
石橋被告人に全責任を重くかぶせるため、後続車の責任を捨てたんですね。それなら筋は通ります。
しかし、今後は高速道路での前方注視義務はなくなるのか。えーっ?
ありがとうございます!!!

これの事ですか?
追突のトラック運転手を不起訴 東名夫婦死亡事故
https://www.sankei.com/affairs/news/180106/afr1801060010-n1.html
 神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、静岡市の夫婦が死亡した事故で、横浜地検は大型トラックで夫婦のワゴン車に追突したとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で書類送検された男性運転手(63)を不起訴処分とした。地検は処分の理由を明らかにしていない。
 この事故では、夫婦のワゴン車の進路をふさぐなど妨害行為を繰り返し、無理やり追い越し車線に停止させて事故を誘発したとして、福岡県中間市の建設作業アルバイト、石橋和歩被告(26)が同法違反の危険運転致死傷罪などで起訴されている。
 事故は同月5日夜、大井松田インターチェンジ付近で発生。ワゴン車にトラックが追突し、静岡市清水区の自動車整備業、萩山嘉久さん(45)と妻の友香さん(39)=いずれも当時=が死亡し、娘2人がけがをした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バスを止めたシルバーモンスター | トップページ | 東名あおり危険運転、重罰のために安全運転義務を捨てた »