フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« もしや女子の盗撮ハンターもいたりして? | トップページ | もしやあれが常盤貴子さん? »

2019年1月20日 (日)

裁判員裁判、全期日取消、いったい何が!?

190119 じつに不可解なことが起こった!
 画像は、現在ネットにある「裁判員裁判開廷期日情報(東京地方裁判所本庁)」をスマホで撮影したものだ。

 期日の取り方からして、被告人か証人に午前の都合が付きにくい人がいたのかな、と思わせる。
 426号は傍聴席38席の警備法廷だ。被告人はヤクザか、活動家か。あるいはYouTuberが隠し撮影したがる事件なのか。
 事件番号は「平成30年合(わ)第7号等」。公判前整理手続き(素人裁判員の負担を軽くするためあらかじめ密室で主張も立証も削り整える手続き)に1年ほどかかったわけだ。
 いったい何だろ。

 なにより、第1回公判の日付けで第1~第5回公判の期日が全部取消ってどゆこった!?
 ここでいったんCMで~す。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代」、1月は以下の7号を発行した。

第2205号 一時不停止の待ち伏せ取締り、ラウンドテーブルの法廷で警察官を尋問
 要するにインチキ取締りで累積された2点を抹消してゴールド免許を交付せよ、という行政訴訟。原告は痩せた年配男性。超早口で何を言っているのかよく分からない。だが、「最初に停止した場所から、取調べをした場所までの距離」を取締りの警察官は約50mと書き、本当は約200mなんだとか。単なる誤記とは警察官は言わず「それほど大事な距離ではない」と突っぱね続けた。ええっ!?

第2204号 コンビニの事務所へすたすた入り、アルバイト外国人の現金を盗んだ女性
 公務執行妨害等で懲役2年、執行猶予3年。間もなく、ある資格を取得するための研修員に。寮へ行く途中、また帰る途中、コンビニに入店。コンビニは監視カメラだらけなのに、すたすた事務所へ入って現金窃取。当然、カメラ映像から逮捕。どこかおかしい…。 

第2203号 気帯び運転(0.45mg)が懲役2月、免許証不提示罪が罰金1万円って!
 酒気帯びの「酒」が抜けてしまった、うぅ。量刑不当の控訴だったが、そもそも一審判決が軽すぎる! あとで超絶マニアックデータを調べたら、執行猶予中などの酒気帯びで懲役2月(実刑)の裁判を私は過去に傍聴していた。にしても免許証不提示罪が1万円とは! その理由はどうやら…。

 以下の2号は1月14日にお知らせした。2221号とあるのは2201号の誤り。

第2202号 被害女性との関係が生きがいでした、すべてでしたと71歳の脅迫犯
第2221号 動体検知カメラでトイレ盗撮1年、ロシアのサイトに売って878万円!

 以下は1月10日にお知らせした。1496号とあるのは2200号の誤り。

第1496号 人気AV女優に対するストーカー等、最強で甘美な被害者意識の果てか
第2199号 元旦の浅草寺で偽1万円札、6千円を差し引いた額が取り分

 いま購読登録すると以上7号がどどっと送信される。そして1月末まであと5号が送信される。そこまで無料。面白くて購読解除できなくなると、2月分から月額108円が課金される。
 1月は濃いのを12号も発行して、2月は1号か2号にするつもり? いいえ、毎週火木土の発行ですって。はいCM終わりま~す。

          

 第1~第5回公判の期日が全部取消ってどゆこった!?
 もともと嫌々だった裁判員が複数人、ケツをまくり、その人数が補充裁判員の人数を超えた? 被告人の関係者が裁判員を脅すか脅す以上のことをして、裁判員裁判ができなくなった? 公判前整理手続きで決まった主張を、被告人が突然ひっくり返した?  あるいは真犯人が自首した? 有罪のために有力な証人が「あれはウソだった」と激白した?

 やたら興奮せず(笑)、普通に考えれば、裁判官か裁判員か被告人あたりがインフルエンザに罹患したって可能性が高いかな。学級閉鎖ならぬ法廷閉鎖。
 回復を待って、新たに期日を決めるのか。「いやぁ、この日程を逃したら私はもう無理です」とかいう裁判員がいて、また裁判員候補者を集めて選任手続きをすることになるのか。裁判員裁判はめんどくせ~! と裁判官、書記官、事務官は思っているだろう。

 司法記者クラブの記者氏は当然に取材し、記事をデスクへ送っているはず。もう報道されているのかな。「東京地裁 裁判員裁判 インフルエンザ」で検索してもヒットがない。どうなってんだろ…。

※同日22時45分追記: 「裁判員裁判開廷期日情報(東京地方裁判所本庁)」には現在、「※既に指定されている期日のみを表示しています」とある。だがこれは大いに誤解を招くというか、正しくない。「残念。色情系の事件はないのかぁ」という誤解をだ。
 裁判所は、被害者側の心情を慮ってか、またネットで情報が拡散され傍聴人が現状に倍して押し寄せ大混乱になることを恐れてか、色情系の裁判員裁判の期日は明かさないのである。裁判所がフェアな官庁だと言うつもりはないが、それにしても、「※刑法第181条(強制わいせつ等致死傷)については表示しません」程度のことはアップすべきと私は思う。

 ←1月20日17時00分現在、週間INが130で3位~。

« もしや女子の盗撮ハンターもいたりして? | トップページ | もしやあれが常盤貴子さん? »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もしや女子の盗撮ハンターもいたりして? | トップページ | もしやあれが常盤貴子さん? »