フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 高齢者の踏み間違い事故は起こり続ける! | トップページ | 新型オービス、おかしい、絶対おかしい »

2019年4月28日 (日)

東京地裁でまた騒動!

 1904193-2  「東京家裁で女性刺され死亡=離婚調停中、米国人の夫逮捕-警視庁」と3月20日付け時事通信。犯行から間もなく、私は東京家裁の内側から現場を見てしまった。鑑識の警察官が多数いて大変なことになっていた。その時点では、刺された女性が死亡したとは私は知らなかった。あとで知ってひどくショックを受けた。合掌。

 3月29日、東京地裁の法廷内で、なんと私自身が暴行被害を受けた。その瞬間、書記官がすぐそばに立っていてくれた。ありがたくて泣けた。
 犯人は、ある傍聴人だ。この件について私がその後なにをしたか、ネットには書かない。犯人自身はネットを見られないのだが、その親密交遊者がこういうブログをプリントアウトして犯人に渡し、あおっていることが分かったので。

 そして4月24日、なんというか裁判所内を騒然とさせることがまた起こった。メルマガ第2245号の編集後記でレポートした。以下に転載しよう、若干の加除訂正等をして。

 13時頃、私は1階東側の喫煙室を出て、庁舎(東京高地簡裁合同庁舎)8階の法廷で13時15分からの判決を傍聴しようとエレベーターへ向かった。
 途中、怒声が聞こえた! なんだっ? 当然、私は見に行った。

 正面玄関に出入口ドアはいくつかある。一般来庁者は、X線手荷物検査機と金属探知ゲートがあるドアから入ることになっている。
 裁判所の職員や弁護士は、隣のドアから、身分証や弁護士バッヂを見せるなりして入る。
 そこにおいて、60歳代かと思しきラフな格好の男性が、職員や弁護士用のドアから強引に入ろうとしているのだった。てかすでに1階フロアまで入っていた。
 警備員(外部委託された大手警備会社の警備員)数人が止めようとする。しかし男性は、ラグビーの試合にように強引に押し入ろうとする。警備員は絶対阻止しようとする。
 間もなく、高裁管理課の職員たちが腕章を付けつつどんどん集まってきた。
 男性が大声でわめき続けるうち、私は以下のことだけメモった。

男性  「派遣の奴らに…家裁で殺人、起こったろ! あーなったらどうしてくれんだ!」

 何かの(たぶん民事の)期日のため男性は来庁したらしい。一般入庁者のドアが行列になっているのを見て、弁護士たちがするする入っていくドアから入ろうとした、そういうことか。
 男性は急ぐ事情があるようだったが、どんな事情があろうと勝手なことをさせては入庁管理が崩れる。職員たちは慣れているようで、上手に、しかし頑として一般入庁者の列に並ばせようとする。
 男性はほぼ同じ内容を、さらに大声でわめき続ける、そんな感じだ。血圧、だいぶ高まってるでしょ、大丈夫か?
 13時10分過ぎ、私はその場を離れ、8階の法廷へ。

 13時15分、開廷時刻になったのに被告人が現れない。弁護人が携帯電話で架電。1階玄関が詰まって行列が動かないのだという。ええーっ。被告人は4分遅刻した。

 それから私は何件か傍聴し、次の事件まで少し時間が空いたので14時20分頃、1階へ下りた。また喫煙室へ。
 普段そんな頻繁には喫煙しないのだけど、先週は水木金、今週は月火水で裁判所へ来ており、やっぱり疲れているのだ。

 喫煙室へ行こうとすると、西側玄関(正面玄関)の外に救急車の赤灯が忙しく回っているのが見えた。な、なんだっ?
 西側フロアへ行くと、救急隊員や警察官が多数集まり、玄関のそばをパーティションで囲い、何かとんでもないことになっていた。
 まさか…。
 そのまさかだった。さっきの男性が倒れたのだという。どんだけわめき続けてたのっ! 重篤なことになってないよう祈るばかりだ。

 その日だったか前日だったか、高裁民事の法廷前で、やはり60代かと思しき男性が女性職員に食いついているのを見た。
 期日を指定されて庁舎へ来て、1階フロアか法廷そばの待合室でか待っていたら、誰も呼びに来ず、期日が終わってしまった、どうしてくれるんだ! という食いつきのようだった。

 あくまで私個人の印象的な印象(なんだそれ。笑)なのだが…。
 俺は偉いんだ、大したことをしているんだという自己誇大感、プライド、加えて甘美な被害者意識、そのへんがモンスターを生むのかなぁ、と。
 なんにしても、玄関前の男性が「派遣の奴ら」と何度も言ったのは気になった。
 派遣の奴らとは、民間警備会社の警備員をいうのだろう。しかしあの人たちも人間であり、いろんな人がいるのだ。
 というわけで、私のことも暖かく見てやってください。 ←そこが結論かいっ(笑)

 上掲画像は、東京地裁の掲示板というか公告板というか、そこに大量に掲示されていたうちの1つ。ある日その中に私は、芸能系のびっくりなのを見つけた。でも絶対言いません。言わない理由も言いません、申し訳ないです。

 ←4月28日23時10分現在、週間INが120で3位~。

 

« 高齢者の踏み間違い事故は起こり続ける! | トップページ | 新型オービス、おかしい、絶対おかしい »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。