フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 散歩中に遭遇、もしや詐欺被害!? | トップページ | 「逃亡のおそれ、罪証隠滅のおそれ」は空虚な修辞 »

2019年4月 6日 (土)

法廷内で暴行被害を受けた!

 3月29日(金)、私は法廷内で暴行被害を受けた。

 加害者の男は、もう何年も前から私に対し憎悪、呪詛の言葉を、ときにぶつぶつつぶやき、ときに叫んできた。
 私は完全無視してきた。理由のひとつは「当事者同士のトラブル」と万が一にも誤解されないように、だった。

 しかしとうとう、男は有形力の行使に至ったのである。
 まさか法廷内で、書記官の目の前で、これは私は予想できなかった。
 20日(水)、東京地裁(東京高地簡裁合同庁舎)のお隣の東京家裁で殺人事件があった。事件発生から間もなく、私は東京家裁の内側から現場を見てしまった。血痕等は見えなかったが、十分に生々しかった。
 そのこともあり、暴行被害の精神的ショックは私にとって大きかったようだ。

 暴行の直前に男がわめいたことを、私はかなりメモった。そのメモから、男をあおる(※)仲間がいることに気づいた。その1人について、過去のある出来事とあわせ、想像がついた。 ※本人も他の者もきっと「あおってなんかいない」と否認するだろう。
 かつ、なんと男はYouTubeで! という情報をいただいた。
 数日後、私の身体に意外な、そして震撼する症状が出た。

 だいぶ漠然としているが、今回はここまでとしたい。今は雑誌原稿の締切りが重なる時期で、あの身体症状がまた出ては困るのだ。
 ここまで書くだけでも精神的に“重い”うえ、自分ではネットを見られない男のために、仲間がこのブログ記事をプリントアウトして男に渡して男の憎悪をあおる、ということも考えられる。地下の食堂での食事か、地方の名店の和洋菓子か、あるいはエロ裁判についての情報か、何らかの対価を得て。
 しかし、今後私が“通報できない状態”のときは直ちに119番通報していただきたい、そういうことで書いた。
 どうかためらわずに通報してほしい。

 じつは私も以前、裁判所内から119番通報したことがある。東京家裁の食堂で、私の前で配食を待っていた年配男性が突然、背骨が抜けたように倒れたのだ。その人はとりあえず助かったようだが、一刻を争う場合がある。ためらわず119番通報してほしい。
 いやもちろん今後は私自身、十二分に注意したい。仲間のおかげで強気になったのか、有形力の行使に出ることが今回分かったので。

 暴行被害のとき、書記官席にいた書記官がいつの間にか、バー(傍聴席の前の柵)を挟んですぐそばに立ってくれていた。
 どんなに心強かったか。思い出すと涙が出そうになる。精神的にちょっと弱っているのかもしれない。
 とりあえずそこまでとする。

←4月6日0時50分現在、週間INが130で4位。 

« 散歩中に遭遇、もしや詐欺被害!? | トップページ | 「逃亡のおそれ、罪証隠滅のおそれ」は空虚な修辞 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散歩中に遭遇、もしや詐欺被害!? | トップページ | 「逃亡のおそれ、罪証隠滅のおそれ」は空虚な修辞 »