フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 「逃亡のおそれ、罪証隠滅のおそれ」は空虚な修辞 | トップページ | デイリーランキング1位になった件 »

2019年4月12日 (金)

秋葉原のアイドル少女を食い物にする手口がすでに蔓延!?

 どうなんだろこれ。以下は4月11日付けTBSニュース。

元俳優を詐欺容疑で逮捕、高齢女性から3000万円超
 元俳優の22歳の男が、うその電話にだまされた65歳の女性から現金およそ3300万円を受け取ったとして、警視庁に逮捕されました。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、元俳優の■■■■容疑者(22)です。
 ■■容疑者は去年11月、東京・台東区にひとりで住む65歳の女性に、息子を装って「人の名前を借りて株を買ったのがバレてしまったので、返さないといけない」などとうその電話をかけ、現金3280万円をだまし取った疑いがもたれています。
 ■■容疑者は今年2月にも別の2件の詐欺事件で現金受け取り役として逮捕・起訴されていて、所持品の捜査から今回の事件への関与が浮上しました。取り調べに対し、「警察には協力しません」と黙秘しているということです。

 去年11月の事件については、自分で欺罔電話をかけ、若干22歳でどかんと3280万円も稼いだ、としか読めない。「詐欺ドリームじゃん!」と興奮する若者もいるかもしれない。

19032812  自力で3280万円も稼ぐ“才覚”がありながら、なんで末端の使い捨ての受け子を2件もやったのか。アホか! である。
 真実は、3280万円についても受け子であり、騙し取った金はすべて暗証番号式のコインロッカーへ入れ、番号を現金運搬役へ伝えた、そんなところじゃないのか。
 しかし刑事司法的には、末端ではあるが詐欺の完遂に不可欠な役割を担った者として、重い刑事責任を問われる。親がかなり被害弁償したとしても、数年間の刑務所行きは免れないだろう。

 そうして警察は、刑事司法的に詐欺全体の共犯者の1人を逮捕したと記者発表する。記者クラブメディアの役割は、警察発表をそのまま、または若干要約して報道すること。「詐欺ドリームじゃん!」という誤解を招いても、警察発表のまんまゆえセーフ。ま、そういうことかなと私は読む。
 受け子や出し子の逮捕報道は基本的にその線でいく。それが、受け子や出し子のリクルートをしやすくさせているんじゃないか、私は傍聴席でいつもそう思っている。
 「警察には協力しません」とは、リクルーターや現金運搬役や見張り役等々について言いません、言えません、という趣旨かと。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、4月は以下の5号を発行した。

第2240号 最近流行の銀行カード詐欺と、チケット詐欺師の無免許運転
 はは~、最近流行のあの詐欺はそういう手口なのか、すごいなぁ、という事件。プラス、こいつは詐欺師だ、逮捕された、などとネットに書かれ、数年後には行方不明者を捜すサイトに氏名がある、そんな女性が「道路交通法違反」の被告人として法廷へ出てきた。詐欺は実刑だったらしい。道交法違反は…。

第2239号 秋葉原のアイドル少女を食い物にする手口がすでに蔓延!?
 原告氏名も被告氏名も「閲覧制限」の民事訴訟の、本人尋問があった。傍聴してみた。なんとアイドルがらみの事件だった。本件のようなトラブル、そっち方面の方々はみなさんご存知なのだろうか。

 以下の3号は4月7日にお知らせした

第2238号 刑務所で冷たくされたと恨み、出所して名誉毀損のビラをまき
 好意が恨みに変わり、仮出所して間もなくから、相手の氏名等に加え「覚せい剤を買いませんか」と書いた紙を、約1年4カ月もまき続けた。恨みは薄れ「毎日の習慣」のように執着したのだという。似たような前科もあり、明らかにあの“障害”でしょ。しかしひたすら刑務所へ送る、それが裁判所の日々の習慣だ。あんたらの障害のほうが重く有害だと傍聴席から思っちゃダメですか!

第2237号 大型自二の検定試験、1本橋で落ちて「すべっただけだ!」と
 自動車学校の“モンスター生徒”だったのか? と思えた。押しに負けて卒業証明書を不正に交付した(とされる)実技試験の検定員らは、すでに有罪判決を受けているという。解雇もされたはず。人生が大きく狂ったのではないか。学校も児童相談所もコンビニも食堂も、モンスター対策は急務かと。いや私も。

第2236号 2度の期日をすっぽかし、とうとう「勾引」された被告人は…
 1度目の理由は急な発熱だった。その診断書が出ないまま、2度目の理由は祖父の四十九日だった。3度目、被告人は勾引(裁判を受けさせるための身柄拘束)をされ、裁判が始まった。傍聴してみて、私は被告人に好感をもった。正直な男じゃないかと。事件は超過80キロ台のスピード違反で…。

 いま購読登録すると、以上5号がどどっと送信される。そして4月末まであと8号が順次送信される。
 移動の時期と5月の大連休に挟まれ、4月下旬はメッチャ開廷が多い。逆転無罪かもしれない事件も、逆転執行猶予かもしれない事件もある。無罪をひっくり返すだろう最高裁の弁論期日もある。忙しいっ。

←4月12日11時30分現在、週間INが130で3位

« 「逃亡のおそれ、罪証隠滅のおそれ」は空虚な修辞 | トップページ | デイリーランキング1位になった件 »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「逃亡のおそれ、罪証隠滅のおそれ」は空虚な修辞 | トップページ | デイリーランキング1位になった件 »