フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 同じ涙が流され続ける理由 | トップページ | 右直事故の典型パターン »

2019年5月10日 (金)

新型オービスの本邦初の裁判、今日も証人尋問!

 さぁ今日はさいたま地裁へ行ってきました! Sensys Gatso Groupのトラッキングレーダー式の新型オービス(固定式。型式としてはNK1005。ネットではなぜか移動式オービスとくくられている)に測定撮影され、否認して起訴され、真っ向争っている裁判を傍聴に。
 今日も証人尋問。今日の証人は警察官だった。たぶん相当頭がいいでしょ。

1905101  検察官は200%どころか2万%完璧な立証をするつもりなのだろう。素晴らしい!
 私が裁判傍聴にハマったのは、まともに警察に取材しても絶対出てこないことが裁判の法廷へはぼろぼろ出てくるから。
 今回もぼろぼろ出てきましたよぅ。被告人には申し訳ないけど、私はもううれしくて楽しくてっ!

 こんな完璧念入り立証をあの若めの検察官の独断でできるはずがない。直接の上司、いやその上の上、そして当然警察庁の意思もあるはず。
 ただ、いろいろ総合すると、警察庁がなぜ完璧立証をさせた? 警察庁のなかで派閥争いのようなことがあるのか? というものを感じるのだ…。

 それが終わって近くの法廷で「過失運転致死」をちらっと傍聴した。
 被告人は小顔の少女。大津市で園児らが死傷させられたと同じ「右直事故」だった。右直は、車両対車両の事故の典型パターンのひとつだ。
 求刑は禁錮10月だった。死亡事故としては非常に軽い。理由は…。

 メルマガ次号は、上述の証人尋問だ。全国のオービス担当の警察官諸氏ょ、必読ですぞ。

 

 上のバナーは私のアフィリエイト。新型オービスについて私が6ページを書かせてもらっている。
 ←5月10日20時20分現在、週間INが80で3位~。

« 同じ涙が流され続ける理由 | トップページ | 右直事故の典型パターン »

速度取締りの新時代!」カテゴリの記事

コメント

25キロ超過で起訴とは、検察がだいぶ暇な地方だったのですね。よい体験をされましたね。その体験は今後の安全運転にきっとつながるでしょう。

速度違反で裁判経験者です。25kmオーバー、青切符、ゴールカード、否認(サイン拒否)で起訴されました。個人的には速度取締りの概要を勉強することが出来て逆に貴重な体験でした。ゆっくり走ることが安全とは思っておりませんが、TPOでスマートな運転を心掛けたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同じ涙が流され続ける理由 | トップページ | 右直事故の典型パターン »