フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月の13件の記事

2019年7月31日 (水)

傍聴人が逮捕された!?

 今日、東京地裁は大変だった。
 夏期休廷の期間で開廷ががっくり減っているところへ、夏休みの学生、生徒さん、母子連れ、父子連れの方々がたまたまなのだろうたくさん来て、そのうえ「夏休みジュニア・ロースクール」の生徒さんたちが大勢で…!

 そんな中、「文科省参事官補佐を逮捕 覚せい剤取締法違反の容疑」と報じられた「覚せい剤取締法違反、大麻取締法違反」をかろうじて傍聴できた。
 被告人の法廷供述によれば、なんと文科省内でかなりイジメられ追い詰められ「もうどうでもいいや、どうにでもなれ」という気持ちになっていたのだそうだ。4年ほど前に初めて覚せい剤を使ったきっかけは、これを書くと“嫌韓商売”の人たちを喜ばせることになりそうで、だから公開の場所では書きません。

 ほか、学校の部活での体罰指導がなぜ法廷へ出てくることになったのか興味深い事件、副校長が父兄を脅迫したとされる事件などを傍聴した。
 暑くなってから急に何件も、学校がらみ、教育がらみの事件を傍聴している。単に偶然の重なりなのかどうか。

 昨日、東京地裁で大変なことがあったそうだ。
 ある傍聴人が丸の内警察署の警察官多数に囲まれ「連行」されていったという。その傍聴人はその前に、ある法廷で女性傍聴人に対し「暴言」をわめいたらしい。
 今日、その傍聴人は東京地裁に姿を現さなかったようだ。これから少なくとも40日間、姿を現さないかもしれない。もしも警察がその傍聴人の持ち物を調べて捜査すれば…!!!

8月24日追記: 警察は持ち物を調べたらしい、その傍聴人は「詐欺」で逮捕されたとの情報あり。詐欺とは、電話帳や観光案内パンフ等で知った、地方の、主に菓子店に対し、たとえば「お前んとこの饅頭を買ったら髪の毛が入っていた。どうしてくれるんだ」とか電話し、偽名で宿泊しているホテルへ饅頭(箱詰め)とその代金を送らせ、代金は宿泊費や裁判所への交通費等に使い、菓子は宿に放置するか傍聴仲間(親密交際者)に分けるかする、というふうなものだ。それを多数行い、欺罔電話を裁判所内からも掛け、親密交際の傍聴人の携帯電話を借り…。なので私は「裁判所は裸の王様か事件」と呼び、注目している。このように私が書いたものを親密交際者がプリントアウトしてその傍聴人(詐欺師)へ渡すことが予想され…。以上、追記終わり。 

190731  おっと、お伝えするのを忘れてた、7月14日に書いた「詐欺メールに引っかかった件!!!」である。
 あの怒濤の詐欺メール攻撃は7月11日の17時台から始まった。そして7月20日の20時22分をもってピタリ止まってしまった。
 その間の詐欺メールを私はぜんぶ保存している。着信日時を見るとなかなか興味深い特徴があったりする。詳しいことはまた別の機会に。

 そんなことより諸君、私は連続2日、酒を抜いた!
 昨日、早起きして原稿を書いていたらみぞおちのあたりが痛くなり、ひどく痛くなり、たまらず寝たら今度はへその周辺が広く痛くなり、ひどく痛くなり、下痢も。吐き気や熱やめまいはないが、さすがに酒を飲む気にはなれなかった。
 今朝、だいぶよくなったので裁判所へ。しかしまだちょっと。飲もうかどうしようかだいぶ悩んだが、ここで飲んだらバカ扱いされそうでびびって我慢することした。
 原因は何か。
 思い当たるのは、冷蔵庫に少し残っていたカボチャの煮物だ。1つめは、少し腐りかけてるけどまぁいいだろうと食べた。2つめは、腐臭がひどくてどろどろでさすがに飲み込むのはためらわれた。普通その程度は平気なはず。急な猛暑で体が弱っていたのか。
 教訓: この季節、諸君も腐ったものは食べないほうがいいかもしれませんぞ。 ←食べねーよっ!

 ←7月31日22 時10分現在、週間INが90で3位

2019年7月28日 (日)

ぶっちゃけ国民なんてバカな動物だから

1907262  仙台筋弛緩剤殺傷事件などと呼ばれる北陵クリニック事件、もうこれは何と言っていいのか、あまりにもあからさまな、誰がどう冤罪をつくったのか完全に解明されている事件といえるんじゃないか。
 たとえば池田正行医師の「北陵クリニック事件Q&A: 病気が真犯人だった」なんか分かりやすいと思う。
 次に再審開始となるのはこの事件だろう、と言われていたらしい。
 ところが…。

 なぜ守大助さんは無期懲役の牢獄にいまも閉じ込められているのか。正義はどこへいったのか。
 結局、国家にとっての正義とは、イコール警察、検察、裁判所の威信を護守すること、100%そこにあるのだと、事件数で8400件ほど傍聴してきてしみじみ感じる。

最高検と最高裁の本音ロボット 「ぶっちゃけ、国民なんてバカで下等な、動物のような連中だ。裁判所等を根拠なく信じ切っている。冤罪なんて9割は興味がなく、残り1割は「冤罪だとか騒ぐのは頭の赤い奴(共産主義者)だ」とか言う程度だ。無実の守大助1人を救済することと、あからさまな冤罪を認めて裁判所等の威信にキズをつけ、動物たちに不安を与えることと、どっちを選ぶか自明だわぃ」

 とまぁ、ぶっちゃけそういうことじゃないんですかね。
19072618  しかぁし! 7月26日(金)、衆議院の第二議員会館で「守大助さんの最高裁勝利をめざす7・26全国集会」が行われた。
 全国に46もの支援組織があり、なんとか守大助さんを救いだそうといろいろ工夫して頑張っているのだそうだ。いやマジすごいね! 感動的だった。
 右側の画像、立って話しているのは大助さんのお母さん。向かって左側はお父さん。宮城県警を定年退職した元警部だ。向かって右側は阿部泰雄弁護士。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、7月は以下の12号まで発行した。

第2286号 ヤメたこんなもんっ! わめいて被告人は長机をひっくり返した
 被告人は尋常ではなかった。私はあることを感じた。また起こすだろう犯罪を、国家は止める気がない。“京アニ”の最悪放火殺傷事件の背景にも同じものがあるのではないか。

第2285号 若い娘さん、家も金もなく、男に泊めてもらって盗みを重ね
 出会い系で知り合い、カカオトークで連絡。男性宅に泊まって金を盗むことで生活できていたのだという。その裁判の最中、傍聴人が信じられない発言を!

 以下の4号は7月24日にお知らせした

第2284号 コンドームが破れたと「すれ具合」で分かったJK売春婦
第2283号 巡査長の児童買春、証人の元JKはハキハキあっけらかんと!
第2282号 セレブな慶大生の大麻事件、なんと誰も知らない驚きの展開に!
第2281号 北海道の三菱オービス事件、被告人とされたお爺ちゃんは…!

 以下の6号は7月17日にお知らせした

第2280号 死亡事故で罰金30万円と、生活保護者の自転車トラブル
第2279号 酔って警察官を殴った事件、国家資格は取消のはずだが?
第2278号 15年前の重大事件の女性、老害弁護人のせいで控訴棄却?

 以下の3号は7月7日にお知らせした

第2277号 eスポーツの元世界王者、空き巣狙いの日々は…
第2276号 運動部の女性コーチによる体罰が刑事裁判の法廷へ出てきた!
第2275号 女性教員が男子生徒を暴行、超珍しい執行猶予付き罰金刑に!

1907261  いま購読登録すると以上12号がどどっと送信される。そして8月7月末までにあと1号が送信される。そこまで無料だ。
 8月7月は非常に珍しい学校内での暴行事件が続き、非常に濃いのばかりお届けした。が、1号を読むのに4、5分くらいかかるでしょ。12号がどどっと届くと大変かと思います~。

 ←7月24日22 時30分現在、週間INが90で3位。現時点までの1週間に9人の方がランキングのバナーをクリックしてくれたということ、だろうと理解してます。

2019年7月24日 (水)

巡査長の児童買春、JK売春婦のあっけらかん証言に唖然!

1907232-2  7月24日、夏期休廷期間に入って初めて裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)へ。
 地裁の開廷は刑事も民事もおおよそ3分の1くらいに、高裁刑事と簡裁刑事はおおよそ半分くらいに減っていた。
 そして夏休みの親子連れ、夏の遊び着の高校生のグループなど、普段見かけない傍聴人が…。

 今年は夏休みの行楽にあまり金をかけない人が多いんだとか? そんなら裁判所は無料のワンダーランドかも。ただ、夏休みの傍聴にはちょっとコツがある。週刊誌やテレビのワイドショーで特集をやればいいのに。

 私は今日、被告欄に阿曽山大噴火人さんの本名もある「損害賠償請求事件」(民事)からスタート。傍聴席は私のほかに被告側代理人の年配男性が1人のみ。そんなもんなんだね~。ちなみに代理人は、被告席に座るか事務官に問われたが傍聴席に居続けた。民事はそれでいいのだ。

 次に若そうな女性氏名の「窃盗」を、またクレプトマニアかと傍聴したら、そうじゃなくてなんと!!! いや驚いたス。
 1907235  そのほか、久々の簡裁「道路交通法違反」の新件を傍聴。速度違反ではなかったが、ちょっとびっくりな事件だった。

 「散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林」と報じられた「業務上過失致死(変更後の訴因 業務上過失致死、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律違反銃砲刀剣類所持等取締法違反、火薬類取締法違反」の控訴審判決は、これは庁舎内の傍聴人が全員集合かと焦ったが、始まる時点で12人ぽっち。同時刻の女性っぽい被告人氏名の「傷害」の新件は52席の傍聴席がぎっしり満員だったと、あとで聞いた。そっかぁ(笑)。
 ほか、おそらくはアニメの声優さんと思われる女性の「窃盗」を傍聴。万引きらしい。責任能力を争うのか情状にとどめるのか、次回までに弁護人は決めることに…。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、7月は以下の10号を発行し終えた。

第2284号 コンドームが破れたと「すれ具合」で分かったJK売春婦
 前号からの続き。合計100人か200人の「お客さん」と会い、うち7割くらいと「セックス」をしたそうだ。2万5千円か3万円をもらって。ばりばり売春婦だと思う。しかし裁判的には被害者、被害児童なのである。裁判は被告人を有罪とするための儀式なので。
 
第2283号 巡査長の児童買春、証人の元JKはハキハキあっけらかんと!
 交番勤務の巡査長が逮捕された、懲戒免職になったと全国報道された事件。今日は売春少女の証人尋問。明るくハキハキあっけらかんと、罪の意識、うしろめたさが全くない風で私は驚いた! しかも少女は頭が良さそうで。売春は普通にアルバイトのひとつ、そういう時代なのだね!

第2282号 セレブな慶大生の大麻事件、なんと誰も知らない驚きの展開に!
 あの慶大生の共犯として逮捕された女性の裁判がまだ進行中だ。約半年前の第1回公判では保釈されており、お洒落なブラウスで小顔、エキゾチック甘えっ子美人と私は傍聴ノートに書いた。ところが今回…! まさかこんな展開になっていると、世間は知らないらしい。そんなことだらけだ、嗚呼。

第2281号 北海道の三菱オービス事件、被告人とされたお爺ちゃんは…!
 電車が遅れて開廷3分後に入ると、検察官が“カタログ読み”をしていた。オービスの信頼性はメーカーの言い分のみで認定する。それが確立された採証法則なのだ。被告人は単なる頑固爺さんかと思いきや、いやいやそうじゃないのだった。この人、大した人でしょ。 編集後記は、スーパーで目撃しちゃった窃盗の瞬間!

 以下の6号は7月17日にお知らせした

第2280号 死亡事故で罰金30万円と、生活保護者の自転車トラブル
第2279号 酔って警察官を殴った事件、国家資格は取消のはずだが?
第2278号 15年前の重大事件の女性、老害弁護人のせいで控訴棄却?

 以下の3号は7月7日にお知らせした

第2277号 eスポーツの元世界王者、空き巣狙いの日々は…
第2276号 運動部の女性コーチによる体罰が刑事裁判の法廷へ出てきた!
第2275号 女性教員が男子生徒を暴行、超珍しい執行猶予付き罰金刑に!

1907231  いま購読登録すると以上10号がどどっと送信される。そして7月末まであと3号が順次送信される。
 色情事件で最近逮捕された男性の、10年前の色情裁判、それはまたまた先送りし、前記驚きの「窃盗」を次号ではご報告させてもらおうかという気持ちになっている。

 あそうそう、今日は15時半頃に傍聴を終え、裁判所内で少し調べ物をしてから警察庁へ寄った。んで、車載式オービス(いわゆる移動オービス。ネットで言われる「移動式オービス」とは全く違う)についてすっごい文書の開示を受けた。何年か前に開示を受けたときは一部開示(ほぼ前面真っ黒墨塗り)だったのに、今回は全部開示。マジ? と思ったら、なるほど、そういうことか! 我慢たまらず次号の編集後記でちらっと書いてしまうかも。
 ほか、じつは東京地裁でヤバイことが起こっているとの情報をいただいた。いつか週刊誌等でどかんと弾けるかも。その可能性は高いと思う。裁判所(東京高裁の管理課)はたぶん知らない。でもそれは編集後記では書かない予定だ。某方面から「絶対関わっちゃダメ!」ときつく言われてるのでっ。

 

※ 画像は3点とも銀座で。上の2つは高級っぽい寿司店。あの壁面装飾は素晴らしいと思う。ただ、出ている引き出しを押し込むと他の引き出しがすっと出る、というものではないらしい。そりゃそうだ。画像下はブランデー。シングルショットでたぶん数千円だろう。誰と行って誰が払ったか、酔っ払って忘れたよぅ(笑)。
 食品サンプルのスマホケースは私のアフィリエイトだ。これ絶対“外人さん”にウケるでしょ!

 ←7月24日22 時30分現在、週間INが120で3位~!

2019年7月23日 (火)

池袋暴走事故の元官僚を重く処罰する方法

 申し訳ない、忙しいのでごく簡単に。
 「【報ステ】池袋暴走から3カ月 遺族が厳罰求める」とテレビ朝日。

1907212-2_20190722235401  私は高齢者の踏み間違い死亡事故の裁判を傍聴したことがある。スーパーの駐車場から出る際、ブレーキとアクセルを踏み間違えて直進暴走、対向車線側の歩道へ突っ込み、というとんでもない死亡事故だった。判決は禁錮3年、執行猶予5年。
 踏み間違え事故はほかにもいろいろ傍聴したが、すべて執行猶予判決だった。
 どんなに大切な命が無残に失われても、裁判的には善良な市民による過失の事故。執行猶予が当たり前なのだ。被害が負傷も死亡も含めての不起訴率は9割の手前だっけ、9割を超えてたっけ。

 しかし今回の「旧通産省・工業技術院の飯塚幸三元院長(88)」の事件を重く処罰する手はあると思う。
 検察官が裁判でこう主張すればいいのだ。

検察官 「ブレーキとアクセルという真反対の働きをするペダルを、目視することなく高齢者が毎回必ず的確に操作することは論理則、経験則等に照らして困難というべきである。かつ、高齢になるほど踏み間違いに気づくのが遅れ、足を動かしてブレーキを踏む操作が遅れることは当然である。アクセルを踏みっぱなしとなり重大事故を惹起する危険性は当然にあるというべきである。ゆえに、踏み違えた場合にアクセルをキャンセルする等、重大事故を未然に回避するための装置が市販されている。ところが被告人は、そうした装置を装着することなく漫然と本件自動車を運転したのであり、その責任は極めて重大といわなければならない。本件は未必的故意による殺人にも匹敵するというべきであり、一般予防(※見せしめ)の見地からも厳罰に処する必要があります!」

 私が弁護人ならこう弁護する。

弁護人 「ブレーキとアクセルという真反対の働きをするペダルを足下の暗がりに配置し、目視することなく絶対的確に操作させる、そういう車両は本邦では当たり前に販売されているのであります。被告人は、高齢ゆえに危険だとメーカー、販売店から指導されたことはありません。踏み間違え防止装置については、本件ののちに報道でちらっと見たのみです。我々の社会は本件のような重大事故を容認していたということができます。容認されて日々起こり続ける同種事故の、本件はたまたま1つに過ぎないのです。被告人が元高級官僚であるからと憎悪を集中して満足するのは、社会正義に反すると思料します」

 さぁ、裁判官はどうするのか。
 現実には、前例踏襲で執行猶予とするか、世論の盛り上がりに配慮してとりあえず軽めの実刑にするか、どっちにしても、同種事故はこれからも起こり続けるだろう。

 私はこの裁判を是非とも傍聴したい。検察官、裁判官が何を主張するのか聞きたい。しかし! 大報道された事件ゆえ傍聴券抽選となる可能性がある。傍聴券の事件となれば「おっ、何だなんだ!」と人が集まる。傍聴席52席の法廷を使うとしても抽選の倍率は高いはず。しかも、記者クラブが52席のうち15席ほど取るだろう。倍率はさらに高くなる。
 記者クラブ加盟社は全社どうせ決まり切った短報しかしないのに、なんで15席も埋めるのか、勘弁してよっ、と言いたい。1席を私にくれればすごい記事を出せますよ。なぬ、抜け駆けはできない? しょんなこと言わないでさ~(必死)。

※ 画像は先日農家の直売所で買った野菜。右下はみょうがだ。全品100円ぽっきり。だからなす2袋、プチトマト1袋、きうり1袋(4本)、みょうが1袋、重いキャベツ1個で合計600円。
 最近毎日なす焼きを食べてる。適宜の大きさに切ってごま油とか少し使ってフライパンでじんわり焼くと旨いのだよぅ。「亀甲萬 御用蔵醤油」、これで食べると味に深みが出て絶品。こんな醤油が世の中にあるのか! もう遅いかもしれないがお中元に最適と思う。

 ←7月22日23 時50分現在、週間INが140で3位~!

2019年7月19日 (金)

巡査長の児童買春、女子高生はあっけらかんと

P1050646  本日東京地裁で、惑星直列というか大変なことが起こった!
 夏期休廷の直前ゆえ開廷が立て込んだせいもあるのだろう、13時30分から以下の3件が同時スタートだったのだ!

・「準強制わいせつ、準強制性交等」 新件。大手商社の社員がOB訪問の就活女子に酒を一気飲みさせる等して、と報じられた事件。
・「準強制性交等」 審理。東京地裁ではおなじみリアルナンパアカデミー(RNA)の塾長の事件。
・「児童買春,児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反、住居侵入」 審理。※府中署巡査長の事件。

 当たり前のことだが、人は誰もエロが大好き。3件とも傍聴席は52席。庁舎内にいる傍聴人のほぼすべてを飲み込むはず!

 私はマニア氏から情報をいただき、1番目のを傍聴するつもりだった。婚活女子狙いはもう普通だが、就活女子狙いは珍しいので。
 でも、どうするっ?
 2番目の事件は、今やおそるべき書き手になった高橋ユキさんが追いかけている。私より彼女のほうがよっぽど良い記事を書けるはず。
 3番目の事件については、それがそういう事件と、1時間ほど前に被告人氏名でネット検索して初めて知った。じつは私は、警察官が被告人となる事件を、道交法違反であれなんであれ優先的に傍聴するようにしている。まとめて以下の書籍に書かせてもらったこともある。 

 

 加えて1番目の行列に、なんというかちょっと近寄りたくない人物がいた。うわぁ。
 なわけで私は3番目の「童買春,児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反、住居侵入」を傍聴した。

P1050659  今日は被告人が児童買春したとされるJK(女子高生)2人の尋問だった。
 そんな尋問をやるってことは、被告人は否認しているわけだ。否認の理由は知らないが。
 新宿女学院、池袋女学院、GU探検隊、JKウォーカー、渋谷でお散歩、いろんな業者名が出てきた。
 2人のうち最初の1人が、なんつーか感動的だった。普通は言いよどみそうな「セックス」のことをハキハキあっけらかんと答えるのだった。しかも言うことが論理的で頭良さそうなのだった。高校は文系ではなく理系なのだという。
 売買春を援助交際と称するのはけしからん、とか遙かに超えて…。メルマガ次号はそれでいく。
 うまく宣伝したな? いや、はっきり言っておきます、エロが欲しいだけの人に私のメルマガは向かない。ちっとも面白くないですよ~!

※ 画像上は、ある年の、富山から安房峠へ向かう途中のダム。画像下は、そのダムの上流かと。

 ←7月19日22 時50分現在、週間INが120で3位~!

2019年7月17日 (水)

世間の知らないところでいろんなことが!

 セレブな慶応大学生が! と逮捕時は大きく報道されたあの若者君、じつはその後たいへんなことをしでかし、たぶん刑務所へ行くでしょ! という件についてネット検索してみた。が、どうもノーヒットだ。私は、あるマニア氏から情報をいただき、その共犯女性の公判を傍聴し…。
 また、じつは東京地裁のあの庁舎内で、いずれ事件に発展して週刊誌、ワイドショーのネタになるかもしれない、そんな状況が進行しているらしい。どんな「状況」か裁判所で私に尋ねないでくださいね。巻き込まれるのは勘弁なのでっ。💦

 ま、世間の知らないところでいろんなことが起こっている、ちうこっちゃ。
 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、7月は現時点で以下の6号を発行した。

第2280号 死亡事故で罰金30万円と、生活保護者の自転車トラブル
 開廷表で「普通じゃない事件」を見分ける方法がある。今回2件傍聴してみた。交通死亡事故と自転車トラブル、どこが普通じゃなかったのか。  編集後記は、あるネット記事について。

第2279号 酔って警察官を殴った事件、国家資格は取消のはずだが?
 少年スポーツの監督も務める会社員、妻子あり、前科なし。普通に淡々と執行猶予付き懲役刑で終わったが、ちょっと待て! 猶予付きでも懲役刑ゆえ国家資格は取り消されるはず。本人も弁護人も気づいていないらしく…。

第2278号 15年前の重大事件の女性、老害弁護人のせいで控訴棄却?
 特殊詐欺グループ内での複数殺人、関与したらしい女性が今度は別事件で法廷へ出てきた。傍聴席から見える限りでだが弁護がひどく、裁判官が助け船を出した。お~。  編集後記は高齢者の交通事故が増えるはずだよ! という驚きのデータ。

 以下の3号は7月7日にお知らせした

第2277号 eスポーツの元世界王者、空き巣狙いの日々は…
第2276号 運動部の女性コーチによる体罰が刑事裁判の法廷へ出てきた!
第2275号 女性教員が男子生徒を暴行、超珍しい執行猶予付き罰金刑に!

190709-2  いま購読登録すると以上6号がどどっと送信される。そして7月末まであと7号が順次送信される。

 7月26日(金)の午後、大手商社の社員がOB訪問の女子学生に対しわいせつ行為を、という事件の公判が東京地裁であると、これもマニア氏から情報をいただいた。婚活女子を狙ってやり放題の犯罪者は多いが、就活女子を狙う事件は珍しい。傍聴したい。
 けれど開廷表には「準強制性交等」の文字列があるはず。その文字列ゆえに1時間以上前から法廷のドアに張り付く者も現われ、やがて押すな押すなの大行列に…。
 ってそんな想像に心を悩ます必要はないのだった。その午後は衆議院第二議員会館へ行くのだ。守大助さんのほうを危なく忘れるところだった。ヤバイです!

※お詫びと訂正 手帳を1週間読み違えてました。わいせつ事件は19日(金)でした。守大助さんのイベントとはダブらないのでした。申し訳ないです!

 ←7月17日19 時00分現在、週間INが120で3位~!

2019年7月14日 (日)

詐欺メールに引っかかった件!!!

 諸君! 私は大変なことをやらかしてしまった。もう取り返しがつかない。どうしていいのか!

 始まりは7月10日の昼下がりだった。
「高橋です、連絡先変更したので確認お願いします」
 というタイトルのメールが着信。差出人は「高橋」となっている。その1時間後、今度は、
「佐藤です。スマホ機種変更しましたので今後はこちらから連絡をお願いします」
 というタイトルのメールが着信した。差出人は「佐藤」だ。
 私はお2人を――ってメールにあるのは姓だけなんだが――ある関係でよく存じ上げている。会社の何かがどうとかして、2人いっしょに変更することになったのか?

 私のメールソフトは、着信メールのタイトル等だけがずらっと並び、本文はダブルクリックして読む設定になっている。
 お2人からのメールをそれぞれダブルクリックしてみた。
 なんと、怪しいURLが1行あるだけだった。
 かーっ、クソ詐欺師どもめ、新しい手を考えやがったな! 普通ならダブルクリックなどせず直ちに削除して終わるところだったのにっ。

 そうして私は、おそらく単行本原稿に疲れ、息抜きに何かしてみたくなったんだろう、そのURLについて何か情報がないかネット検索してみようと思いついたんだね。
 そこで、まずそのURLをコピーし…。

 私のネット閲覧ソフト(っていうの?)は、画面上の、現在閲覧中のページのURLが出る細長い窓、あそこに検索ワードを、たとえば「今井亮一 オービス 大阪」とか入力してEnterkeyを叩くと検索画面が開き、「2018年のオービス取り締まり件数は5万以上。その中で圧倒的に多い都道府県はあそこだった!」との注目記事が見つかるようになっている。あっ、宣伝しちゃった(笑)。

1907142 それでだ、私はコピーしたURLをその細長い窓にペーストし、Enterkeyを叩いてしまったのである!
 ヤバイっ!!!!!
 だってその操作はイコール、そのURLのサイトを開く行為でもあるから。
 あわてて戻るボタンを操作した。戻る前の0.2秒くらいか、そのURLのサイトが目に入った。地獄の業火のような画面ではなかった。なんか事務的で理知的なすっきりした画面だった、とは一瞬の記憶である。

 あわてて戻るボタンを押したが、たとえ0.2秒でも、アクセスしたらヤバイはず…。いや、メールのURLをダイレクトにクリックしたんじゃないから大丈夫かな…。

 大丈夫じゃなかった!
1907141 んもぉう、くっだらない詐欺メール、あったま悪すぎの詐欺メールがいきなりどどどどどどっと着信し始めた。

 私はそれら詐欺メールを、「詐欺」というフォルダをつくって蓄えた。チャンスがあれば損害賠償請求の裁判を本人訴訟でやってみようかと。
 蓄えて、分かった。詐欺メールは1時間に4本前後着信し、午前0時~5時台はお休みらしいのだ。
 “ロボット送信”じゃなく手動送信、午前6時から23時台までせっせと作業をしているのか? だとすればずいぶんブラックな業態といえる。

 クソバカな詐欺師が過労死するまでこれは続くのか、私のメルアドは「詐欺メールのURLをクリックしちゃう阿呆のアドレス」として全世界へ流され、如何にも頭悪そうな詐欺メールを今以上に、永遠に受信し続けることになるのか。
 どうしたらいいのか皆目分からない。
 0.2秒ほどしか見なかったあの画面をまた開いて、特殊詐欺でいうところの「だまされたふり作戦」をやってみようか、何らかの金銭要求があるんだろうからそれを確かめてみようか、うーん、めんどくせ~!

 ←7月14日22 時00分現在、週間INが130で3位~!

2019年7月11日 (木)

2枚目の紙には山本太郎と書きたくなった件

 17分23秒? 無理っす(笑)。でもまぁちらっと見てみようか。
 ところがなんと最後までぜんぶ心熱く大満足で見てしまった、忙しいのにっ!
 ほとんど噛まずに、いろんなデータ数字も交え、手元の紙を見ずに、よっくここまでしゃべれるな。元俳優だったとかじゃなく、どうしても伝えたいことがあり、伝えたいことがはっきりしているから! ひしひしそう思わせるところがすごい。テレビのアナウンサーの教育にこの政見放送は使われるに違いない。
 まぁいっぺん見てみてちょうだい。

 2枚目の紙、比例の投票用紙には「山本太郎」と私は書きますょ。

 ちなみに政見放送といえば2007年の都知事選における外山恒一さんのそれがもう大爆笑だったね。最高のパフォーマンスだった。素晴らしかった。もちろん投票しなかったけど。
 2016年には、やはり都知事選だけどこういうのもありましたね。

 2枚目の紙には「山本太郎」と書くとして、1枚目の紙に何を書くか、私はぜんぜん決まってない。どぉしよう。
 とか言ってないで単行本原稿を書かねばっ。

 ←7月11日1 時20分現在、週間INが120で2位~!

2019年7月10日 (水)

ハンセン病訴訟、韓国への輸出規制、すべては選挙勝利のため!

 「ハンセン病家族訴訟、控訴せず=安倍首相表明「異例の判断」」と7月9日付け時事通信。
 国賠(国家賠償請求訴訟)では国側は、どんなに非道でも分が悪くても七転八倒、転げ回って徹底抵抗するのがならいである。
 先輩や同僚の失策、過失、不作為は絶対に認めない、すなわち「行政無謬の原則」の護持に全身全霊を捧げ奉るってことだろうと私は見ている、遠くから(笑)。

P1040115  なんにしても、これは「異例の判断」どころじゃないっしょ! 官僚をバカにするにもほどがあるとカンカンな官僚氏がだいぶいるんじゃないか。今後いろんな国賠で、原告らは被告代理人の訟務検事より首相を相手にするようになりかねない。ダメでしょ。

 安倍首相はなぜこんなことをしたのか。そりゃもう、選挙勝利のためとしか考えられない。
 官僚のメンツをつぶしても、反感を買っても、選挙勝利のためだけに動く。その潔さはあっぱれと言わざるを得ない。
 こんなこと自民党の古い人や取り巻きの官僚が考えつくはずもない。背後に、巨大広告企業から出向しただいぶ有能な広告マンがいるはず。絶対いると思う。

 「韓国 WTOで日本の輸出規制を批判 日本も反論し激しく対立」と7月10日付けNHKニュース。
 これもその広告マンの仕業と考えればすっきりする。韓国に対しガツンと食らわせてやったと大満足の国民は多いはずだ。
 だから韓国さん、投票日の前に何を言ってもダメっすよ。逆に、
「安倍首相閣下の果敢な制裁に降参です。慰安婦もレーダー照射も徴用工訴訟もぜんぶこっちが悪かったです。ごめんなさい」
 と文在寅大統領が発表して自民党に大きな貸しをつくる、その手はあるんじゃないですかね。投票日の前日がいいと思います。
 そして以下は6月29日付け毎日新聞。

二階幹事長「選挙やってくれたら予算つけるのは当たり前」
 自民党の二階俊博幹事長は29日、徳島市内であった党参院議員の激励会で、土地改良事業関係者を前にあいさつし、来月4日公示の参院選について「我々の方針と一緒にやってくれないところは予算は休ませてもらう」と述べた。国の予算編成に対する与党の影響力をたてに協力を迫った形で、「選挙を一生懸命やってくれるところに予算をつけるのは当たり前。やりましたよと胸張って言えるようにすれば、要求に満額お応えする」とも語った。

 国の予算は自民党の買収費用と、堂々言っているに等しい。この潔さ、くり返すがあっぱれである。
 政策論争だとか小賢しいことを言ってる野党が勝てるはずがない。今度も自民党が圧勝でしょ。

 怖ろしいのは、選挙後まで秘匿とされているトランプ大統領との約束だ。選挙前に明かしたら日本国民が激怒して自民党大敗につながりかねない、いったいどんなことを約束したの~!

 

 さ、よけいなこと言ってないで単行本原稿に戻ろう。
 あそうそう、火曜発売の写真週刊誌『FLASH』に東京地裁の傍聴マニアのお1人が実名顔出しで載ってます~。詐欺の記事ではない。芸能関係の記事だ。

※ 画像はたしか金沢地裁輪島支部。こういう掲示場をしみじみ見ていると意外な発見があったりする。先日は某裁判所の掲示場に某芸能人の氏名があったし。

 ←7月10日16 時50分現在、週間INが140で2位~!

2019年7月 9日 (火)

冷蔵庫に女子大生の遺体が見つかった件に関して

 「「父親は最近暗かった」と家族 冷蔵庫の女子大学生は窒息死か」と7月8日付け東京新聞。テレビのワイドショーでは、死亡女性が小学生の頃、父親からひどい虐待を受けていたらしいという話をやっていた。
 父親が殺害したとして、いったいなぜ。2人の携帯電話は現在見当たらないそうで、真相はまったく分からない。

 まったく分からないなか、私は過去に傍聴した事件を思い出していた。
 メルマガの第2033号「家庭内絶対封建君主が娘にやったことは!」、第2047号「一番嫌いなことは嘘と裏切りと言った男が!」、第2077号「性的虐待10年、私は殺されながら生きてきた」でレポートした鬼畜事件だ。

 あの事件は、被害女児と被告人(父親)とのLINEのやりとりを、ふとしたミスから母親(被害女児の実母)がたまたま見ることになった、それがきっかけで発覚した。
 ふとしたミスがなければ性的虐待は続いていたろう。やがて被害女児が妊娠したらどうなっていたか。被害女児の我慢が限界を超え「お母さんにも警察にも言う」と被告人に告げたらどうなっていたか…。

 

190709-2  今週は私は覚悟を決めた。裁判所行きは全休とし、単行本原稿に集中する。
 来週は、北海道のオービス(三菱のRS2000)の真っ向否認事件や、弁護人が4人も付いているクレプトマニアの事件や、いわゆる男女関係のもつれで自殺のため放火した事件や、一審は実刑だった盗撮ハンターの控訴審や、原審無罪の控訴審や、某中央省庁のキャリア官僚の覚せい剤事件や、某大手商社の社員が就活でOB訪問をした女子大生を…という事件などいろいろあるのだ。
 最後の事件は、事件名に「わいせつ」とか「強制性交等」とかなければいいんだけど、そうはいかず1時間前から大行列になるんだろうなぁ。

 画像のとおり7月26日(金)13時~15時30分、衆議院第二議員会館の第一会議室で「守大助さんの再審を勝ち取る全国集会」(仮題)があるそうだ。
 私はあちこちいろいろ不義理を重ねているが、さすがにこれは行かねばなるまい。諸君も是非。議員会館はそれ自体が立派で、前には国会議事堂がどーんとある。そばに首相官邸もある。重そうなものをいろいろ身につけた警察官が一杯いるし、蛇腹式の車止めも待機している。インスタ映え映えなそれらをまとめて撮影できますよ。

 なぬ、女子が「可愛い~!」と言ってくれそうもないからダメ? そういうもんなの? いやいや、可愛いかどうかだけが女子の思考や行動の基準ってのは、広告会社とあとバカな男子がつくりあげた虚像じゃないの?

 ←7月9日17 時30分現在、週間INが110で3位~。

2019年7月 7日 (日)

学校での体罰が刑事裁判の法廷へ出てきた!

190626-2  テレビを観ていてふと気づいた。私はスポーツ(オリンピックを含む)や芸能には興味がないんだなと。
 考えてみれば、1千万円の腕時計とか数千万円の高級外車とか、べつに興味はない。
 腕時計についていえば、時刻はどうせみんな同じなのに、ごちゃごちゃ重そうな腕時計を欲しがる人の気が知れない。
 宝石がちりばめられている? ま、きれいかもしれないけど、だからどうしたっていうの。
 高級腕時計や高級外車をくれると言われれば、もちろん大喜びでもらう。即売って、銀座の晩杯屋か大島の番外地へ通おう。
 セレブの豪邸訪問とか観ても、その裏で食うに食えない人たちが多数いるはず、ひでぇ話だなぁ、としか思わない。

 私だけが異常なんだろうか。
 私だけが、脳のどこかに欠落、未発達部分があって、みんなが喜ぶスポーツや芸能や高級腕時計や高級外車や豪邸に興味がないのだろうか。
 いや、じつは、「みんなが…」というその認識自体が巨大広告会社とかにつくられた虚像であり、自分もそのスポーツをやっている(いた)とか、特定の芸能人のファンだとか、腕時計や自動車のマニアだとか、そういう人を除いて、大多数の人は私と同じだったりして?

 でもそんなこともどうでもいいのだ。私は私のやりたいことへ突っ込んでいくだけだもん。
 私が熱中することのひとつはメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」である。 ←この野郎、上手に宣伝に結びつけたつもりだな(笑)。
 週3号の発行は大変だが、今号は適当にお茶を濁すみたいなことをしたことがない。これはどうしてもご報告したい、ということが続々とあり、もう熱中している。
 7月は以下の3号を発行した。

第2277号 eスポーツの元世界王者、空き巣狙いの日々は…
 開廷直前、書記官が裁判官に何か言い、裁判官が奥へ下がって開廷が7分ほど伸びた…! プラス元世界王者の「住居侵入、窃盗」。なぜそんなことになってしまったのか。 プラス刑事裁判における平成と令和。検察官のその言い方は不敬ではないかと。

第2276号 運動部の女性コーチによる体罰が刑事裁判の法廷へ出てきた!
 この時点で8400事件ほど傍聴してきたが、体罰が「暴行」とされた事件は初めて! 教員(コーチ)、生徒、親御さん、それぞれの間に認識、感覚の違いがあり、かつ学校側の対応が不適切ではなかったのか。真実は全く分からないがそんなものを感じた。

第2275号 女性教員が男子生徒を暴行、超珍しい執行猶予付き罰金刑に!
 階段を下りようとする女性教員に対し、2、3段下りたところに男子生徒が立ち塞がり、女性教員が男子生徒の胸付近を押す暴行を加え…。背景に相当ややこしいことがありそうだが、起訴されちゃったらもう…。そこを井下田英樹裁判官は超珍しい判決に!

 いま購読登録すると以上3号がどどっと送信される。そして7月末まであと10号が順次送信される。
 次号の被告人は、15年前のちょっと信じられない凄い事件に関与したとされ実刑判決を受けた女性で、その弁護人(お年寄り)がオイオイそれってどうなの! なレポートだ。裁判所内で日々何が起こっているのか、リアルにレポートするのが私の社会的役割と思っている。

 

 画像は、農家の直売所(庭先販売)で買ったトマト。「キズあり」ってことで8個200円だった。形は自由奔放で(笑)、なるほどスーパーでは売り物にならない「キズ」があるけど、包丁で切り取ってしまえば全く問題ない、真っ直ぐ水に沈む、畑の完熟トマトだ。
 安いからとどんどん買い込み、腐らせちゃもったいないからとどんどん食べる、これが健康の秘訣だ、と思う。

 ←7月7日20 時40分現在、週間INが100で3位~。

2019年7月 3日 (水)

韓国の刑事司法、どうなってんだ!?

 驚愕のニュースが飛び込んできた! 以下は7月2日付けの聯合ニュースだ。

元JYJユチョン被告 執行猶予付き有罪判決で釈放へ=韓国
【水原聯合ニュース】覚せい剤を使用したとして麻薬類管理に関する法律違反の罪に問われた韓国の人気グループJYJの元メンバー、パク・ユチョン被告(33)の判決公判が2日、水原地裁であり、同地裁は懲役10カ月、執行猶予2年、追徴金140万ウォン(約13万円)の有罪判決を言い渡した。また、保護観察および治療命令を下した。検察は懲役1年6カ月、追徴金140万ウォンを求刑していた。4月末から2カ月以上、身柄を拘束されて捜査と裁判を受けてきたユチョン被告はひとまず釈放される。

1907025  自己使用で求刑が1年6月(いちねんろくげつ)の場合、日本なら判決は懲役1年6月、執行猶予3年で決まりだ。これを“業界”では「イチロクサンネン」と呼ぶらしい。
 というか日本では、執行猶予を付す場合の主刑は求刑通りなのが普通だ。ところが韓国の今回の判決は、8月も下げての執行猶予。日本じゃ考えられない。韓国ではそれが普通なのか、本件に特別な事情があったのか、非常に気になる。

 追徴は、日本では犯罪収益を取り上げるために用いられる。メルマガ第2274号でレポートしたように、ピエール瀧さんにコカインを有償譲渡した女性の判決にもあった。
 韓国の上掲報道に有償譲渡の話は出てこない。どうなってるんだろ。追徴ではなく何か韓国独自の手続きなのを、追徴と翻訳したってことなのだろうか。

 そんなことより驚愕なのは「治療命令を下した」ってとこである!
 日本にそんな「命令」はない。
 ないどころか日本では、えっと簡単に言うとですね、たとえば自分の犯行は病気によると気づいて治療を開始したような被告人に対し、検察官は必ず言う。

検察官 「病気のせいにするんですか! 結局はあなたの気持ち、意思の問題でしょ!」

 被告人としては「犯罪をくり返させる病気なんてあるんだろうか。あったとしても自分はそんな気味の悪い病気じゃない。治療とかめんどくさい」という思いがどこかにあるもんだから…。

1907024 被告人 「はい! 病気のせいにしません! 今後は気持ちをしっかり持って、二度としないことを固く誓います!」

 検察官も裁判官も大いに満足し、執行猶予が相場なら相場どおり執行猶予を付す。
 被告人も、自分の固い誓いが通じたんだと思って満足する。治療に身が入らず中断する。そしてまたやって法廷へ出てくる。
 そんな裁判を、そんな被告人を私はどれだけ見てきたか。

 

 ところが韓国は「治療命令を下した」というんである。
 いったいどんな治療をどうやるのか。公立の特別な病院に数か月入院させ条件反射制御法による治療をするなら、韓国すげぇ! である。
 治療命令にしたがわなければ、執行猶予を取り消して8月減じたのを戻し、1年6月を服役させるとかいうなら、韓国進んでるぅ! である。
1907023  どうです、驚愕のニュースでしょ。

 さて私はメルマガを書かねば。7月の初号(第2275号)は、ある高校で起こった生徒と教員のトラブルの事件。第2276号は、なんと運動部のコーチによる“体罰”の事件だ。
 いずれもそんなのが刑事裁判の法廷へ出てくるのは――私が8400事件ほど傍聴してきたなかでは――初めて! 情報をくれたマニア氏に大感謝である。

※ 画像は、日比谷公園で撮影したもの。アジアからの観光客風の男女が10人かもっとかその石碑の前で記念撮影していた。何だろ、暗くなり始めていたのでよく読めず、スマホで撮影してパソコンに取り込み見てみた。うわ~! 「エルピディオ・キリノ・フィリピン共和国大統領(1890~1956年。大統領在任は1948~1953年)」、恥ずかしながら知らなかった!

 ←7月3日12 時10分現在、週間INが100で3位~。

2019年7月 1日 (月)

女性教員が生徒に暴力をふるったとされる刑事裁判!

  1907011 6月30日(日)、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」の6月の最終号を発行した。ピエール瀧さんにコカインを譲り渡した女性、の判決について。
 けっこうエリートな楡井英夫裁判官は、量刑の理由で非常に興味深いことを言った。が、メディア報道はそこは完全スルーだ。役割分担というか、レポートするのは私だけ。いつもそうだから、ご好評いただいているのだと思う。ありがとうございます。

 7月1日(月)の朝、雑誌『ラジオライフ』の連載原稿を仕上げて担当編集者に送信した。
 次号(7月下旬発売だっけ)のネタは、新型オービスのうちSensys Gatso Group(センシス)の固定式(ネットでは移動式オービスとくくられるやつ)の否認裁判の、定期点検の担当者(素敵な女性)の証人尋問と、プラス、警察庁の東京航空計器推しがズガーンとうかがえる、某県のえげつない入札だ。
 そのえげつなさと、警察庁の目論見の進行の遅さ等からして、私のようなマニアからすると、TKKのスキャンレーザー式オービスは何か問題を抱えているのでは? とさえ思えてくる。

1907013  『ラジオライフ』の原稿を送信してすぐ、仮眠をとるひまもなく東京地裁へ出かけた。
 いやはやいろんなのを傍聴した!
 次号(7月の初号)ですぐにもレポートしたいのは、マニア氏から情報をいただいて傍聴した、ある高校の女性教員が生徒に暴力をふるったとされる事件だ。
 真実は分からない。分かっているのは、法廷へ出てくるのは被告人を有罪にするための材料が基本だってことだ。そして裁判所の仕事の基本は、警察、検察を信じて有罪理由のテンプレートを上手に当てはめること、だと私は思う。本件の井下田英樹裁判官の判決にもそのような臭いが感じられた。
 だがっ! 本来は不起訴が妥当と井下田さんは思ったのか、ナナなんと執行猶予付きの罰金刑を言い渡したのである!
 執行猶予付きの罰金刑は、無罪よりなんぼか珍しい。私が「ふんぎゃあ!」という顔をしたのを、井下田さんも書記官もしっかり見たはずだ(笑)。

 学校での体罰が問題になっているが、本件は体罰とはちょと違う。でも生徒とのもめ事が刑事裁判に発展した事件なのである。全国の教員諸氏にはメルマガ次号を読むことをお勧めする。初月は無料だ。
 明日2日(火)も、マニア氏から情報をいただき“教員vs生徒”の刑事裁判を傍聴予定。これは体罰かもしれない。大変だ!

 

※ 画像は東京の弁護士会ビル(日弁連と東京弁護士会と東京第一弁護士会と東京第二弁護士会が入っている)の1階フロアで行なわれていた写真展より。1日(月)、受付の素敵なお姉さんに尋ねたら撮影OKとのことだったので。
 下の画像で米兵が持っているのは、腰に付けた弾倉の形からしても、いわゆるトミーガン、アメリカのテレビドラマ『コンバット』でサンダース軍曹が持っていた自動小銃かと思われ。テレビドラマじゃなくリアル世界の沖縄であの45口径の弾丸が、日本兵および沖縄の人たちの肉体へ…。

 ←7月1日23 時00分現在、週間INが110で3位~。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »