フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 韓国の刑事司法、どうなってんだ!? | トップページ | 冷蔵庫に女子大生の遺体が見つかった件に関して »

2019年7月 7日 (日)

学校での体罰が刑事裁判の法廷へ出てきた!

190626-2  テレビを観ていてふと気づいた。私はスポーツ(オリンピックを含む)や芸能には興味がないんだなと。
 考えてみれば、1千万円の腕時計とか数千万円の高級外車とか、べつに興味はない。
 腕時計についていえば、時刻はどうせみんな同じなのに、ごちゃごちゃ重そうな腕時計を欲しがる人の気が知れない。
 宝石がちりばめられている? ま、きれいかもしれないけど、だからどうしたっていうの。
 高級腕時計や高級外車をくれると言われれば、もちろん大喜びでもらう。即売って、銀座の晩杯屋か大島の番外地へ通おう。
 セレブの豪邸訪問とか観ても、その裏で食うに食えない人たちが多数いるはず、ひでぇ話だなぁ、としか思わない。

 私だけが異常なんだろうか。
 私だけが、脳のどこかに欠落、未発達部分があって、みんなが喜ぶスポーツや芸能や高級腕時計や高級外車や豪邸に興味がないのだろうか。
 いや、じつは、「みんなが…」というその認識自体が巨大広告会社とかにつくられた虚像であり、自分もそのスポーツをやっている(いた)とか、特定の芸能人のファンだとか、腕時計や自動車のマニアだとか、そういう人を除いて、大多数の人は私と同じだったりして?

 でもそんなこともどうでもいいのだ。私は私のやりたいことへ突っ込んでいくだけだもん。
 私が熱中することのひとつはメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」である。 ←この野郎、上手に宣伝に結びつけたつもりだな(笑)。
 週3号の発行は大変だが、今号は適当にお茶を濁すみたいなことをしたことがない。これはどうしてもご報告したい、ということが続々とあり、もう熱中している。
 7月は以下の3号を発行した。

第2277号 eスポーツの元世界王者、空き巣狙いの日々は…
 開廷直前、書記官が裁判官に何か言い、裁判官が奥へ下がって開廷が7分ほど伸びた…! プラス元世界王者の「住居侵入、窃盗」。なぜそんなことになってしまったのか。 プラス刑事裁判における平成と令和。検察官のその言い方は不敬ではないかと。

第2276号 運動部の女性コーチによる体罰が刑事裁判の法廷へ出てきた!
 この時点で8400事件ほど傍聴してきたが、体罰が「暴行」とされた事件は初めて! 教員(コーチ)、生徒、親御さん、それぞれの間に認識、感覚の違いがあり、かつ学校側の対応が不適切ではなかったのか。真実は全く分からないがそんなものを感じた。

第2275号 女性教員が男子生徒を暴行、超珍しい執行猶予付き罰金刑に!
 階段を下りようとする女性教員に対し、2、3段下りたところに男子生徒が立ち塞がり、女性教員が男子生徒の胸付近を押す暴行を加え…。背景に相当ややこしいことがありそうだが、起訴されちゃったらもう…。そこを井下田英樹裁判官は超珍しい判決に!

 いま購読登録すると以上3号がどどっと送信される。そして7月末まであと10号が順次送信される。
 次号の被告人は、15年前のちょっと信じられない凄い事件に関与したとされ実刑判決を受けた女性で、その弁護人(お年寄り)がオイオイそれってどうなの! なレポートだ。裁判所内で日々何が起こっているのか、リアルにレポートするのが私の社会的役割と思っている。

 

 画像は、農家の直売所(庭先販売)で買ったトマト。「キズあり」ってことで8個200円だった。形は自由奔放で(笑)、なるほどスーパーでは売り物にならない「キズ」があるけど、包丁で切り取ってしまえば全く問題ない、真っ直ぐ水に沈む、畑の完熟トマトだ。
 安いからとどんどん買い込み、腐らせちゃもったいないからとどんどん食べる、これが健康の秘訣だ、と思う。

 ←7月7日20 時40分現在、週間INが100で3位~。

« 韓国の刑事司法、どうなってんだ!? | トップページ | 冷蔵庫に女子大生の遺体が見つかった件に関して »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国の刑事司法、どうなってんだ!? | トップページ | 冷蔵庫に女子大生の遺体が見つかった件に関して »