フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« コンビニトイレで出産、遺棄、ネットは個人暴きで盛り上がり | トップページ | 韓国の刑事司法、どうなってんだ!? »

2019年7月 1日 (月)

女性教員が生徒に暴力をふるったとされる刑事裁判!

  1907011 6月30日(日)、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」の6月の最終号を発行した。ピエール瀧さんにコカインを譲り渡した女性、の判決について。
 けっこうエリートな楡井英夫裁判官は、量刑の理由で非常に興味深いことを言った。が、メディア報道はそこは完全スルーだ。役割分担というか、レポートするのは私だけ。いつもそうだから、ご好評いただいているのだと思う。ありがとうございます。

 7月1日(月)の朝、雑誌『ラジオライフ』の連載原稿を仕上げて担当編集者に送信した。
 次号(7月下旬発売だっけ)のネタは、新型オービスのうちSensys Gatso Group(センシス)の固定式(ネットでは移動式オービスとくくられるやつ)の否認裁判の、定期点検の担当者(素敵な女性)の証人尋問と、プラス、警察庁の東京航空計器推しがズガーンとうかがえる、某県のえげつない入札だ。
 そのえげつなさと、警察庁の目論見の進行の遅さ等からして、私のようなマニアからすると、TKKのスキャンレーザー式オービスは何か問題を抱えているのでは? とさえ思えてくる。

1907013  『ラジオライフ』の原稿を送信してすぐ、仮眠をとるひまもなく東京地裁へ出かけた。
 いやはやいろんなのを傍聴した!
 次号(7月の初号)ですぐにもレポートしたいのは、マニア氏から情報をいただいて傍聴した、ある高校の女性教員が生徒に暴力をふるったとされる事件だ。
 真実は分からない。分かっているのは、法廷へ出てくるのは被告人を有罪にするための材料が基本だってことだ。そして裁判所の仕事の基本は、警察、検察を信じて有罪理由のテンプレートを上手に当てはめること、だと私は思う。本件の井下田英樹裁判官の判決にもそのような臭いが感じられた。
 だがっ! 本来は不起訴が妥当と井下田さんは思ったのか、ナナなんと執行猶予付きの罰金刑を言い渡したのである!
 執行猶予付きの罰金刑は、無罪よりなんぼか珍しい。私が「ふんぎゃあ!」という顔をしたのを、井下田さんも書記官もしっかり見たはずだ(笑)。

 学校での体罰が問題になっているが、本件は体罰とはちょと違う。でも生徒とのもめ事が刑事裁判に発展した事件なのである。全国の教員諸氏にはメルマガ次号を読むことをお勧めする。初月は無料だ。
 明日2日(火)も、マニア氏から情報をいただき“教員vs生徒”の刑事裁判を傍聴予定。これは体罰かもしれない。大変だ!

 

※ 画像は東京の弁護士会ビル(日弁連と東京弁護士会と東京第一弁護士会と東京第二弁護士会が入っている)の1階フロアで行なわれていた写真展より。1日(月)、受付の素敵なお姉さんに尋ねたら撮影OKとのことだったので。
 下の画像で米兵が持っているのは、腰に付けた弾倉の形からしても、いわゆるトミーガン、アメリカのテレビドラマ『コンバット』でサンダース軍曹が持っていた自動小銃かと思われ。テレビドラマじゃなくリアル世界の沖縄であの45口径の弾丸が、日本兵および沖縄の人たちの肉体へ…。

 ←7月1日23 時00分現在、週間INが110で3位~。

« コンビニトイレで出産、遺棄、ネットは個人暴きで盛り上がり | トップページ | 韓国の刑事司法、どうなってんだ!? »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンビニトイレで出産、遺棄、ネットは個人暴きで盛り上がり | トップページ | 韓国の刑事司法、どうなってんだ!? »