フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 警察庁の野望派と利権派! | トップページ | 自転車事故の天国と地獄 »

2019年9月21日 (土)

芸能系でDV系で酒乱系の

 末期がんの男性。あらゆる治療をやったがダメ。苦痛のなか死を待つばかり。しかし大麻を使用して苦痛は緩和され気分がよくなり食欲が出て、なんとがん細胞の縮小が見られた。主治医が驚いたという。
 ところが日本では大麻は違法薬物とされる。男性は逮捕され大麻を絶たれ、苦痛に耐えて刑事裁判を争った。
 普通、具合が悪い悪いと言う被告人は、審理が終わって廊下へ出るとしゃっきりニコニコしているものだが、この男性は逆だった。法廷では普通にしているのに、廊下へ出ると苦痛に悶えた。
 そして男性は、判決を待たずに亡くなった。
 唯一の救いは、無罪を勝ち取り再び大麻を使用できる、他の末期がん患者にも福音になると信じていただろうことだ。
 判決は間違いなく有罪、相場どおり執行猶予付きの懲役刑だったはず。絶望を知らず、希望のうちに亡くなったのだ。
 予定されていた期日は取消しになったが、私は法廷前へ行った。期日取消しを知らず漂っているだろう男性の魂魄に合掌するために。何年も前のことだ。

 「GREEN ZONE JAPAN」というサイトに「安倍総理とCBDオイル」という2018年1月7日付けの記事を見つけた。こんな部分がある。

週刊アサヒ芸能の1.4-11号に「安倍晋三、大麻サプリ使用の禁断生活!」と題された特集記事が掲載されました。記事によると、安倍総理は持病の潰瘍性大腸炎の治療目的に、カンナビス由来の CBDオイルを内服しているとのことです。記事の論調としては、「CBD自体は特に問題がない」としつつも、海外から輸入された製品には THC が微量に含まれている可能性があり、法的にグレーな製品を日本の総理大臣が服用するのはいかがなものか、という内容でした。

相変わらず、大麻=違法=悪、という思考放棄の方程式は残念ですが、本邦の総理が大麻製剤を利用している可能性を知らしめたという点では有意義な報道であったように思います。

 CBDとはカンナビジオール。日本は医療大麻を明文規定で禁止しているのに、CBDオイルはいいのっ!?
 調べたらあった。販売されていた!


 

 もし本当に総理大臣が使用しているとして、そのことが広く知られれば、救いを得られる人がいるかもしれないのに!
 医療大麻はもちろん嗜好大麻をも解禁する方向へ世界は向かっている。禁止する合理的理由がないことが明らかになってきたようだ。
 しかし日本は解禁するつもりがない。巨大製薬企業の利益、官僚の天下り先、政権党への献金を守るために? そこで総理大臣はこっそり使用し、テレビは知らん顔、というか相変わらず「大麻=悪」でいく。不幸だと思う。
 東京オリンピックで、医療大麻を所持した外国人が逮捕され、世界からごうごうたる非難を浴びたときどうするか、厚労省は対策を考えているのだろうか。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、9月は現時点で以下の8号を発行した。

第2309号 芸能系でDV系で酒乱系の事件、前夜までの自白をひるがえし
 往年の有名俳優の娘さんで自らも芸能活動をしている女性の、内縁の夫(歌手)の事件。かなりのイケメンで、グレーのダブルのスーツで法廷へ現れ…。

第2308号 オレオレ詐欺の若い受け子、ぎりぎり執行猶予の理由は?
 例によって末端の使い捨ての受け子だけが捕まった事件。既遂1件、未遂1件。既遂があれば若年者でもさくっと実刑、刑務所行きが普通なのに、本件は執行猶予とされた。その理由は…。

第2307号 生活保護の74歳が酒を万引き、かすれ声で発した名言とは
 被告人が法廷で名言、迷言をいうことはよくある。今回の名言には私は感動したね。おっしゃるとおりそのとおり! しかし官僚制度はそんなこと気にしないのだ。

第2306号 部活の女性コーチによる体罰事件、罰金15万円とは
 興味深い事件の判決のみ3件。最高裁、検察庁の庁名碑にペンキをかけて服役したおじさんが出所後、内閣府の庁名碑にまた…。普通は不起訴だったろう体罰事件…。そして超珍しい侮辱罪…。

 以下の4号は9月14日にお知らせした

第2305号 信号無視の自転車事故、1時間まったく話が噛み合わず
第2304号 摂食障害で窃盗症の若い女性、再犯しないと誓えば誓うほど…
第2303号 不法残留約6年の韓国人、東京の片隅でつましい愛の暮らし
第2302号 あの「円天」の元営業課長、無免許運転で実刑判決の理由

 いま購読登録すると以上8号がどどっと送信される。そして月末まであと4号が順次送信される。
 初月は全部無料だが、おもしろくて購読解除できずに月が過ぎると、翌月分は有料となる。これまで108円だったが、10月から消費税増税で110円となる。1号が110円ではない。火木土発行の1カ月分全部が110円だ。
 10月は、ある有名傍聴人が自らまた被告人になる裁判をレポートできるかと思う。

 ←9月21日15時10分現在、週間INが100で3位

« 警察庁の野望派と利権派! | トップページ | 自転車事故の天国と地獄 »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警察庁の野望派と利権派! | トップページ | 自転車事故の天国と地獄 »