フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« わが定食遍歴 | トップページ | センシスオービス裁判が結審、相場を外れた求刑をどう読む! »

2019年11月22日 (金)

たぶん知的障害のおじさんを若い試験エリートらがいたぶり

 11月21日(木)、朝からさいたま地裁へ出かけた。
 10時からセンシス(Sensys Gatso Group)の新型オービスの否認裁判の、論告・弁論。相場を逸脱した求刑だった! 閉廷後、被告人から驚きの事実を聞いた。

 東京地裁へ行こうか、帰って少し寝ようか。さいたま地裁の開廷表を見たら、14時~17時、「業務上過失致死」の審理が。なんだっ?
 被告人氏名でスマホ検索、ヒットがあった。だいぶ前に保育所のプールで4歳女児が…という痛ましい事故があり、その園長と保育士が被告人なのだった。
 私はさいたま地裁に居続けることにした。

 10時30分から「非現住建造物等放火」の新件。自宅に放火して全焼させ(そこまで報道されている)、執行猶予判決の宣告から半年後、またも自殺目的で、今度は自宅敷地内の作業場に放火したのだという!
 被告人は“あるタイプ”の人物なのに、検察官も裁判官もいかにも試験エリートな論法で試験エリート的な反省を執拗に言わせたがり、弁護人はその論法にまんまのって弁護するというか、私は呆れたね! いやでもしかし、これが日本の刑事裁判の本質なのだ。

 昼、東京地裁にいるマニア氏からメールあり。裁判所に偽造診断書を提出した女性の判決があった(ある?)という。えーっ。けど体はひとつ。仕方ない。

 13時30分から「傷害、公務執行妨害」の新件。「傷害」は酔余のケンカかDVが多いが、これはDVだった。被害者である元交際相手を証人尋問。証人尋問のやり方が、かつて見たこともないものだった! おそろしくキャラの立った被告人だった。

 そうして14時から「業務上過失致死」の審理。さいたま地裁の“悪弊”が顕わになった!

191121-1-2  以上5件、ぜんぶレポートしたい。が、メルマガは火木土の発行だ。横浜地裁のあのとんでもない事件とか、弁護士が被告人とされている事件とか、まだ知られていない芸能関係の覚せい剤事件とか、是非にもレポートしたい事件が溜まっており…。💦
 とりあえず新型オービスの論告・弁論からにしよう。全国のオービス担当の警察官諸氏がお待ちだろうから。

   画像はさいたま地裁の隣、埼玉地検の公告板だ。
 被告人の大麻については検察官が法廷で展示し「これはあなたのものですか。もう要りませんね」と尋ねて放棄させる。この公告の被告人の場合、自宅かどこかから自分のじゃない大麻を68.45gを押収されたわけだ。
 どんな事件なんだろ。12月18日(水)13時40分、傍聴に行く? いやぁ…。

 ←11月22日12時30分現在、週間INが80で3位~!

« わが定食遍歴 | トップページ | センシスオービス裁判が結審、相場を外れた求刑をどう読む! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« わが定食遍歴 | トップページ | センシスオービス裁判が結審、相場を外れた求刑をどう読む! »