フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の12件の記事

2020年4月30日 (木)

元HKT48、谷口愛理さん、大麻の不起訴は嫌疑なしか

 私だって芸能事件にもコメントできるってことを見せつけたいと思う! 以下は4月30日付け読売新聞。

元「HKT48」谷口愛理さん不起訴…大麻所持容疑 
 福岡地検は30日、大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された人気アイドルグループ「HKT48」元メンバーのアルバイト谷口愛理さん(21)を不起訴とした。地検は「起訴するに足りる証拠がなかった」としている。谷口さんは、福岡市内のマンションで乾燥大麻を所持した疑いで4月16日、福岡県警に逮捕されたが、地検は28日に処分保留で釈放していた。

 ほんとは“犯人”なのだが起訴できなかった、かのように聞こえる。
 不起訴の理由は主に3つ、「起訴猶予」「嫌疑不十分」「嫌疑なし」だ。

 起訴猶予は、証拠は十分だが「犯人の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないとき」にする不起訴だ(刑事訴訟法第248条)。

 「起訴するに足りる証拠がなかった」は、嫌疑不十分か嫌疑なし、どっち?
 2018年の検察統計(それが最新)によれば、大麻取締法違反の検察庁の既済人員はこうだ。

  公判請求 2534人
  略式命令請求 0人
  起訴猶予 1400人
  嫌疑不十分 971人
  嫌疑なし   0人

 20042826c_20200430233001  略式命令請求が0人なのは、大麻所持の法定刑は「5年以下の懲役」であり罰金刑の選択肢がないからだ。
 大麻所持で捕まったら、公判請求されて執行猶予付き懲役刑(通常は懲役6月、執行猶予3年)とされるか、不起訴とされるか、どっちかなのである。 ※少年はまた違う。

  嫌疑不十分が971人もいるのに嫌疑なしは0人、不自然な感じがする?
 多くの交通違反事件をとおして私は、検察は警察(国家)の威信を守る立場から、嫌疑不十分でも起訴猶予に分類する傾向があると見ている。
 大麻事件については、嫌疑なしも嫌疑不十分に繰り入れてるんじゃないか。

 2020年の検察統計は2021年の夏、旧盆の頃に公表されるはず。大麻取締法違反の不起訴のうち嫌疑なしが「1人」になるかどうか、2021年夏まで生き延びたいと思う。
 今のところ私は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患した感覚は全くない。

 ということで芸能事件に対する私のコメント、やっぱダメっすかね(笑)。
 あそうだ、いちおう言っとこう、「谷口愛理さんが可愛いから検察は不起訴にしたんだ」とかネットでは言われそうだけど、それは逆だと思う。可愛い有名芸能人を逮捕、起訴することで見せしめとしたい、検察の威厳を世に知らしめたい、そういうものですよ。安倍政権には忖度しても、可愛い有名芸能人に忖度することは天地がひっくり返ってもないと思います。検察を馬鹿にしてはいけません。

 画像は4月28日17時30分頃の申述、もとえ新宿歌舞伎町だ。がらっがら。ゴジラが泣いている。夕陽も泣いている

 ←4月30日23時00分現在、週間INが40で6位~!

2020年4月29日 (水)

コロナ下の裁判所へ行ってきた!

20042828-c  メルマガ第2401号に書いた事情で、覚悟を決め、行ってきました東京は千代田区霞が関の裁判所へ!

 地裁民事はゼロ。刑事は、簡裁が6件(うちだいぶ何件か期日取消)、地裁が17件、高裁が3件。
 「道路交通法違反」「過失運転致傷」「過失運転致死」は1件もなかった。なるほど。2020年の検察統計、司法統計に有意な変化が見られる可能性ありだ。

 28日、私は3件を傍聴した。どれも濃かった!
 帰りに警察庁へ寄る予定だったのに、濃い事件を次々傍聴してすっかり忘れ(ごめんね~)、なんというか、ま、新宿の状況を偵察してきた。あちこちでマスクが販売されていた。諸々メルマガ次号で。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、4月は以下の11号をすでに発行した。

第2401号 女子児童好きな前科7犯、秘密の花園でイッパツ抜いてきた
 41歳、無職、婚姻歴なし、ひどく背中が丸い被告人は、前科7犯、6犯は服役。前刑の終了から3カ月半でまた、学校公開日の小学校へ侵入。秘密の花園でイッパツ抜くことを、今回はしなかったのだという。

第2400号 80歳の被告人は結核感染者、換刑処分は異例の1日1万円
 交通トラブルで18歳男性を殴り、鼻骨骨折等の傷害を負わせた事件。その被告人は80歳男性、結核だという。裁判官も書記官も検察官も弁護人も全員が「カラスマスク」着用。こういうのは珍しい。結核は本格的なようだ…。

20042830c  以下の2号は4月24日にお知らせした

第2399号 強姦魔は感染症疑い、傍聴人にN95マスクが配布され
第2398号 新型コロナ対策グッズ、楽天で仕入れてAmazonで売る?

 以下の2号は4月18日にお知らせした。

第2397号 あるスポーツの有名選手、14歳少女を東京へ家出させ性交
第2396号 勾留理由開示、「裁判官としては失格ですね!」と弁護人

 以下の2号は4月13日にお知らせした

第2395号 被告人質問をしないと弁護人! 「本職は腹立たしい限り」と
第2394号 おばさん看護師、母親等との葛藤でまた行くのか刑務所へ

 以下の3号は4月10日にお知らせした

第2393号 「殺人、死体遺棄」の少年、ほかに手段はなかったと思います
第2392号 殺人で懲役10年、作業賞与金47万7千円、何に使い果たした?
第2391号 万引きで保護観察付き執行猶予中の女性が食品を大量万引き

 いま購読登録すると、以上11号がどどっと送信される。そして月末まであと2号が順次送信される。
 次号は4月28日に傍聴した最初の事件、「麻薬及び向精神薬取締法違反、準強制性交等幇助」だ。幇助って何だと思う? 「うわぉ、あんたら何をやっとんねん!」な事件だった。裁判所内の様子、傍聴席の様子も含めご報告しよう。

 ←4月29日12時30分現在、週間INが30で7位~!

2020年4月24日 (金)

自粛要請=廃業倒産要請か

 以下は4月22日付けのFNNPRIMEニュース、の一部だ。

営業続けるパチンコ店に直接要請へ 小池知事が表明
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、東京都の休業要請対象となっているパチンコ店について、小池知事は、営業を続ける店舗に直接要請を行う考えを示した。
 休業要請の対象となっているパチンコ店をめぐり、東京都の小池知事は、21日の都議会で、業界団体に文書を出して強く要請しているものの、現在も営業を続けているパチンコ店があるとしたうえで、今後、個別の店舗に対して、直接要請を行うなど、より強く休業要請する考えを示した。

 パチスロ店を除くはずがない。パチンコ・スロ店をいうのだろう。
 駅近や繁華街の店は家賃が相当高いはず。営業を自粛すれば日々の収入(=客が落とす金)が絶たれる。自粛=廃業の店もあるはず。

 そうするとだ、家賃に触れない自粛の要請は、イコール廃業の要請なわけだ。飲食店等も同様のケースがあるだろう。
 感染拡大防止のために廃業してください、倒産してください、すごい話だなと思う。

 昔、「徳政令」というのがあったと学校で教わった。
 今、「家賃徳政令」があってもいいんじゃないか?
 高額家賃のビルなんかは銀行に借金して建てており、銀行に負担をかけることになる、自民党への献金に影響を与える、天下りポストの数と報酬・退職金にも影響を…。やっぱ家賃徳政令は無理だよなぁ、などと全く専門外の妄想が頭を駆け巡ったりもする今日この頃である。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、4月は以下の9号を発行した。ここしばらく、被告人が「感染症疑い」の事件をレポートしようかと思う。 

第2399号 強姦魔は感染症疑い、傍聴人にN95マスクが配布され
 「住居侵入、強姦、窃盗、強姦未遂」の被告人は感染症に罹患しており飛沫感染のおそれがあるという。法廷前で配布されたマスクは、がっちり窮屈。「N95」と印字されていた。

第2398号 新型コロナ対策グッズ、楽天で仕入れてAmazonで売る?
 定刻になっても弁護人が現れない。書記官があたふた。なんと弁護人はずっと傍聴席に座っていたのだった。被告人席にいるのが自分が弁護を担当する被告人とも気づかず…。 表題の件は編集後記で。スーパーやドラッグストアと、楽天と、Amazon、それぞれの価格にびっくり!

 以下の2号は4月18日にお知らせした。

第2397号 あるスポーツの有名選手、14歳少女を東京へ家出させ性交
第2396号 勾留理由開示、「裁判官としては失格ですね!」と弁護人

 以下の2号は4月13日にお知らせした

第2395号 被告人質問をしないと弁護人! 「本職は腹立たしい限り」と
第2394号 おばさん看護師、母親等との葛藤でまた行くのか刑務所へ

 以下の3号は4月10日にお知らせした

第2393号 「殺人、死体遺棄」の少年、ほかに手段はなかったと思います
第2392号 殺人で懲役10年、作業賞与金47万7千円、何に使い果たした?
第2391号 万引きで保護観察付き執行猶予中の女性が食品を大量万引き

 いま購読登録すると、以上9号がどどっと送信される。そして月末まであと4号が順次送信される。
 私はちょうど1カ月ほど裁判所行きを自粛している。今後当分、自粛は続きそう。しかしっ、超絶マニアックデータに二重丸をつけながら未レポートの事件がたっくさんあるのだ。よってメルマガ発行的にはぜんぜん大丈夫、なのだが、裁判所へ行きたいよぅ。ちょっと依存症なのかもしれない。

200421-1-2  とにかくね、今必要なのは外出自粛以上に免疫力アップだと思う。そのために必要なのは、太陽を浴びて雲をながめながらの有酸素散歩と、良い食べ物だ。画像は家飲みの酒肴、つまり夕食。タマネギ、ピーマン、きうり、たっぷりのパセリに米酢とマヨネーズをかけた上に、豚肉を焼いてのせた。焼くとき最後に卵をまぶしてみた。あと、きうりとワカメの酢の物と、ちょと高級なもずく酢。

 大事なのは薩摩焼酎、黒白波だ。ちびりと口に含み「嗚呼、旨いなぁ!」と幸せいっぱいになる。こういうのが免疫力をアップさせてくれるのだろう、たぶん(笑)。

 ←4月24日0時00分現在、週間INが110で3位~!

2020年4月21日 (火)

ポルノでオナニーさせて無駄な射精を増やし

 昨年10月のメルマガ第2318号「スカイツリーで外国人観光客の財布を盗んだお婆ちゃん」の、その編集後記でこんなことを書いた。以下若干手を入れる。

   ★ ★ ★

 『週刊プレイボーイ』で長く続いているコラムに「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画 カオスを飲み干せ!」というのがある。最近の号にこんなことが書かれていた。

アメリカで今、“オナ禁”が真剣に問題視されています。自慰行為を控え、禁欲的な生活を送れば心身のコンディションがよくなる──そんなオナ禁の効果をうたう真偽不明の体験談やネタ記事はアメリカにも日本にも昔からあり…

 それが近ごろは白人至上主義、反ユダヤ主義に飲み込まれているのだそうだ。どゆこと? ロバートソンさんはこう書いている。

(オレたち)白人にポルノを与え、マスターベーションさせて無駄な射精を増やし、その分、有色人種の男が白人の女を抱く。そして“混血”の子が生まれて“純血”はどんどん数が少なくなっていく。これは白人の種を絶やすスロージェノサイド(緩やかな虐殺)で、ポルノサイトを運営しているユダヤ人が金儲けをしながら裏で糸を引いているのだ

 なるほどぉ、と思う。とにかく悪い敵をつくることで、自らを虐げられた被害者とし、憎悪を生きる歓びとして攻撃心で団結、盛り上がるやり方、とまとめることができるだろうか。

 そしたら、だよ、こういう精神療法もありなんじゃないか。
 すなわち、日々の暮らしに充実感とか達成感とかなく、自己評価も低い人、そういう人に「悪い敵」を与え「みんなで奴らをやっつけよう!」と煽れば、いきいきと目を輝かせてくれるんじゃないか。
 これを何療法というんだろう。精神医療の世界では研究されているのかな。

 ちなみにDV男は、暴力を咎められれば「俺をして殴らせるお前が悪い!」とさらに暴力をふるうのだそうだ。DV男の中では「妻が悪い。自分は被害者」がすっかり成り立っており、よってDVに安住し、抜けられないらしい。

 あなたの敵は何ですか? 私の敵は? そうだなぁ、スーパーの見切り品の揚げ物、特に唐揚げやトンカツや串カツが敵であることは間違いない。
 だから近ごろは断然、魚の見切り品を探している。サンマの竜田揚げとか。ってダメじゃーん(笑)。

2004201-2     ★ ★ ★

 …と昨年10月のメルマガ編集後記で書いたが、いま、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が怖くて、見切り品漁りに出かけることをかなり自粛している。偉いでしょ。
 じゃあ何を酒肴としているのか。農家の直売所で買い集めた野菜ほか、冷凍庫の底のほうから発掘される魚や肉が楽しみだ。旨いよぅ。

 画像は「N95」の高機能マスク。黒い印字の下のほうに「N95」とあるでしょ。私ごときがなぜこんなものを持っているのか、間もなく発行のメルマガ最新号に書いた。日本人の99.99%が知らないことだろうと思う。

 ←4月19日12時20分現在、週間INが40で4位! いや40は初めてかと。しかし順位は相変わらず4位。どゆこと? ネット界に何か異変が起こっているのかもっ! ※あなたが猫のバナーをクリックすると直ちに10ポイント増えるのか、そこは私は不知(民事裁判用語)。この記事をアップした直後、私自身がクリックしたら50になっていた。私の分かと思われ。だから今、「週間INが40」の瞬間は見られないかと思う。申し訳ない。言ってること分かります?

2020年4月19日 (日)

スーパーで298円、楽天で1678円、Amazonで3900円

200413-2_20200418002201  スーパーやドラッグストアの店頭に、たまに意外なものがぽつんと出ることがある。画像は最近たまたま買えたものだ。

 マスクの「とりかえシート」50枚入りはスーパーで買った。税別298円。家人からすごく褒められた(笑)。

 ネットじゃいくらで売ってるんだ?
 夕べ、楽天を見てみた。なんと税込み・送料別で1678円! ※価格は刻々と変わることがあるようだ。

 Amazon は厳重に対策しているのか? 見てみた。たまげた。同じものが3900円4000円だったり、3個セットで1万4800円だったり。
 楽天で仕入れてAmazonで売る、ありかもっ。

 やはり最近ドラッグストアで、99%除菌、ノンアルコールのウエットティッシュ、60枚入りを買った。いくらだっけ。98円だったように記憶するんだが、もしかして198円かも。
 これもネット価格を見てみた。楽天は705円、Amazonは3個パックで2528円だった。

 なんというか、リアル社会のスーパーやドラッグストアの“善良さ”には舌を巻かざるを得ない。お買い物はなるべくリアル店舗でしようと思った次第。

 画像の下は、ご存知だろうかネオシーダー、煙草ではなく咳と痰を鎮める第2類医薬品だ。
 ドラッグストアで1箱320円330円だった。
 楽天では10箱3410円、Amazonは10箱4027円。これはあんまり人気、需要がないようだ。
 でも「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の初期症状に効く!」とかネットに流れたら…。

 関連して、「安倍首相の「朝日も3300円で布マスク販売」反論はフェイク! 朝日販売マスクは泉大津市の公的事業で高性能、アベノマスクと雲泥の差」と4月18日付けLITERA。あっらら、ひどい話だ。

 ←4月19日12時20分現在、週間INが60で4位~。

2020年4月18日 (土)

14歳少女を東京へ家出させ性交して姿を消し

 甘い吐息、なんていうけど今は、その吐息に新型コロナウイルスが混じっているかもしれないわけだ。

 私がチラ見する限りにおいては、テレビもネットニュースも言わないようだけど、いつか感染したときのために自己免疫力を高めておかねば!

1、黄緑色野菜、きのこ、海草(海藻)、魚を食べる。緑茶と赤ワインを飲む。
2、太陽の下で適度の運動をする。
3、ストレスをためず、よく眠る。
4、げらげら笑う。

 とりあえずそのへんが良いらしい。
 あと、どぶろくもいいんじゃないかな。どぶろくは、濁り酒とは似ず非なるもの。「どぶろく 健康」とかでネット検索するといろいろ出ますよ。でも本物はけっこう高いんだよね。
 以下は私のアフィリエイト。この4合瓶を私は安房峠付近の道の駅でだったか、実際に買って飲んだ。たまげた!

 ストレスは免疫力を下げるんだそうだ。
 私のストレスはひとつ、書かなきゃいけない原稿、書きたい原稿がいっぱいあるのに進みが遅い、そのことだ。
 どうすりゃいいのか、答えはずばり、とっとと書けばいいのである!

 そんななか、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」はしっかり地道に発行し続けている。4月は以下の7号を発行した。

第2397号 あるスポーツの有名選手、14歳少女を東京へ家出させ性交
 「ひまトーク」に家出願望を書いていた少女を、交通費をあげるからと新宿へ呼びだし、性交して姿を消した。少女は父親と探偵により発見され保護されたのだという。被告人側は事件性も犯人性も争い…。

第2396号 勾留理由開示、「裁判官としては失格ですね!」と弁護人
 預かったゴミの中から微量の覚せい剤が検出された、ということらしい事件。弁護人は裁判官をぼろくそに言い、裁判官はさらり聞き流すのだった。それを清々しいと感じる私は病んでますか? 編集後記は新型コロナで予想される新商法。

 以下の2号は4月13日にお知らせした

第2395号 被告人質問をしないと弁護人! 「本職は腹立たしい限り」と
第2394号 おばさん看護師、母親等との葛藤でまた行くのか刑務所へ

 以下の3号は4月10日にお知らせした

第2393号 「殺人、死体遺棄」の少年、ほかに手段はなかったと思います
第2392号 殺人で懲役10年、作業賞与金47万7千円、何に使い果たした?
第2391号 万引きで保護観察付き執行猶予中の女性が食品を大量万引き

 いま購読登録すると、以上7号がどどっと送信される。そして月末まであと6号が順次送信される。
 2397号の編集後記で、新型オービス(ネットで移動式とか呼ばれるやつ)の今後についてディープなことをチラ書きした。あのこと、全国の警察官諸氏はみなさん承知なのか、気づかずにいるのか、どうなんでしょ。

 というか、私はノンキなことを言ってるけど、医療関係の方は免疫力を高める上記4つとかぜんぜん無理なのでは? 自分が感染したときあまりお手数をかけないためにも、免疫力を上げておきたいと思う。

 ←4月18日0時30分現在、週間INが60で4位~。

2020年4月16日 (木)

まさかの『ゴルゴ13』がヒット!

外出自粛のいま、ぜひ読んでおきたい お勧め本 気鋭の科学ジャーナリスト川端裕人が選んだ 「新型コロナ」を知るための6冊
 という記事が『フライデー』4月25日号にあった。
 最初の1冊は川端氏ご本人のこれだった。2007年刊の小説だが凄いんだという。

 エピデミックって何だ? 検索してみたら、まさかの『ゴルゴ13』がヒット!

 さすが『ゴルゴ13』! 私はもうずいぶん読んでないけど、安倍晋三首相とかトランプ大統領とか、当然ターゲットになってるよね? 免疫を高めるための有酸素散歩がてら、古書店で少し買ってこようかと。
 あと5冊のうち2冊だけ以下に。

 「リウー」ってなんだ? カミュ氏の『ペスト』に登場する医師の名にちなむんだという。申し訳ない、私は『ペスト』は読んでない。サミュエル・ベケット氏の『ゴドーを待ちながら』はずいぶん前に読んだ、古書店にたまたまあったので。
 この外出自粛期間に、ゲームに夢中で暮らすか、本を次々読むか、“コロナ後”にけっこう差がついたりしてね。

 あそうそう、2週間ほど前に楽天で購入予約したマスク50枚セット、そろそろ発送するとのメールがあった。届いたら、いったいどんなのでいくらだったかご報告しよう。

 ←4月16日21時20分現在、週間INが90で4位~。

2020年4月15日 (水)

新型コロナウイルス吸引器で大儲け?

2004141  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、感染しても回復すれば抗体ができるんでしょ?
 回復後の再感染ということもあるらしいが、「抗体ができたらもうばっちり大丈夫」だとすれば…という話をメルマガの編集後記に書いた。

 こういうポップ、ありでしょ。

新型コロナ 抗体保有者 急募! 高給優遇!
抗体保有のお客様限定 全品半額セール!

 それを予測して「抗体保有者養成所」ができるかも。
 密室に生徒を千人とか詰め込み、感染者を数人放り込んでゲホゲホ、ハクション、盛大にさせるのである。生き抜いて抗体を勝ち取った者だけがプロレスのリングにのぼる。 ←虎の穴に謝れっ(怒)。

2004143  あと、「新型コロナウイルス吸引器」、これは売れる!
 ゲホゲホ、ハクションはもちろん、呼気も吸引するのである。

咳やくしゃみにより、また呼気によりせっかく排出したコロナウイルスを、自分が吸い込むから重症化するのです。排出したコロナウイルスをすべて強力に吸引し、殺します、滅殺します。モーター部分、吸引部分にはダイソンのウルトラサイクロンSystemを採用!

 どうです、イケルでしょ!
 最初は業務用、次は家庭用の据え置きタイプ。最後は「ウエアラブル吸引器」だ。
 見た目は防毒マスク的なものになるのかな。すぐにお洒落なデザインに改良しよう。
 医療者は安心。「ウエアラブル吸引器」を付けたミュージシャンとお客だけのライブもありだ。

 商品名は「コロナキラー」「コロコロリ」? そのへん、大阪のほうですでに全部、商標登録してるかも。
 ま、自宅に閉じこもっていると、いろいろ妄想がつきないってことで。

 ちなみに私は、外出時は常にガムを噛み、必要に応じてマスクを着用し、就寝時は必ずマスクで、喉の粘膜を湿らせている。あと免疫力、その話はまた今度。

※ 画像は、某氏が最近撮影した靖国神社。木々の影から、午後の早い時刻と推察される。なんだこれ! 愕然とする光景だ。
 手水舎(ちょうずや)は、水の溜まりも柄杓もなく、竹の筒から水がちょろちょろ流れ落ちるスタイルだったという。コロナは人間たちに大きな影響を与えている。

 ←4月14日23時55分現在、週間INが90で4位~。

2020年4月13日 (月)

朝日新聞にだけ、新型オービスの大展開記事が!

 現在発売中の『ドライバー』、今月下旬に発売となる『ラジオライフ』に、新型オービス(新たな速度違反自動取締り装置。ネットではなぜか移動式オービス、移動オービスと呼ばれている)のうち東京航空計器(以下TKK)の可搬式・LSM-300について、恐ろしい話を書いた。
 『ドライバー』には1ページで、その震撼ぶりを分かりやすく、『ラジオライフ』ではなんと6ページで、1990年に姿を現した警察庁の野望からマニアックに。
 いずれも、TKKのLSM-300を警察庁は見限った、捨てた!? という結論だ。

200413-2 『ドライバー』の原稿を書き上げ送信した6日後、『ラジオライフ』の原稿を書き上げ送信した2日後、4月12日のことである。朝日新聞が「神出鬼没の可搬式オービス 速度違反どこでも取り締まり」と、ドラえもん氏も真っ青、驚きの記事を打った! 以下はその冒頭部分だ。右はスクリーンショット。

 道幅の狭い「生活道路」での交通事故を防ぐため、警察庁は今年度、どこでも速度違反の取り締まりができる機器「可搬式オービス」を全国に集中配備することを決めた。昨年度の計60台から計103台まで増やし、未配備の県をなくす。大津市で歩道上の園児らが死傷した19年5月の事故を受けた道路の安全対策の一環で、21年度以降も増やす方針だ。

 ネットに合わせて「移動式」と書かず、これまでなぜかメディアが嫌っているように思われた「可搬式」という正しい呼び方をしている。警察庁の意思が感じられる。

 記事は突っ込みどころが満載なのだが、わたし的にいちばん興味深いのは、どうやらこのネタを報じているのは朝日新聞だけらしい! ということだ。その理由は今月下旬に発売の『ラジオライフ』をお読みいただきたい。しっかり原稿料をもらって書いたことを、雑誌の発売前に、または発売中に、ぺらぺらしゃべるわけにはいかないのだ、信義上。

 ともあれネットは、「警察が移動式オービスの取り締まりを本格的に宣言した。大変だ!」とか盛り上がるのだろう。いやはや面白い時代を我々は生きている、と思う。

 警察庁からすれば「今井の野郎、うるせぇよ」かもしれない。でもどうか許してほしい。私はですね、ネットにあわせず「新型オービス」と呼び続けていることからも明らかなように、マイナーなマニアなのです。ネット社会にもテレビ新聞にも影響はないはずなので、「マニアは面白いことを言いやがる」とご笑納ならぬご笑読いただければ。そして、こっそりマニア情報をください、もちろん守秘義務に違反しない範囲で。うきゃっ。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」のほうは、しっかり地道に4月は以下の5号を発行した。

第2395号 被告人質問をしないと弁護人! 「本職は腹立たしい限り」と
 私が言うのも何だが、弁護士には変わり者が多いと思う。法廷でびっくりな言動を見せる弁護人がいる。今回の弁護人、まさか被告人の父親または祖父!? ※弁護士が刑事裁判の弁護人を務める。

第2394号 おばさん看護師、母親等との葛藤でまた行くのか刑務所へ
 看護師のおばさんは服役前科あり。ちょっと変わったケースだった。弁護人は、小柄だけども鍛え抜かれた昭和の頑固な軍人さんを感じさせるお年寄りで…! 編集後記は自転車取締りのびっくりデータ!

 以下の3号は4月10日にお知らせした

第2393号 「殺人、死体遺棄」の少年、ほかに手段はなかったと思います
第2392号 殺人で懲役10年、作業賞与金47万7千円、何に使い果たした?
第2391号 万引きで保護観察付き執行猶予中の女性が食品を大量万引き

 いま購読登録すると、以上5号がどどっと送信される。そして月末まであと8号が順次送信される。そこまで無料。自宅に“巣ごもり”の方にお勧めですっ。

 ←4月13日23時30分現在、週間INが110で4位~。

2020年4月10日 (金)

「殺人、死体遺棄」の少年、ほかに手段はなかったと思います

 この非常時に、右足首に痛風発作を得てしまった。

200312_20200410105901  どうせ裁判所へ行かないのだ、回復を急ぐ必要はない、まぁよかろう、と酒を飲んだらチョー激痛がきた! たまらず3日間、酒を抜いた。4日目に飲んだが、焼酎は控えた。今夜は晴れて焼酎を飲もうと思う。晴れてって何だよ(笑)。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患すると、痛風発作どころじゃない(場合がある)らしい。びびる。電車に乗って裁判所へ行く気にはなれないっす。

 私の場合、仕事的にはお出かけしないほうがいいのだ。在宅で書かねばならぬ原稿、書きたい原稿が続々とある。逆の立場の方も多いだろうわけで、そこは申し訳なく感じる。

 4月下旬発売の『ラジオライフ』に新型オービスについて6ページの記事を書かせてもらった。新型オービスとは「新たな速度違反自動取締装置」のこと。ネットでは「移動式オービス」「移動オービス」という呼び方で固まっているあれだ。

 1990年の読売記事で表へ出てきた“警察庁の野望”から始まり、2020年に続々と起こった激震エピソードまで。全国都道府県警察の方々に是非読んでほしい。30年間もこんなふうに見張り続けた馬鹿がいたのですよぅ(笑)。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は当分の間、これまで傍聴してきた約8600事件の中から、超絶マニアックデータの備考欄に二重丸や星印をつけてきた事件をレポートすることになる。4月は以下の3号を発行した。

第2393号 「殺人、死体遺棄」の少年、ほかに手段はなかったと思います
 ヤンキー立ちの若者は、殺す以外に道がなかったのだという。逮捕後、何を考え何をしてきたか、聞いて私は感動し胸が熱くなった。目の前にいるのは殺人犯ではあるのだが。閉廷後、両親が話すのをたまたま聞いた。嗚呼、そんな人生もあるのだ!

第2392号 殺人で懲役10年、作業賞与金47万7千円、何に使い果たした?
 昭和35年から刑務所を出たり入ったりの67歳。矯正教育の空虚ぶりを自らの人生で証明するかのようなオッサンなのだった。しかし検察官、裁判官に反省はなく…。

第2391号 万引きで保護観察付き執行猶予中の女性が食品を大量万引き
 保護観察付き執行猶予中、今度やれば必ず刑務所行き、しかもダブルで服役の瀬戸際に、「節約」や「癖」で万引きするか普通。その他のことからも病気と私は思う。しかし日本の司法に万引き病はないのだ。この女性もまた官僚司法の犠牲者といえるか。

 いま購読登録すると、以上3号がどっと送信される。そして月末まであと10号が順次送信される。そこまで無料。自宅に“巣ごもり”の方、試し読みしてみてください~。

※ 画像は歩道に打ち捨てられたマスク。持ち帰り、洗って使う? ネットオークションに出す? だめです! 遺失物横領(刑法第254条)になります。交番へ届けましょう。持ち主が現れなければ拾得者のものになります。ってそんなことで警察力を費消させるのは如何なものか。じゃあどうすりゃいいのか。悩む。

 ←4月10日11時10分現在、週間INが90で4位~。

2020年4月 5日 (日)

懲役4月、司法の良心!

 クレプトマニアの女性に対し家令和典裁判官が懲役4月の判決を言い渡したと、3月3日、東京地裁にいたマニア氏からメールあり。
 翌4日、朝日新聞が「独自」としてこう報じた。以下は一部だ。

保釈中の万引き、異例の減刑 窃盗症による心神耗弱認定
 万引き事件の保釈中に再び万引きをしたとして窃盗罪に問われた無職の女(53)に対し、東京地裁は3日、懲役4カ月(求刑懲役1年6カ月)の判決を言い渡した。家令和典裁判官は女が犯行時、重度の「窃盗症」(クレプトマニア)による心神耗弱状態にあったと認め、減刑する異例の判断を示した。

 マニア氏のメールには被告人氏名があった。私はぶっ飛んだね。
 メルマガ第2156号「骨格標本のような万引き病女性、22kg!」でレポートしたあの女性ではないか!
 勾留中に体重が22キロまで落ち、救急搬送されたのだそうだ。
 ヘアも、黒を基調とした服装もお洒落なのだが、顔は骸骨、体躯(たいく)は骨格標本というか。「ガリ痩せっ! よく生きてるねっ!」と私は傍聴ノートに書いた。

 万引きで執行猶予判決 → その執行猶予中に万引き → 懲役10月(求刑1年6月。※これを私は傍聴した) → 控訴 → 控訴棄却 → 上告。

 その上告中にまた万引きしたのが今回の事件なのだ。
 懲役4月は、異例どころか前代未聞のはず。私が知る限り、最高に下げても懲役8月だ。
 滅多に見られない、精一杯の「司法の良心」を、マニア氏と朝日新聞の記者、根津弥さんは目撃したわけだ。

2003311-2  朝日新聞の記事には赤い文字で「独自」とある。裁判所内で林大悟弁護士を見かけて傍聴してみたら、とかいうことかもしれない。
 なんであれ、記者発表を垂れ流すのではなく独自に取材し、記事を打つ。素晴らしい! 「弥」1文字はどう読むのだろう。わたるさん?

※ 新型コロナウイルス(COVID-19)でみなさん家飲みへ移行したのか、安い酎ハイが消えているスーパーもあった。
 画像は、ある日の私の家飲みの酒肴(というか夕食)だ。鰹のたたき、ほうれん草のごまかけ、鯖の竜田揚げ、白菜の漬け物、すき焼き煮、しめ鯖、わかめときうりの酢の物。鯖の味噌煮と鰯の甘辛煮。全部は食べきれず、少し翌日の酒肴になった。

 ←4月5日11時30分現在、週間INが60で4位~。

2020年4月 1日 (水)

あの被告人がまた同種犯行を!

 開廷表の被告人氏名をネット検索すると、尋ね人の掲示板がヒットすることがある。逮捕報道の被疑者氏名が私の超絶マニアックデータ内に見つかることもある。

 マニア氏から「これってあの人と思われ…!」旨のメールをいただいた。以下は3月25日付けのFNN PRIMEニュースだ。

厚労省の看板に墨汁 「年金に不満」 
20200331-2  東京・霞が関にある厚生労働省の看板に、墨汁をかけた70代の男が現行犯逮捕された。
 24日午後1時半すぎ、厚労省の警備担当者から、「看板に赤い墨汁がかけられた」と110番通報があった。
 警察官が駆けつけたところ、厚労省前にいた70代の男を、軽犯罪法違反で現行犯逮捕した。
 警視庁の調べに対し、男は「年金に不満がある」などと話しているという。
 霞が関では先週、総務省の看板にも黒い墨汁がかけられる事件が起きていて、警視庁は関連を調べている。

 氏名は伏せられているが、年齢、罪名、犯行場所、態様、動機、すべてから「あの人」と認められる。
 「あの人」とは、メルマガ第2297号「消えた年金の被害者76歳、総務省の庁名板を汚損し」の被告人だ。以下にその号の一部を。起訴状の内容に対する認否(被告人意見)を尋ねられ…。

被告人 「被害届け、出てることになってるけど…私は総務大臣から被害届けを欲しいんですわ…平成15年から年金、一切もろてないんですわ…厚生年金…」
裁判官 「ちょっと待ってくださいね」
被告人 「それで、私が言いたいのは…消えた年金ゆうて…第三者委員会を…」
検察官 「裁判長、被告人は、罪状認否ではなくて、持論を述べているもので…」
裁判官 「事実関係でどこか間違っているところはありますか?」
被告人 「間違ってる間違ってないって、私はね15年間、厚生年金、一切もろてないんですわ」
裁判官 「それはのちほど…まず公訴事実について…」
被告人 「私が言いたいんは、消えた年金…5千万円…!」

 「…」は私がメモしきれなかった部分だ。実際には被告人はこの何倍も述べている、というかまくしたてている。
 一審判決は1月28日。私は傍聴できず、マニア氏から聞いた、非常に珍しい「拘留20日」だったという。
 その被告人が、同種のことをまたやったわけだ。被告人の言い分によれば、もらえるはずの厚生年金を15年間ももらっておらず、どこへ言っても相手にされず、ということなのだろうけど。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染して重篤な状態になることなく、こんな言い方はすごく変だけど、元気で法廷へ出てきてほしい。私は後輩だが、先輩(人生の先輩)の裁判を元気で傍聴したい。

 そんな事件についてもレポートするのが私のメルマガの社会的役割という、まぁ宣伝と受け取っていただければ。

 これは私のアフィリエイトだが、1870円ってなんだ! 馬鹿高い! ナニが送料無料だ、私はつい最近これをスーパーで298円(+税)で買ったよ。ま、でも、“商売”とはそんなもんなのか。

 ←4月1日21時00分現在、週間INが80で4位~。

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »