フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« スーパー買い占めクラスター | トップページ | 懲役4月、司法の良心! »

2020年4月 1日 (水)

あの被告人がまた同種犯行を!

 開廷表の被告人氏名をネット検索すると、尋ね人の掲示板がヒットすることがある。逮捕報道の被疑者氏名が私の超絶マニアックデータ内に見つかることもある。

 マニア氏から「これってあの人と思われ…!」旨のメールをいただいた。以下は3月25日付けのFNN PRIMEニュースだ。

厚労省の看板に墨汁 「年金に不満」 
20200331-2  東京・霞が関にある厚生労働省の看板に、墨汁をかけた70代の男が現行犯逮捕された。
 24日午後1時半すぎ、厚労省の警備担当者から、「看板に赤い墨汁がかけられた」と110番通報があった。
 警察官が駆けつけたところ、厚労省前にいた70代の男を、軽犯罪法違反で現行犯逮捕した。
 警視庁の調べに対し、男は「年金に不満がある」などと話しているという。
 霞が関では先週、総務省の看板にも黒い墨汁がかけられる事件が起きていて、警視庁は関連を調べている。

 氏名は伏せられているが、年齢、罪名、犯行場所、態様、動機、すべてから「あの人」と認められる。
 「あの人」とは、メルマガ第2297号「消えた年金の被害者76歳、総務省の庁名板を汚損し」の被告人だ。以下にその号の一部を。起訴状の内容に対する認否(被告人意見)を尋ねられ…。

被告人 「被害届け、出てることになってるけど…私は総務大臣から被害届けを欲しいんですわ…平成15年から年金、一切もろてないんですわ…厚生年金…」
裁判官 「ちょっと待ってくださいね」
被告人 「それで、私が言いたいのは…消えた年金ゆうて…第三者委員会を…」
検察官 「裁判長、被告人は、罪状認否ではなくて、持論を述べているもので…」
裁判官 「事実関係でどこか間違っているところはありますか?」
被告人 「間違ってる間違ってないって、私はね15年間、厚生年金、一切もろてないんですわ」
裁判官 「それはのちほど…まず公訴事実について…」
被告人 「私が言いたいんは、消えた年金…5千万円…!」

 「…」は私がメモしきれなかった部分だ。実際には被告人はこの何倍も述べている、というかまくしたてている。
 一審判決は1月28日。私は傍聴できず、マニア氏から聞いた、非常に珍しい「拘留20日」だったという。
 その被告人が、同種のことをまたやったわけだ。被告人の言い分によれば、もらえるはずの厚生年金を15年間ももらっておらず、どこへ言っても相手にされず、ということなのだろうけど。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染して重篤な状態になることなく、こんな言い方はすごく変だけど、元気で法廷へ出てきてほしい。私は後輩だが、先輩(人生の先輩)の裁判を元気で傍聴したい。

 そんな事件についてもレポートするのが私のメルマガの社会的役割という、まぁ宣伝と受け取っていただければ。

 これは私のアフィリエイトだが、1870円ってなんだ! 馬鹿高い! ナニが送料無料だ、私はつい最近これをスーパーで298円(+税)で買ったよ。ま、でも、“商売”とはそんなもんなのか。

 ←4月1日21時00分現在、週間INが80で4位~。

« スーパー買い占めクラスター | トップページ | 懲役4月、司法の良心! »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スーパー買い占めクラスター | トップページ | 懲役4月、司法の良心! »