フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 東京地裁“あるある”、家族が傍聴できない | トップページ | 新型オービスのさらに新型について開示請求のドタバタ劇(笑) »

2020年9月20日 (日)

「最高気温」は官庁発表のタテマエ報道

 もうだいぶ涼しくなってしまったが、8月の終わり頃、メルマガ第2455号「競馬と出会系のメールを約22億通、約2千万円を稼いだ若者」の編集後記にこう書いた。若干加筆等する。

 

 興味深い話を聞いた。
 日々のニュースのトップが「猛暑」になる時期、全国最高気温をゲットすると報道陣が殺到し、地元のあれこれが全国報道されたりして、広告宣伝効果が大きいのだそうだ。

 一時期、群馬県の館林(たてばやし)市が何度も最高気温をゲットした。
 ところが…。
 報道発表の気温っていうのは、お役所が決めた場所での測定値であるところ、館林市は普通より気温が高い場所で測定してたらしい。
 適切な場所に変更したら、最高気温ランキングに館林市は登場しなくなった…。

 場所を変更する前、実際には館林市より栃木のどこかの市のほうが若干高温だった。
 栃木のその市の人たちは館林市のことを「うそばやし!」と言って悔しがった…。

 毎日毎日、どこそこが観測史上最高気温だったとか報じられる。今日の最高気温予想が報じられる。
 でもあれって、気象庁の観測所の気温なわけだ。 ※地域気象観測所一覧(PDFファイル)

20200830-2

 画像は東京の観測施設だ。
 広い皇居のそばの北の丸公園、東京都心ではかなり環境の良い場所といえる。

 だが、周囲はコンクリートのビル群、無数のエアコンの室外機がゴーゴーと熱風を吐き出し、焼けたアスファルトの上で、焼けた金属の自動車群のエンジン熱が…。
 そういう場所は東京都内にはいくらでもある。

「ニュースによれば今日の最高気温は33度。ちょっと低めだな。今日は頑張って、外仕事をいくつか片付けとこう」
 なーんて思ったら、じつは“実勢気温”は40度近く、ニュースを鵜呑みにしたがために熱中症に、というケースがちらっとあったりするんじゃないか。

 実勢気温を中心にすえた報道をすればいいのに、と私は外野だからお気楽に思うけど、誰にも制約がある。
 記者クラブメディアは気象庁の発表を重んじなければならない。気象庁の発表は実態にそぐわないぞと印象づけるような報道は厳に自粛しなければならない、そういう麺も、いや面もあるのかな。

 

 とまぁそんなことを編集後記に書いた。
 官庁発表のタテマエ報道、私の専門である新型オービス(ネットでは移動式と呼ばれる)なんかばりばりそうだ。
 でもね、おかげで私の仕事が成り立っている、とはいえる。近々、新型オービスのうち可搬式について大スクープ情報が手に入る予定だ。楽しみでしょーがない!

 ←9月20日10時30分現在、週間INが90で3位~!

« 東京地裁“あるある”、家族が傍聴できない | トップページ | 新型オービスのさらに新型について開示請求のドタバタ劇(笑) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京地裁“あるある”、家族が傍聴できない | トップページ | 新型オービスのさらに新型について開示請求のドタバタ劇(笑) »