フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 新型オービスならぬ“珍型オービス”!? | トップページ | 「光電管式」の「移動式オービス」? »

2020年10月 1日 (木)

LSM-300がダメなら「LSM-310」で!

201001lsm310c  2020年3月末までに整備された可搬式オービスは、全国で60台。うちたぶん9割は東京航空計器(以下、TKK)のLSM-300だ。
 しかし警察庁はLSM-300に見切りをつけた思われる。取締り装置としては使い物にならなかったようだ。

 TKKは、というかTKK推しの一派はあきらめて引き下がるのかと思いきや、なんと「LSM-310」を売り出してきた!
 そのスクープ文書を10月1日、「ドライバー」のWebサイトに載せた

 当ブログ記事に載せたのはその仕様書の一部だ。確かに「LSM-310」とあるでしょ。
 マニアックな解説等は、10月下旬に発売の「ラジオライフ」本誌に書かせてもらう予定。

 可搬式オービスに、上記一派はどうしてそこまで頑張るのか。
 単に神出鬼没の新しいオービスってことじゃなく、大きな新制度の誕生、大きな新市場、新利権につながるからじゃないのかな。

「なんの話? 移動オービス、移動式オービスとは関係あるの?」

 とおっしゃる方もおいでだろう。そのことについては、申し訳ない、毎回言及するのに飽きちゃって(と言いつつときどきは言及しますが)、解説記事を設けました。ご覧いただければうれしいです。

 ←10月1日17時40分現在、週間INが90で3位~!

« 新型オービスならぬ“珍型オービス”!? | トップページ | 「光電管式」の「移動式オービス」? »

速度取締りの新時代!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型オービスならぬ“珍型オービス”!? | トップページ | 「光電管式」の「移動式オービス」? »