フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月の8件の記事

2020年12月26日 (土)

母親以外を知らず3カ月で消えた命

 また1年が終わろうとしている。
 今年の重大ニュースは、コロナ禍で傍聴席が最初約3分の1に減らされ、その後きっかり半分にまで減席が緩和された、それがひとつ挙げられるかなぁ。

 12月25日現在、本来20席の法廷は10人でもう満席だ。その前は8人で満席だった。
 東京地裁においてはもともと、傍聴人が早々と行列をつくって席を埋め、被告人の家族が座れない(=傍聴できない)ということがよく見かけられたが、コロナ減席によりその“東京地裁あるある”がさらに頻繁になった。いや、コロナで学生、生徒さん、企業等の団体傍聴が消えたから、どっちもどっちかなぁ。

 どっちにしても、他人の裁判へ無関係の者が押し寄せるとは、被告人の家族は露も思わない。そして多くの弁護人は傍聴席のことにまったく無関心だ。
 逆に検察官は、被害者等のために特別傍聴席(いわば取置席)を1つか2つとることがよくある。そしてその特別傍聴席は最初から最後まで無人ってことが多い。

 そういうところにも、検察官と弁護人、刑事裁判についてのプロフェッショナルぶりの差をちらっと読み取ったりなんかする面倒くさいメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、12月は以下の7号を発行した。

第2497号 日本堤のマンションの一室で産まれ、母親以外を知らず3カ月で消えた命
 3カ月の女児を放置して外出、死なせて逮捕と実名報道され、ネットで総攻撃された事件。その「保護責任者遺棄」を傍聴した。逮捕報道では触れられず、したがってネット民が知るはずもない話が…。

第2496号 13時12分に来店、約10時間もめて23時15分に逮捕、モンスターカスタマー?
 求刑は罰金30万円なのに、検察官の論告はなんと40分間も! 判決は2カ月半後! こりゃあ有罪が難しい事件なのかっ?

 以下の3号は12月19日にお知らせした

第2495号  ウーバーイーツの仕事が激減、無性にムラムラして女性の体を触りたく

第2494号  ネット通販を騙して1724万円を荒稼ぎ、親が3400万円を弁済したが息子は刑務所へ

第2493号  懲役前科4犯の「あおり運転」。ニュースはいつも他人事、カッとなったら止まらない

 以下の2号は12月8日にお知らせした

第2492号  SNSで自称セレブの31歳女性、職務質問から逃げてベンツを時速121キロで運転し

第2491号  「強制わいせつ致傷」で起訴され保釈中に、電車内で陰茎露出、自慰行為をしながら痴漢

 いま購読登録すると以上7号がどどっと送信される。そして12月末まであと2号が順次送信される。あと2号、どうしよう。

・ 被告人が初っぱなメッチャメチャ暴れ叫んで退廷となったストーカー事件。その弁護人がなんと…
・ 「俺はコロナだ」「濃厚接触者の会」とのTweetが「偽計業務妨害」とされた有名システムエンジニア氏
・ オリンピック系スポーツの“偉い人”によるストーカー、真っ向否認
・ 重度のクレプトマニア。かにクリームコロッケを手に取ってから記憶がない
・ 容姿が好きな女性をコンビニで見つけ、無施錠のベランダから侵入。陰部に顔を近づけ…
・ シャブ密輸事件、検察官による弁解録取書作成の録画映像を再生しつつ被告人質問。すごっ!
・ 某女子校でのイジメがこんな形で法廷へ! それをネットの匿名者が!

201223  等々いろいろある。ほとんど来年送りとなる。総理官邸内での傷害事件(報道一切なし)は、来年の期日を傍聴してからまとめてレポートしよう。
 今年中に、だからメルマガ原稿を2本書き、雑誌原稿を1本書き、そのほかネット原稿を3本ほど書きたいのだが、どこまでできるか。

 画像は最近の酒肴。ほうれん草のバター炒めと卵炒めとブロッコリ、家人が見つけたうまい惣菜店の肉団子、スーパーで半額の鶏肉。クリスマスだもの(笑)。

 アサヒのザ・レモンクラフト、原材料名に「糖類」の2文字があるのは気にくわないが、従来の酎ハイにない、非常に珍しい味だ。レモンの果皮を多く使用してるのかな。てかこんな子供が嫌がりそうな味のものを、よっく発売したね。甘いばかりの酎ハイに嫌気がさした酒飲み層を狙ったか。容器のデザインも良いと思う。また飲もう、うん。

 ←12月26日12時00分現在、週間INが60で2

2020年12月25日 (金)

新型コロナ、いよいよ本格的にヤバイ!?

 メルマガ第2489号と第2490号でご報告した凄い事件の、被害者である「A女(えーじょ)」の証人尋問(15時~16時30分)を傍聴に12月25日(金)、東京地裁へ行ったわけだ。絶対見逃せない!

 午前に原稿を1本送信し、開放感もあり、午後いちから出かけた。

 まずは13時20分、「道路交通法違反」の判決を傍聴させてもらおう…。
 そばの民事の法廷の開廷表をちらっと見たら、13時10分から「故意殺人損害死亡罪請求事件」の弁論期日(判決言渡し)があった。なんだそれっ! 捨て置けないじゃないか、傍聴した。

 13時30分から東京高裁のほうで、3年前に朝日新聞が「車4台が事故1人死亡2人重体 長野、5人重軽傷」と報じた事件の控訴審判決。それを傍聴しよう…。

 ところが、阿曽山大噴火さんが東京地裁の狭い法廷へ急ぐのを見かけた。法廷前に行列ができていた。えっ、何かあるの? 阿曽山さんに尋ねてみた。制服フェチ関係の事件らしい。
 うーん、どうしよう。流れに身を任せるのも大事と、そっちを傍聴した。

 そのあと、ある事件をちらっと傍聴して、私は驚愕した! 被告人は身柄(拘置所)、なのはいいとして、その両側を固める刑務官2人が、どう表現していいんだろ、白く大きな防護エプロンを着け、1人はゴーグルを、1人はフェイスシールドを着けているのである。もちろんマスク着用のうえで。死体処理場の吏員、のような印象を私は受けた。

 終わって見知りのマニア氏に尋ねた。あの被告人は何の感染症?
 びっくり、被告人が問題なんじゃなく、東京拘置所でコロナ感染があり、その関係で刑務官があんな異様な格好をしていたんだそうだ。
 その時点ですでに阿曽山大噴火さんがTweetしているという。私もあとで見た、これだ

 15時からの狙いの事件、の被告人も身柄(拘置所)で、刑務官は同じ装備だった。マジ、東京拘置所が大変なことになったらしい。
 そんなことより、狙いの事件はいきなり…! 詳細はあとでメルマガでご報告したい。

 

20201225  その審理は17時近くまでかかり、帰りの電車は混んだ。
 ぎゅう詰めじゃないけどもかなり混んだ状態の車内の、近くに、マスクから鼻をすっかり出したオッサンが2人、マスクを引っ張って隙間をつくりはぁーっと息を吐く妙な男が1人、ずっとしゃべり続ける若いカップルが1組、いた。
 これだけ重なるのは私は初めてだ!

 帰宅してパソコンで東京都のWebサイトを見たら、コロナ検査の「陽性率」が7を超え、8に迫ろうとしていた。

 怖いのは無症状の状態の感染者だ。どんどん検査して無症状の者を隔離、治療していけばいいと私は思う。検査の信頼性が70%だとしても、漏れるのは30%だ。検査せず100%漏らすより断然良い。

 私はそう思うのだけど、日本国はとにかく検査を減らし、無症状状態の感染者を野に放つ方針だ。なぜ? 天下りがからんでるんじゃないかなと私は想像する。詳しい話はまた今度。

 以上を総合勘案して、12月28日(月)は出かけないことにした!
 12月28日(月)は気になる色情事件を傍聴し、マニア氏らと銀座晩杯屋で一杯やるつもりだったが、ヤメました!
 攻めるところは頑張って攻め、退くべきと感じたらすぱっと退く、これも「流れに身を任せる」の極意の一部、と私は考えている。何言ってっか分かんない? ですよねぇ(笑)。

 ←12月25日22時10分現在、週間INが70で2。 ←ランキングのサイトがリニューアルされたっ。

2020年12月22日 (火)

開廷表を書き写してさらす匿名者が出現!

Img_1245_20201222221701  裁判を傍聴して仕事場へ戻り、いつものように超絶マニアックデータへの入力作業をしたわけ。 ※画像は東京高地簡裁合同庁舎。
 実刑判決(※)だった事件の被告人氏名でネット検索してみた。 ※罰金の実刑じゃないよっ。

 逮捕報道は一切なかった。報道の転載もヒットなし。報道されなかったのかも。
 ある企業の取締役氏に関するページがたくさんあった。幅広くいろんなことをしているらしい。

 被告人の氏名は、だから取締役氏の氏名も、けっこう珍しい部類だ。
 取締役氏=本件被告人なのかっ。
 たいへんな被害を生じさせ、まだ取締役でいるのか。幅広くいろんなことをしていると、まだ世間にアピールし続けるのか。

 取締役氏の画像があった。見た。なんと、ぜんぜん違う! 被告人とは同姓同名の別人なのだった。
 驚いた。こんな珍しめの氏名なのに、漢字が全部一致ってことがあるんだね~、と思った。

 それでだ、じつはネット検索で、どう表現していいのだろう、その取締役氏と同姓同名の者が東京地裁の被告人になったという投稿が…。

 嗚呼ややこしい。要するにだね、東京地裁(だけじゃない)の日々の開廷表を、どうやらぜんぶ裁判所で書き写し、それをネットの匿名掲示板にがっちりアップし続ける匿名者が、何か月前だっけもう1年ぐらいになるんだっけ、現れた。
 その匿名者が匿名投稿した匿名掲示板が、本件被告人の(=取締役氏)の氏名でヒットするのだ。

 今どき、ネットで氏名検索する人は多いでしょ。
 取締役氏の氏名でネット検索した、たとえば取引先とかイベントの主催者とか、「うわ、そういう人だったのか」となり、理由を言わず取引を断る等、十分にあり得る話ではないか。
 また、本件被告人が服役を終えて社会に出て、就職しようとしたとき、ネット検索されて就職を断られるかも。

 その匿名者は、開廷表は公開だからいいのだ、と考えているのかもしれない。
 だが、その日来庁した人だけが見るのと、世界に対して半永久的にかさらすのとは、ぜんぜん違う!

 今回はとりあえずそこまで。
 今日はすごいのを傍聴しちゃって、ちらりご報告したいのだけれど、匿名者による実名の匿名投稿と照合されるとヤバイ、ので伏せる。

 あの匿名報道が、逮捕報道のない被告人の人生を、その家族や関係者の人生を狂わせることは十分にあり得るだろう。もう起こっているかもしれない。
 匿名者が誰か、裁判所はすぐに調べられるはず。もうご存知かもしれない。どんな手を打つのか。

 ←12月22日22時20分現在、週間INが80で2

2020年12月19日 (土)

ニュースはいつも他人事、カッとなったら止まらない

 12月17日、東京都で新たに822人感染! 18日、東京都で新たに664人感染!

20201219  とは連日報道されるけれども、1万人を検査して822人か、5千人を検査して664人か、とにかく検査数についてメディアは興味がないか、または意図的に無視しているか、どっちかと思われる。
 分母を無視して分子だけで大騒ぎする、この祭りをおかしいぞと、感じる私がアホなのか。

 アホついでに言わせてもらえば、Gotoトラベル、移動が感染を広げると言われるが、何百キロ以上がヤバイのか、県境をいくつ越えるとヤバイのか、東西南北どの方向への移動がヤバイのか、高低差(海抜)はどうか、そういう話がどうも出てこない。
 思うに、移動自体は感染とは関係ないんじゃないかな。

 会食は5人以下に、と国民に言っておいて総理大臣は高齢者8人で忘年会、これはつまり、やっぱり大人数で会食して経済を回しましょうよという、総理大臣からの明確なメッセージかと解される。

 世間はどうもおかしい!

 ということを、長年の裁判傍聴をつうじても否応なく感じる。報道された内容(=ほぼすべては警察の逮捕発表)とはぜんぜん違うじゃーん! 「犯人」のほうが被害者では? 裁判は真実追究の場じゃないよね~! ということがよくあるのだ。
 そういうところを見張って伝えるのは私の社会的役割かと。メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、12月は以下の5号を発行した。

第2495号 ウーバーイーツの仕事が激減、無性にムラムラして女性の体を触りたく
 鬱屈した日々、かなりの量の飲酒をして無性に女性の体を触りたくなり…。酒で前頭葉が壊れた状態になりとんでもないことをやらかす者がよくいる。そのことをしかし日本の刑事司法は絶対に認めないのである。

第2494号 ネット通販を騙して1724万円を荒稼ぎ、親が3400万円を弁済したが息子は刑務所へ
 表題の件と、もう1件、ネットマルチ商法。逮捕から1年半以上も続けてきた公判前整理手続きを検察官も弁護人も無視って、んなバカな(笑)。編集後記は、拙宅へも犯罪者が来訪した件。びびるよね~!

第2493号 懲役前科4犯の「あおり運転」。ニュースはいつも他人事、カッとなったら止まらない
 続々と報道される俗称「あおり運転」。その1つを傍聴した。なんと…! こんなこと報道からは想像もできない。

 以下の2号は12月8日にお知らせした

第2492号 SNSで自称セレブの31歳女性、職務質問から逃げてベンツを時速121キロで運転し
第2491号 「強制わいせつ致傷」で起訴され保釈中に、電車内で陰茎露出、自慰行為をしながら痴漢

20201219-1  いま購読登録すると以上5号がどっと送信される。そして12月末まであと4号が順次送信される。これまでだいたいどんな感じなのを発行してきたか、バックナンバーをちらっとご覧いただければ。

 

 画像はいずれも東京都のWebサイトより。12月中頃と7月の終わり頃を比べると、「陽性率」はあまり変わらない。検査人数が約2倍に増えたんだね。
 東京都の人口は約1400万人。その6.7%は、私の計算に間違いがなければ約93万8千人。間違ってたらごめん。

 市中の生活者にとって怖いのは無症状感染者だ。しかし国は、どういう利権かメンツかPCR検査を嫌う。嫌がる。ゆえに我々は、自らの鋭い眼光で無症状感染者を見破らねばならない。

 マスクはコロナウイルスの吸入を相当程度減らすそうだ。マスク不装着者は、マスク装着者よりだいぶ多くコロナウイルスを吸い込む。マスク不装着者は感染しやすく、したがって無症状感染者が、マスク装着者より多いと考えられる。
 そしてマスクは、コロナウイルスの排出を相当程度減らすそうだ。逆に言えば、マスク不装着者はコロナウイルスをぞんぶんにまき散らすってことだ。

 だからつまり? そう、マスク不装着には近寄るなぁ! という私のこの結論は正しいのかどうか。
 歩道や駅の通路やホームや電車内で観察していると、どうだろ100人か200人に1人かな、マスク不装着者がいる。もちろん十分な距離をおき、じーっと見て、どんな背景の人なのかなぁと想像をめぐらす、それがこの時代の新しい趣味だ、間違いないっ。

 ←12月19日11時10分現在、週間INが80で2

2020年12月13日 (日)

保険で修理詐欺!

 12月10日(木)、午後から裁判所へ行き、早めに銀座の晩杯屋へ行く予定だったの。ところが6日(日)だっけ7日(月)だっけ、なんとまた痛風発作を得てしまった。
 9日(水)、どうにかひょこひょこ裁判所へ出かけた。10日(木)には治るか。いや、どうもダメで、10日(木)は休んだ。

 休んでせっせと原稿を書いていたら…。

 すっかり暗くなった17時20分頃か、拙宅に来訪者あり。近所で工事をしておりそのお知らせ、とのことで私は玄関ドアを開け、対応した。
 相手は30歳前後か30代前半と思しき男だった。メガネ着用、スーツ姿ではなく、紺色系のジャンパーだったように記憶する。
 男が話した内容は、おおむねこんな感じだった。

「そこを曲がって次を左へ行った先の、そうあそこです、あそこの中村さんのお宅へ、こないだの台風で雨樋とか壊れたのを火災保険で修理に来まして…」

 中村さんを私は知らないが、男が言う「あそこ」はだいぶ距離がある。近所で工事のお知らせってのはときどきあるが、ん? 怪しいぞ。
 しかし私は、男がしゃべるままにした。

「中村さんとこちらを通りかかったら、お宅の雨樋(あまどい)が傷んでいるのを見て、あれも保険で修理できるんですよねえと話したんです。保険会社から郵便がきて、それに記入すればいいですから…」

 そんなふうなことを、じつにニコニコとすらすらと、もっとたくさん男は話した。
 私は思った。こりゃ詐欺または詐欺的悪徳商法っぽいな? だいぶ熟練か? それとも真実か?
 男のネームプレートにある氏名と会社名をメモさせてもらい(男は拒否しなかった)、私はついこんなことを言ってしまった、にこにこと。

「分かりました。中村さんですね、まず当たってみますわ」

 すると男は「よろしくお願いします」か何か言い、急に、でも特に不自然ではなく、去った。
20201213-1  私は仕事場へ戻り、会社名と「雨樋」でネット検索してみた。
 なんとっ、Yahoo!でもGoogleでも1ページ目に、独立行政法人国民生活センターの2018年9月6日付け報道発表資料「「保険金を使って住宅を修理しませんか」がきっかけでトラブルに! -高齢者からの相談が増加しています-」というのが出た。うわお、まさにこれじゃーん!

 もう外は真っ暗だが、私は中村さん宅へ行くことにした。だって、もしも中村さんが引っかかって高額請求されていたら、可哀想じゃないか。

 その一画にある10数軒、全部表札が掲示されていた。ありがたい。しかしっ、嗚呼やっぱりというか、中村さんは1軒もなかった。
 うち1軒のご主人がちょうど帰宅し、念のため私は尋ねてみた。ここらに中村さんはいないという。
 さすが詐欺的悪徳商法、そんなうそをつくんだねえ。中村さん、ねえ。

 驚くのは、国民生活センターが2018年9月に報道発表したネタが2020年12月にも使用されているってことだ。うーん。
 私は思うんだけど、今や特殊詐欺は一大産業にまで発展したわけでしょ。悪徳商法は後を絶たないし、ネットは犯罪者だらけ。そこに特化したTV番組をつくったら、視聴率ぶっちぎりじゃね? そういうバラエティ番組が頑張ったら、詐欺被害はだいぶ減るんじゃね? ダメっすかね~。

 中村さん宅を探したり興奮してるから、原稿が進まない。私のせいばかりじゃない、こともあるのだと、申し上げておきたいです。💦

 ←12月13日21時40分現在、週間INが60で2。ポイントが減って順位が上がった!

2020年12月 8日 (火)

「強制わいせつ致傷」で起訴され保釈中に、電車内で陰茎露出、自慰行為をしながら痴漢

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は2009年12月創刊。ついに11年目に突入した。読み支えてくだすった方々に深く感謝したい。

  当初は1万部を目標にしていた。月額100円のうち私の取り分は60円。 ※消費税の扱いは私はよく知らない。
 1万部なら月60万円。10万部なら月600万円。計算あってるかな?
 温泉宿に宿泊しつつ地方の裁判所を巡るか、東京地裁(東京高地簡裁合同庁舎)の1室を買い取るのもいいね。自民党にどかんと裏献金してお友だちになれば可能でしょ、なーんて夢はふくらんでいたのだが…。

 だんだんと自覚が深まった。結局私は世間受けを狙うタイプじゃないのだ。新型オービスのことだって「移動式オービス、ヤバイぞヤバいぞ」の流れにのらず、「どうやら警察庁内にTKK推しの一派がいて、しかしLSM-300は使い物にならないようだ」なーんてことを1人ぼっちでずっと書いている。ダメじゃん(笑)。

 ならば同メルマガは何なのか。そうだなぁ、メジャーな世界の外側の、誰も入り込んだことのない黄金郷、と言っちゃ言い過ぎなのは明らか。でもまぁそんな辺りを目指そうと思う。
 12月は以下の2号を発行した。

第2492号 SNSで自称セレブの31歳女性、職務質問から逃げてベンツを時速121キロで運転し
 「SNS虚飾人生」などとも報じられた女性が、体内に覚醒罪を使用した状態でとんでもない重大交通事故を! 歩道を歩いていて殺された被害者(34歳男性)が、その家族が可哀想すぎる! しかし被告人は軽く首をかしげてのけぞり…。

第2491号 「強制わいせつ致傷」で起訴され保釈中に、電車内で陰茎露出、自慰行為をしながら痴漢
 10年前は逃げのびたのに、同種犯行をまたやって逮捕。DNA鑑定で前の事件が発覚。起訴後に保釈され、なんとまた同種犯行を! 酒で前頭葉が壊れるタイプかと思われ…。

201021  いま購読登録すると以上2号がどっと送信される。そして12月末まであと7号が順次送信される。これまでだいたいどんな感じなのを発行してきたか、バックナンバーをちらっとご覧いただければ。

 ところで、今年はさすがに「裁判傍聴マニアの大忘年会」をやりません。てか私が呼びかけることはしません。新年会もまぁやらないと思います。
 ただ、「裁判所からの帰り、銀座の風通しの良い立飲屋で、16時台から1時間程度ちらっと、どうしても飲みたいんです。1人じゃ怖いので付き合ってもらえませんか」と裁判所内で声をかけられたら、うーん、行っちゃうかも(笑)。
 画像はその立飲屋の酒肴だ。左は煮込み。130円かそれぐらい。右は日替わりのイカ刺し、250円だっけ。旨かったな~。

 ←12月6日23時50分現在、週間INが80で3

2020年12月 6日 (日)

Gotoトラベルで近江町市場は大盛況!

2011294  メルマガの編集後記で書いた話なのだが…。

 先日、石川県金沢市にちょと用事があり、Gotoトラベルを利用して北陸新幹線で行ってきた。
 金沢へ行けば、なんとか時間をつくって近江町(おうみちょう)市場へ寄りたいと思うじゃないか。
 今回も立ち寄った。2つのことに驚愕した!

   1つは、場内が大いに様変わりしたことだ。けっこう前からその傾向はあったが、今回私が歩いた範囲はもう完全に観光客向け! “庶民の台所”ではなく、ばりばり観光地になってしまった。
 どうやら地元では賛否両論というか、問題になっているらしい。

 もう1つは、観光客で押すな押すなの大盛況だったこと!
 コロナ第3派が爆発して金沢も閑散としているだろう、と読んで出かけたのだが、大外れ。寿司店はどこも大行列、東京地裁の色情裁判ですかって感じ(笑)。市場の駐車場はずらり県外ナンバーだらけだった。

 こりゃかなわん! 私は、同行者(非地元者)に教わり金沢駅の駅ビル内にあるスーパーへ。
 立地的に観光客向けの品々も多いのだがお客は少なかった。刺身等の惣菜と珍しい菓子とちょと高級なワンカップなどを買い、ホテル(普段よりちよと高級)で軽く一杯やったのであった。刺身も惣菜も旨かったよぅ。

 

 新型コロナ関連で、是非ご覧いただきたいものがある。
 東京都のWebサイトの「都内の最新感染動向」というページだ。そこの「モニタリング項目(4)」というところに、現在はこんなのが表示されている。

検査の陽性率 6.4 %
12月4日 の数値(7日間移動平均値をもとに算出)
(前日比: +0.1 %)

検査人数 5,972.3 人
12月4日 の数値(7日間移動平均)
(前日比: -465.4 人)

 陽性率6.4%ってことは、1000人中64人が感染している、ということなのかどうか。
 感染してそうな人ばっかり検査したので、実際には1000人中の感染者は32人程度なのか。

 「テーブルを表示」というのをクリックすると過去のデータが出る。
 今年2月下旬からの陽性率があり、その推移は非常に興味深い。

 でもっ、日々のニュース報道は、感染者が昨日は何人、今日は何人と、そこの数字にだけやたらこだわる。スポーツの試合の得点数字だけ実況中継しているかのようだ。

 どういう基準で検査を何件おこなったのか、陽性率はどうか、私なんかはそこが大事と思うが、日々のニュース報道は…。新型コロナにより浮き彫りになったものがいろいろあると言われれる、うーん。

 ←12月6日23時50分現在、週間INが70で3

2020年12月 2日 (水)

Windowsパソコンが突然フリーズ!

2011298  パソコンの電源を切ってからほぼ2日後、電源を入れた。
 立ち上がりにちょっと違和感を覚えた。長いスリープだったときのような立ち上がり方、かな?
 PINを入力、いろんなアイコンが並んだ画面が出た…。

 突然そこで固まってしまった!
 てか妙な固まり方だ。カーソルは動くが、左右クリックは反応なし、キーボードも反応なし。
 強制終了してまたPINを入力。同じだ。


 もう壊れたのかっ!
 メーカーに電話した。
 なんと、Windowsではそういうことがたまにあるんだという。
 キーボードの左下のほう、旗がひらめくようなWindowsの絵のキー、それを1回ぽんと押してみてくださいと電話対応のお姉さんは言う。
 1回ぽんと押してみた。
 あら不思議、直った!

 過去に1回も、私はそのキーを押したことがない。相手にされないとすねるプログラム?
 なんにしてもパソコンは怖ろしいなと改めて痛感…いやいや、人もパソコンもときに不調が起こり、いつか死ぬ、そういうことかと。

 突然つながりでもうひとつ。
 当ブログのアクセス解析によれば、1日のアクセス数はだいたい200数十だったところ、12月1日(火)が突然144になった。以前も突然減ることがあった。どこかで何かが為されたんだろうと思う。

※ 画像は、金沢へ向かって走る北陸新幹線の車窓から、富山付近で撮ったもの。雲はよいねえと雲見坂雲國斉。左端の柱様の構造物が斜めになっている。あんな斜めの構造物があるとは考えにくい。カメラのせいか、速度のせいか。

 ←11月28日22時10分現在、週間INが60で3

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »