フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月の9件の記事

2021年1月30日 (土)

「あなたたちは人を愛したことがないのですか!」とストーカー犯は叫び

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、1月は以下の8号を発行し終えた。

第2507号 「あなたたちは人を愛したことがないのですか!」とストーカー犯は叫び
 有罪は間違いない。実刑だろう。被告人の言い分を鵜呑みにはできない。分かっちゃいるが! 感動を禁じ得ないのだった。40年ほど前の映画、トリュフォー監督の『隣の女』を私は思い出し…。

第2506号 いっくらなんでもぶっ飛んだ弁護人に、冷徹な裁判官がハアと小さく苦笑した
 躁うつ病でもピック病でもなく、睡眠薬と精神安定剤の大量服用を長期間続けての薬物性精神崩壊なのでは? と思える女性。その弁護人がまたぶっ飛んでいるのだった。こういうのを見張るのが裁判傍聴師の役割だ、うむ!

第2505号 DVで妻子が警察へ駆け込み秘匿避難、夫は銃砲所持関係の資格が不認定に
 運転免許の行政処分についての取消請求訴訟かと傍聴した。証人は生活安全課の警察官。んん? 運転免許にどう関係するんだ? なんと…!

 以下の2号は1月23日にお知らせした

第2504号  芸能系のストーカー事件、執行猶予中の再犯。「今も相思相愛なんですか?」と検察官
第2503号  ガス点検を装い高齢者宅を襲ったのは、氏名不詳者が操るリモート強盗だった!

 以下の3号は1月15日にお知らせした

第2502号  中等少年院歴ありの若い女性が明け方のバーでヤクザの長財布を盗んだ
第2501号  「私はコロナだ」「濃厚接触の会」とTweet、“匿名警察隊”が事件に仕立て上げた?
第2500号  女子校時代のイジメがらみの民事裁判、当事者らの実名を匿名でさらす卑怯者!

201810  1月末までに購読登録すると、以上8号がぜんぶどどどっと送信される、のだろうと思う。

 1月も、重要な事件をいろいろレポートしそびれた。2月は2月で重要な傍聴予定が詰まっている。
 結局このメルマガは。どうしてもレポートしたい事件のごく一部を、ということになっている、ならざるを得ない。

 たくさん積み残して駅を出て、積んだ荷物がぼろぼろこぼれ、先へ先へと進みます、だいせんじがけだらなよさ。ま、そんな感じか。

 ←1月30日22時00分現在、週間INが60で3位~。

2021年1月29日 (金)

実名さらしは別スレッドで継続!

 1月26日の記事でこう書いた。

 12月22日付けの「開廷表を書き写してさらす匿名者が出現!」、1月9日付けの「被告人らの実名を匿名掲示板に大量にさらし続ける匿名者」で取り上げてきた件、1月15日だっけそのへんで、実名さらしはぴたり止まった。
 何かがあったのだろう。私の予想等についてはメルマガ編集後記で。

 メルマガの読者氏からメールあり。止まってなどいない、別スレッドをつくってずっとやり続けていると! 知らなかった!

 ・東京区検により公判請求(正式な裁判への起訴)をされた人、
 ・東京地検本庁により公判請求された人、
 ・刑事事件で東京高裁へ控訴した人、
 ・東京地裁本庁、東京家裁本庁でおこなわれた弁論期日の当事者のうち主に女性、離婚訴訟の当事者、

19032813-2  この方々の氏名(戸籍名)および罪名、事件名は、匿名者により匿名掲示板に永遠にさらされることになりそうだ。

 裁判所は放置するのか。
 この実名さらしはいずれ殺傷事件などに至ることが考えられ、そのとき「裁判所はなぜ放置した!」と批判されないために、なんらかの手をうつのではないか。
 手を打つとすれば、すべての傍聴人に不便を強いる形になる可能性が…。

 ←1月29日11時30分現在、週間INが50で3位~。

2021年1月26日 (火)

「幸福の科学」がらみの刑事裁判を傍聴!

 12月22日付けの「開廷表を書き写してさらす匿名者が出現!」、1月9日付けの「被告人らの実名を匿名掲示板に大量にさらし続ける匿名者」で取り上げてきた件、1月15日だっけそのへんで、実名さらしはぴたり止まった。
 何かがあったのだろう。私の予想等についてはメルマガ編集後記で。

 

 1月26日(火)、どうしても見届けておきたい判決が3件もあり、朝から裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)へ出かけた。
 出かければ、なぜだろう、大変な事件に次々と遭遇してしまう。少しだけ挙げれば…。

 弁護人がおそろしくダメダメな事件に遭遇した!
 あれは、もしかして弁護士登録してない人かも。だとすれば希有だ!
 でも、そういうことがあっても上手に捌く、手続きを整えるのが裁判官の腕前だ。東京地裁へ赴任するような裁判官はみな有能、被告人に不利になることはないはずだ。
 ちなみに本件の裁判官は野原俊郎さん。あの人は有能だと私は思う。

 

 あと、珍しい事件としては、後退するときの交通事故、スタンガンを使った傷害事件、前科4犯の医師がまた…。

 とくに珍しかったのは、「幸福の科学」がらみの刑事裁判だ。じつになんとも「うわあ!」だったよ。
 以上のうち少なくとも1つをメルマガでレポートしよう。

 

 1月26日(火)の朝、私は驚いた。
 いつに増して人が多く「東京都、春の出勤祭り」「やけくそ出勤祭り」に遭遇しちゃったのか! って感じ。いや絶対なにかあったんだろうと思う。

 

210114  帰り、電車内で低血糖になってしまった。やたら汗が出て、手足の力が抜ける。
 電車を降りてチェーンの中華店に入り、酒(※)と餃子を飲食した。すぐにおさまった。 ※日本で酒といえば米の醸造酒。

 さ、27日(水)は裁判所行きを休んで原稿を3本書かねば。3本を追う者は1本も書けず? うそ~💦

 画像は、ある夜のリモート飲酒の酒肴だ。右下は家人がどこかで買ってきた巨大餃子。うまかった。その左側は私がつくった豚肉のニンニク炒めにスライスチーズをまぶしたもの。ほか5皿は各種野菜。アサヒのTHE RICH、これが最近は気に入ってる。

 ←1月26日22時00分現在、週間INが60で2位~。

2021年1月23日 (土)

芸能系のストーカーと薬物事件を傍聴

 1月21日(木)はどうしても傍聴しておきたい事件が2件あり、裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)へ出かけた。
 その2件は、特にびっくりするようなことはなかった。

 だが、間違えて入った法廷で「うわぁ」なバイク盗に遭遇した。バイク盗で2回少年院に入り、20歳になる少し前のバイク盗2件で起訴された事件だ。
 被告人は少年時からずっと無免許。非常に個性的な、なんとも言えない被告人だった。

 私は言いたかった。そんな調子でいると特殊詐欺のリクルーターが必ず寄ってくる。刑務所まっしぐらだぞ、と。

 

Img_1251  この日は芸能系の事件を2件、たまたま開廷表に見つけて傍聴した。

 1件は、ある有名芸能人に対するストーカーで2019年に執行猶予付き懲役刑の判決を受け、またやった! という事件だ。
 なぜまたやったのか、その法廷供述はマジ衝撃的だった! 私が傍聴席を見渡した限りでは、芸能マスコミの方は来ていない、ように見えたけども、分かんない。

 それが終わってすぐに、2フロア上の法廷へ私は走った。ある有名芸能人の元夫の薬物事件の、第1回公判なのだ。
 司法記者クラブの記者諸氏は、来てたんだろうか、私は気づかなかった。

 あっ、21日は15時から河井案里被告人の判決があった。あれが大変で、14時30分のも16時のも法廷へ来る余裕がなかったのかも。みんな大変だ。お互い頑張っていきましょう。✨

 

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、1月は以下の5号を発行した。

第2504号 芸能系のストーカー事件、執行猶予中の再犯。「今も相思相愛なんですか?」と検察官
 有名芸能人に対するストーカー、執行猶予中の再犯。前回は大報道されたのに今回は…。一般傍聴人9人の法廷で、ストーカー犯の真情がだいぶ正直に語られたんじゃないかと。

第2503号 ガス点検を装い高齢者宅を襲ったのは、氏名不詳者が操るリモート強盗だった!
 多発しているという“ガス点検装い強盗”は、襲う日時、場所、準備するもの、偽身分証の作成、組む相手との合流、強盗の手順、逃走等々、何から何まで「氏名不詳者」の指示のままに!

 以下の3号は1月15日にお知らせした

第2502号  中等少年院歴ありの若い女性が明け方のバーでヤクザの長財布を盗んだ
第2501号  「私はコロナだ」「濃厚接触の会」とTweet、“匿名警察隊”が事件に仕立て上げた?
第2500号  女子校時代のイジメがらみの民事裁判、当事者らの実名を匿名でさらす卑怯者!

 いま購読登録すると以上5号がどどっと送信される。そして月末まであと3号が順次送信される。そこまで無料。その後も購読を続けると月額110円が課金される、カキーンと。 ←ムカついた、絶対購読しない! ←うっそ~。💦

 特に面白い号をそのまま、無料で閲覧できるサイトに転載すればそれなりの原稿料をもらえる、という話をいただいたが、やっぱりお断りした、申し訳ない。理由はややこしいので、、、

 ←1月23日1時10分現在、週間INが80で2位~。

2021年1月21日 (木)

肩書き「陰謀家」、かっこよくね?

 間もなく発売となる『ラジオライフ』(三才ブックス)の、私の連載ページの始まりはこうだ。

 アメリカ大統領選で、新型コロナウイルス感染症で、陰謀論が花盛りだ。やっぱりねえ、陰謀論は魅力的、人を惹き付けるのだ。よし、今回はちょっと趣向を変え、私も陰謀論をぶち上げてみようじゃないの。題して「新春、可搬式オービス陰謀祭り!」。できるだけ陰謀っぽく頑張ります~。

 これを書いてしみじみ感じた、陰謀論は面白いな~!

 いろんな陰謀論を創作し、あるいは、「あれはじつは陰謀論だ」と逆陰謀論をでっちあげる、「陰謀家」という肩書きはどうですかね。

1907267  考えてみれば、司法が正義だとか、三権分立だとか、立派に陰謀論じゃん。そもそも宗教こそ壮大な陰謀論? 愛ってやつも陰謀論か。愛は陰毛だ? バカ野郎っ!

 エビデンスは関係なく刺激的なことを次々ぶち上げ、上手に敵をつくってぼろくそ攻撃する、そういうことをTwitterで精力的にやれる、口の立つ男と、その男に有利な陰謀論をふりまくニュースサイトが組んだら無敵、死んだ目の総理のあとなら、そんな連中が政権を握ることは大いにありなんじゃないか。

 さ、仕事に戻ろう。原稿が遅れているのだ。

 ←1月21日0時00分現在、週間INが50で3位~。

2021年1月15日 (金)

鼻出し男とノーマスク女

20042827  出る出る出そうだ、一部の自治体が勝手に出した、別の自治体も出したいらしい、出した、国も出したんだっけどうだっけ、もう分かりません、非常事態宣言(笑)。

 今日の電車はけっこう空いてたね、私が乗ったときは。
 ただ、洟垂れ(はなたれ)小僧ならぬ鼻出しマスクの乗客がけっこう目立った。主には30~50代ぐらいの男性かな。

 洗って縮んだアベノマスクなのか、小さな布マスクで鼻出しのおっさんもいた。鼻を隠したら下唇が出そう。
 ゆるゆるの布マスクで鼻出しのおっさんは、ほんとゆるゆるで、斜め後ろから口元が丸見えだった。
 ああいう人は、「コロナはただの風邪だ」「コロナは存在しない。××の陰謀だ」「トランプ万歳」とかなんだけども、ノーマスクまでの勇気はなくて、、、ということなのかな。

 完全ノーマスクは今日は1人しか見つからなかった。それはお洒落な中年女性で、地下鉄のホームを颯爽と歩いていたよ。
 完全ノーマスク、鼻出しマスクの人たちに突撃インタビューして理由を尋ねる、そんなYouTuberが出そうだよね。

 画像は昨年4月28日に新宿で撮影したもの。50枚2800円だ。「マスク入荷した」というところが良い(笑)。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、1月は以下の3号を発行した。

第2502号 中等少年院歴ありの若い女性が明け方のバーでヤクザの長財布を盗んだ
 表題の事件と、傘で目を突き失明等させた事件の判決。そっちは十分な有罪判決が書けないことが分かったようで、弁論からやり直すことになった、しぇーっ。こういうのをレポートするのが私の社会的役割かと。

第2501号 「私はコロナだ」「濃厚接触の会」とTweet、“匿名警察隊”が事件に仕立て上げた?
 「俺はコロナだ」などと口頭かネットで発言して逮捕されたという報道がたくさんあった。その1件が東京地裁の法廷へ出てきた。例によって、報道からは想像もできない事件だった!

第2500号 女子校時代のイジメがらみの民事裁判、当事者らの実名を匿名でさらす卑怯者!
 お洒落なお嬢さんたちがどんどん法廷へ入っていく…なんだっ? 傍聴してみた。うわぁ、な事件だった。帰宅後、当事者の氏名でネット検索、とんでもないものがヒットした。いずれヤバイ事件になるんじゃないか。

 いま購読登録すると以上3号がどどっと送信される。そして月末まであと5号が順次送信される。そこまで無料。面白くて購読解除できなくなると、2月から月額110円が課金される。1号ではなく1カ月分が110円である。うそじゃない。

 今日は東京地裁で、執拗かつ無茶苦茶なストーカーを傍聴した。最初から恋愛等々の感情はなかった、あれやこれやは公益目的だったと弁護人は高らかに無罪主張。
 被害女性のダメージは尋常じゃないと思われるが、相場的には執行猶予だ。弁護人によって自らの正当性に自信を持った被告人は、半年ほどの勾留を解かれ、いったいどうなるのか! でもそこは裁判官、検察官、弁護人の知ったことではないのだ。

 もう1件、ガス点検を装った強盗事件を傍聴した。いやはやびっくり、特殊詐欺の使い捨ての末端の受け子、出し子、のことを私はよく言っていたが、今や強盗も、氏名不詳の(=捕まらない)上位者が、使い捨ての末端にやらせるんだね~!
 受け子、出し子、買い子に続くこれはナニ子だろう。警察庁は名称募集をやったらいいと思う。

 名称募集に応募するときは、私のメルマガを読んでおくといいです。よしっ、今回はうまく宣伝できたな~(笑)。

 ←1月15日22時20分現在、週間INが60で2位~。

2021年1月12日 (火)

新年初傍聴、あの事件の判決がなんと…!

 約9カ月前の非常事態宣言とは完全にフェーズ(phase)が違う、と私は思う。
 感染の拡大ぶりが約9カ月前とは全く違うだろうから、という理由がひとつ。
 もうひとつは、総理大臣を始め政権党(自民党)の国会議員、地方議員、首長諸氏らが、自ら率先して、多人数の飲み会等をやってるってこと。なんで俺らだけ自粛なんだよ(笑)、でしょ。
 私が今20代で乾杯の音頭を取らせてもらえるなら、こんなことを言うかも。

「こういうときこそお金持ちが経済を回さねばと、セレブな貴婦人が密なパーティをやった。あの方はだいぶご高齢だ。感染すれば命が危ない。それでも経済を回そうとしてくれた。泣けるじゃないか、ええおい。俺らはぜんぜん金持ちじゃねーけど、貴婦人の心意気に応えたいと思うじゃねえか。俺らなりに誠一杯のパーティをしようぜ、乾杯!」

 

 そんな時期ゆえ引きこもっていたいのだが、いやいやこの判決は見逃せない、やっぱり見逃せないよ、と今年初めて東京地裁(東京高地簡裁合同庁舎)へ出かけた。

 

 ところがっ! なんてこった、前回で結審して今日判決だったのに、検察官の論告に不十分な点があったからと、論告弁論をやり直すことになった。
 んなバカなっ。うそうそ、こういうシーンを見るのが裁判傍聴の醍醐味と私は思っているのです。

 

 もう1件、ほら、報道は一切なし、私がメルマガでご報告してきた、総理官邸内での「傷害」、あれの審理の期日がこの日あった。

 ところがっ、ほぼ同時刻から別の法廷で「道路交通法違反」の、滅多にあるもんじゃない審理の期日があった!
 妨害運転(俗称、あおり運転)かっ!? まさか新型オービスLSM-300の否認じゃあるまいなっ!? 絶対傍聴せざるを得ないでしょ、ねえ。

 
 総理官邸内での「傷害」は、緻密なメモを取るマニア氏がお2人も傍聴してくれている。そこに甘えて私は「道路交通法違反」の審理を傍聴した。そしたら、妨害運転でもLSM-300でもなく…!

 

210101  今年初めての裁判所はこうしていきなり、興奮の連続なのだった。じつに刺激的。なかなか抜けられません~。💦

※ 画像は1月1日の酒肴。ほうれん草のおひたしのすりごまかけと、ブロッコリと、小松菜等の煮浸しと、スーパーの見切り品ではなく家人が某大手から半額で仕入れた高級おせち料理、3段重から一部取り出したもの。当然に全部は食べきれず、多くを翌日にまわした。こういうので酒を飲めて幸せだ。

 ←1月12日21時30分現在、週間INが70で2位~。

2021年1月 9日 (土)

被告人らの実名を匿名掲示板に大量にさらし続ける匿名者

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、新年初号でこういう事件をご報告した。

第2500号 女子校時代のイジメがらみの民事裁判、当事者らの実名を匿名でさらす卑怯者!
 お洒落なお嬢さんたちがどんどん法廷へ入っていく…なんだっ? 傍聴してみた。うわぁ、な事件だった。帰宅後、当事者の氏名でネット検索してみた。とんでもないものがヒットした。いずれヤバイ事件になるんじゃないか。

19032816  主に東京簡裁、東京地裁、東京高裁の、裁判所で誰でも閲覧できる開廷表、そこに記載された情報を大量に丹念に書き写し続け、匿名掲示板に大量に執拗に、被告人氏名(フルネーム)も含めてさらし続ける匿名者がいる。

 民事は事件数があまりに多いせいか、すべてはさらしていない。観察すると、原告または被告が女性氏名の場合に、よくさらしているようだ。驚いたことに、離婚等の訴訟の原告&被告の氏名(姓は同じ)までさらしている。

 今どき、名刺を交換すれば、また相手のフルネームを知れば、ネットで検索してみる人は少なくないだろう。雇用や婚姻のときなど、検索してみる人は多いんじゃないか。

 私は、自分が傍聴した裁判の被告人氏名でかならずネット検索する。
 逮捕報道はなく、SNSや企業等のWebサイトしかヒットしないのに、あるいはそういうヒットは一切ないのに、唐突にその匿名掲示板がヒットする、ということがよくある。

 犯罪で裁判にかけられたことが、また離婚訴訟をしたことなどが、全国に知られてしまう。
 その匿名掲示板に自分のフルネームを発見した被告人、原告、被告は、いったいどう思うだろう。

 私の個人的意見としては、あれはひどすぎると私は思う。
 当該匿名者は、正義の行為のつもりなのかもしれない。

 どんな形でか、今年中に弾けるんじゃないかと。とりあえずそこまでとさせてもらいます。

 ←1月9日12時50分現在、週間INが70で2位~。

2021年1月 4日 (月)

謹賀新年

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」の創刊は2009年12月。当初は週6号を発行していた。
 その頃からだったか、もっと前からだったか、ほんとに申し訳ないです、年賀状については完全欠礼に居直っております。
 この場を借りて無礼をお詫びし、深淵の、もとえ新年のご挨拶をさせてください。

 2020年10月の値上げを機会に完全禁煙しました。煙草を1箱買うたびに、『鬼滅の刃』に“死んだ目の鬼”として登場しそうなあの総理大臣の顔が思い浮かぶ、そのストレスこそが健康にチョー悪いぞと震え上がり、きっぱりヤメたのです。偉かったでしょ、うんうん。

 2021年の目標は、というか固く決意しているのは、原稿をぱぱっと書くってことです!
 年齢とともに集中力が落ちたか、半日で書けるはずの“小ネタ”の原稿に1日半、2日かかるのが普通だったのです。担当編集者氏やイラストレーター氏に申し訳ないし、私自身、精神的に負担だし稼げない!
 すべては私が原稿を早く書けば好転する、じつにシンプル! なので今年こそ、新年を節目に頑張ります!

20210104-2  今年まず「がーん!」ときたのは、保健所第7世代さんのTweetだ。

 Gotoトラベル、人が移動することの何が悪いの、距離、移動速度、県境をいくつまたいだらヤバイの? 何が悪いのか具体的には絶対言わない、おっかしいな、絶対なにか隠されてるな…。

 と思っていたら保健所第7世代さんのTweetである。やっぱりそこかぁ! ものすごぉく納得するものがある。

 このTweet、私が見たときは「いいね」が数千でretweetがその半分ぐらいだった。今、万を超えてどんどん増えている。こうなれば、さすがにマスメディアも無視はできないかも。どうなるんでしょうね。

 もっと書きたいことは一杯あるが、ここまでにしとこう。5日締切りの原稿があり、なんとか遅れずに出そうと気合いが入っているのだ。

 なので、5日(火)が今年初号のメルマガは6日(水)の発行になるかも。ごめんね~!
 12月は以下の9号を発行した。

第2499号 結婚して翌年離婚。追い出されて野宿生活、公園のトイレでガスパン遊びをし
 「器物損壊」の中身はバラエティに富んでいる。今回の被告人は23歳、タトゥーあり。メリーゴーランドのように忙しく移り変わる人生なのだった…。

第2498号 男は暴れ泣き叫んで退廷を命じられ「大丈夫、想定の範囲内です」と被害女性!
 死体処理部隊のような格好の刑務官2人に引きずられながら、被告人は暴れに暴れ叫びに叫んだ! 弁護人は、被告人は悪くない、悪いのは被害女性だと言わんばかりに証人(被害女性)を攻めた。とんでもない事件なのだ。

第2497号  日本堤のマンションの一室で産まれ、母親以外を知らず3カ月で消えた命

第2496号  13時12分に来店、約10時間もめて23時15分に逮捕、モンスターカスタマー?

第2495号  ウーバーイーツの仕事が激減、無性にムラムラして女性の体を触りたく

第2494号  ネット通販を騙して1724万円を荒稼ぎ、親が3400万円を弁済したが息子は刑務所へ

第2493号  懲役前科4犯の「あおり運転」。ニュースはいつも他人事、カッとなったら止まらない

第2492号  SNSで自称セレブの31歳女性、職務質問から逃げてベンツを時速121キロで運転し

第2491号  「強制わいせつ致傷」で起訴され保釈中に、電車内で陰茎露出、自慰行為をしながら痴漢

 12月分はバックナンバーとなり、月額110円がかかる。9号で110円だから1号あたり12.222円だ。割り切れない。

 ←1月4日20時40分現在、週間INが20で5位!

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »