フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 謹賀新年 | トップページ | 新年初傍聴、あの事件の判決がなんと…! »

2021年1月 9日 (土)

被告人らの実名を匿名掲示板に大量にさらし続ける匿名者

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は、新年初号でこういう事件をご報告した。

第2500号 女子校時代のイジメがらみの民事裁判、当事者らの実名を匿名でさらす卑怯者!
 お洒落なお嬢さんたちがどんどん法廷へ入っていく…なんだっ? 傍聴してみた。うわぁ、な事件だった。帰宅後、当事者の氏名でネット検索してみた。とんでもないものがヒットした。いずれヤバイ事件になるんじゃないか。

19032816  主に東京簡裁、東京地裁、東京高裁の、裁判所で誰でも閲覧できる開廷表、そこに記載された情報を大量に丹念に書き写し続け、匿名掲示板に大量に執拗に、被告人氏名(フルネーム)も含めてさらし続ける匿名者がいる。

 民事は事件数があまりに多いせいか、すべてはさらしていない。観察すると、原告または被告が女性氏名の場合に、よくさらしているようだ。驚いたことに、離婚等の訴訟の原告&被告の氏名(姓は同じ)までさらしている。

 今どき、名刺を交換すれば、また相手のフルネームを知れば、ネットで検索してみる人は少なくないだろう。雇用や婚姻のときなど、検索してみる人は多いんじゃないか。

 私は、自分が傍聴した裁判の被告人氏名でかならずネット検索する。
 逮捕報道はなく、SNSや企業等のWebサイトしかヒットしないのに、あるいはそういうヒットは一切ないのに、唐突にその匿名掲示板がヒットする、ということがよくある。

 犯罪で裁判にかけられたことが、また離婚訴訟をしたことなどが、全国に知られてしまう。
 その匿名掲示板に自分のフルネームを発見した被告人、原告、被告は、いったいどう思うだろう。

 私の個人的意見としては、あれはひどすぎると私は思う。
 当該匿名者は、正義の行為のつもりなのかもしれない。

 どんな形でか、今年中に弾けるんじゃないかと。とりあえずそこまでとさせてもらいます。

 ←1月9日12時50分現在、週間INが70で2位~。

« 謹賀新年 | トップページ | 新年初傍聴、あの事件の判決がなんと…! »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謹賀新年 | トップページ | 新年初傍聴、あの事件の判決がなんと…! »