フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 報道された「違法判決」を私は傍聴していた | トップページ | 目的が正しければ署名偽造も霊感商法も虐殺も良いことだ? »

2021年2月18日 (木)

傍聴席に死す/Death in court/Morte a prova

2102102-2  急死は素晴らしいと言う向きもある。
 惚けて徘徊したり、火の始末ができず火事を出したり、あるいは長く入院や介護が必要になっては、家族はたいへんだから。

 私の夢というか目標は、裁判の傍聴席で死ぬことだ。
 そう女房殿に言ったところ、鼻で笑われるかと思いきや、拍手喝采を受けた。
 入院も介護もなし、最初の対応は国家公務員がやってくれる、こんな素晴らしい死に方はないのだそうだ。

 裁判所の館内放送から突然、グスタフ・マーラーの交響曲第5番アダージォが流れてきたら、嗚呼、今井の野郎、今まさに天へ召された、または虚空へ溶けたのだなと見送ってほしい。
 トーマス・マン原作、ルキノ・ヴィスコンティ監督、『傍聴席に死す/Death in court/Morte a prova』。至高の刑事裁判に魅せられた傍聴家の苦悩と恍惚! 何言ってっか分っかんねーよっ(笑)。

 以上、メルマガ第2497号「日本堤のマンションの一室で産まれ、母親以外を知らず3カ月で消えた命」の編集後記より。その事件、実名報道されてネットでは“匿名正義団”によりぼろくそ叩かれているけれども、じつは悲しい哀しい事件なのだった。合掌。

※ 画像はマニア氏からの頂き物。なんだか分かります? レーザーを用いた装置なのだ!

 ←2月18日22時10分現在、週間INが80で2位~。

« 報道された「違法判決」を私は傍聴していた | トップページ | 目的が正しければ署名偽造も霊感商法も虐殺も良いことだ? »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 報道された「違法判決」を私は傍聴していた | トップページ | 目的が正しければ署名偽造も霊感商法も虐殺も良いことだ? »