フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月の6件の記事

2021年3月25日 (木)

弁護人の主張は論外、検察官の主張も採用できず、ならばどうする?

 3月24日(水)14時、東京高裁805号法廷で「殺人、殺人未遂」の控訴審第1回があった。2019年1月22日に産経新聞が「口論で父親を包丁で刺す 55歳無職男を逮捕 茨城」と報じた事件と思われる。

 私はそっちへ行かず、同時刻、東京高裁820号法廷、「道路交通法違反」の控訴審第1回へ行った。当然というか一般傍聴人は私1人。
 非常に珍しい事件だった!
 無免許運転を重ねて懲役8月とされ、量刑不当で控訴、そこまではあるあるなのだが、本件被告人は高齢者、ガンの進行が止まらず、為すべき治療はもうなくあとは緩和ケアだけ、今年1月の診断書では余命4カ月、この状態で刑務所へ行けば…。
 裁判所はいったいどうするのか。5分間の休廷ののち、判決が言い渡された。

裁判長 「主文…」

 そんなのも傍聴しつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、3月は以下の7号を発行した。

第2522号 まったく異なる方面の“有名人”の、民事の本人尋問を2つ傍聴した件
 東京地裁のタブレット開廷表は、民事の尋問の期日だけだーっと抜き出して閲覧することができる。ある日、閲覧してみたら…。 

第2521号 弁護人の主張は論外、検察官の主張も採用できず、ならばどうする?
 目黒駅前で会社員が会社員の目を傘で突き失明させた、と大報道された事件。求刑は懲役7年。判決はその半分を大きく割る2年6月。いったいなぜ!

 以下の2号は3月20日にお知らせした

第2520号 僕が独裁者だったら裁判官、検察官、真っ先に殺しますよと被告人は言い
第2519号 大報道された殺人の、その男の12年前のトンデモ裁判を私は傍聴していた

 以下の3号は3月12日にお知らせした

第2518号 根拠のない思い込みや理不尽な怒りから、ガラスを割ったり女性を襲ったり
第2517号 「♯キメセク、遊べる人いませんか」、家出少女の投稿に50代とび職が応じ
第2516号 YouTuber氏はまさかの前科2犯、酒が弱いのに飲んでしまい刑務所へ

21032410-2  いま購読登録すると、以上7号がどどっと送信される。そして月末まであと2号が順次送信される。

 24日(水)16時頃から晩杯屋の銀座店へ行った。前回はあんなに混んでたのに、今回なんと先客は3人のみ。この落差は何なのか。
 非常事態宣言が解かれたので、こういう15時から営業の立ち飲み屋ではなく、17時から営業の普通の居酒屋へ久しぶりに普通に行くか、ということになったのかどうか。
 晩杯屋も17時を過ぎて混み始め…。

 画像は晩杯屋の店内。大きなグラスは新商品「マカハイ」290円。小さなグラスは酒常温の飲みかけ。

 ←3月25日12時40分現在、週間INが60で2位。

2021年3月20日 (土)

裁判官、検察官、真っ先に殺しますよ

 東京簡裁の刑事裁判の事件番号は、今年ならたとえばこうだ。「令和3年(ろ)第1号」。 ※令和3年=2021年

 今年の第1号は「窃盗」じゃなく「公務執行妨害」だった。お~、波乱の幕開けか? ※簡裁の刑事裁判は圧倒的に「窃盗」が多く「公務執行妨害」は珍しいので。

 さて、私の秘密の超絶マニアックデータその2(現時点で約4万7020件)へ入力作業を続けるうち、気づいた。以下、あくまで「現時点の超絶マニアックデータ内で」ですよ。

 令和元年(2019年)のその事件番号の最後は「令和元年(ろ)第1084号等」(2020年2月13日第1回公判)だ。1000号台は普通にたくさんある。

 ところが令和2年(2020年)の最後は「令和2年(ろ)第761号」(2021年2月18日第1回公判)なのである。800号台、900号台、1000号台が、な、ないっ。

 超絶マニアックデータには漏れがあるにしても、これは顕著な違いと言わざるを得ない。
 おおよそ300件、2020年は2019年よりなぜ減ったのか。

210318-1-2  公判請求が全体にじわじわ減っていることもあるが、2020年に特異なことといえばCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)だ。
 従来なら公判請求して執行猶予付き懲役刑を科すところ、感染防止のため略式(罰金刑)にとどめた、そういうケースがだいぶあったんじゃないか。

 たとえば万引きは、前歴(微罪処分や起訴猶予)が複数あって罰金30万円、次は罰金50万円(窃盗の最高額)、次は公判請求というのがひとつのコースだが、公判請求をせず2度目の罰金50万円にした、とか。
 罰金前科1犯、またやったので今度は公判請求で決まりの酒気帯び運転を、また罰金刑にした、とか。

 公務員など、執行猶予付きでも懲役刑を受けると超ヤバイことになる人は、おかげで助かったねぇ。
 また、開廷表の被告人氏名等を執拗に大量に匿名掲示板にさらす匿名者がいる。氏名検索すると、検索サイトの1ページ目にその匿名掲示板がヒットすることがよくある。その匿名投稿のために人生が壊れてしまう場合もあるはず。
 略式(罰金)で済めば、開廷表に載らず、したがって匿名のさらし魔により匿名掲示板にさらされることもない。助かったねぇ。

 そんなことにも気づきつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、3月は以下の5号を発行した。

第2520号 僕が独裁者だったら裁判官、検察官、真っ先に殺しますよと被告人は言い
 12年前の法廷で軽々そんなことを言っていた男が、いわゆる山谷の簡易宿泊所で同宿者を殺害した。その被害同宿者の氏名がなんと…!

第2519号 大報道された殺人の、その男の12年前のトンデモ裁判を私は傍聴していた
 殺人の被疑者氏名に見覚えがあった。私は過去に、同姓同名の人物の裁判を3件傍聴しているのだった。1件は2009年の「脅迫、証人威迫」。ちょっと尋常じゃない事件だった…!

 以下の3号は3月12日にお知らせした

第2518号 根拠のない思い込みや理不尽な怒りから、ガラスを割ったり女性を襲ったり
第2517号 「♯キメセク、遊べる人いませんか」、家出少女の投稿に50代とび職が応じ
第2516号 YouTuber氏はまさかの前科2犯、酒が弱いのに飲んでしまい刑務所へ

2103182-2  いま購読登録すると、以上5号がどどっと送信される。そして月末まであと4号が順次送信される。

 所用で遠くのお役所へ出かけ、古書店の前を通りかかった。ワゴンに1冊100円として積まれた書籍のなかにこんなのを発見。
 大正8年(1919年)の本だ。ページの下のほうをペーパーナイフで切り開いて読むスタイルになっている。これが1冊100円。買うべきだったかなぁ。

 ←3月20日15時50分現在、週間INが60で3位。

2021年3月17日 (水)

スティーブ・ジョブズはわが子になぜiPadを触らせなかったのか?

 1冊100円、3冊200円。3冊のうちの1冊として家人が買った、東野圭吾さんの講談社文庫『むかし僕が死んだ家』、すごく面白いというので無償譲渡を受けた。

 裁判所への電車内で読んだ。面白くて、裁判所での開廷待ちのときも読んだ。3分の1ほど読んだ。
 確かに面白い。文章がうまいよね。

 奥付を見てみた。なんと1997年5月15日1刷り発行、2016年10月3日、なな75刷り発行だという!!!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】むかし僕が死んだ家 / 東野圭吾
価格:150円(税込、送料別) (2021/3/17時点)

 最近、自分でも本を買った。東京地裁の地下の至誠堂書店以外で、久しぶりに。
 『スマホ脳』(アンデシュ・ハンセン著、久山葉子訳、新潮新書)。帯様部分に「スティーブ・ジョブズはわが子になぜiPadを触らせなかったのか?」とあり。
 背表紙にこんなことが。

●SNSには脳の報酬中枢を煽る仕組みがある
●IT企業トップは子供にスマホを与えない
●〝心の病〟が増えたその理由
●スマホとの接触時間が利益になる企業
●SNSが女子に自信を失わせている
●幼児にタブレット学習は向かない
●マルチタスクができる人間はごく僅か
●私たちのIQは下がってきている
●集中力を取り戻す具体的な手段

 面白そうじゃん!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマホ脳 (新潮新書) [ アンデシュ・ハンセン ]
価格:1078円(税込、送料無料) (2021/3/17時点)

 著者のアンデシュ・ハンセン氏はスウェーデンの人だという。
 スウェーデンといえば、Sensys Gatso Group(SGG)だ。 ※Gatsoの読みはガッツォ。
 満開の桜の下、小学校の入学式にあわせて各地のTVニュースが、児童らの交通安全を守る切り札、新兵器(※)として可搬式オービスを報じることになるだろう。 ※私に言わせれば嘘のお題目、騙しの大義名分。
 SGGの可搬式と、東京航空計器(TKK)の可搬式と、どの都道府県警がどっちをTVニュースで見せるか、ドキドキするよぅ。

 ←3月17日8時00分現在、週間INが30で4位。

2021年3月12日 (金)

開示請求、開示申出、頑張ってます!

 2020年5月中旬だっけ、いずれも都道府県別の、固定式オービスの保有数と取締件数、そして可搬式オービスの保有数と取締件数、の開示を受けて以降、申し訳ない、警察庁へ行ってない。

※ それらデータは警察庁が「発表」したものではない。私が件名を考えて手数料を払って開示請求の手続きを踏んでゲットしたのだ。
 「可搬式」という語は警察文書にある。警察とのやり取りでは可搬式で普通に通じる。しかしネットでは「移動オービス」「移動式オービス」が主流だ。いわゆるオービスマップで「i」という記号を使うための呼び方かと。

210312-2  それ以来、警察庁へお邪魔してない。COVID-19、新型コロナウイルス感染症で、なるべく行動を制限しようと思って。銀座の晩杯屋へ行く回数も以前の半分以下に減りました。

 しかしっ! こんなことではいけない。2021年2月に雑誌の締切原稿を仕上げてから、ばんばん開示請求した、郵便手段を用いて。300円の収入印紙を9枚か、使ってしまった。大阪府警、沖縄県警へも開示請求をした。東京高裁と東京家裁へも開示申出をした。

 裁判所は情報公開法・条例の対象外。「請求」ではなく「申出」になるのだ。

 ちらっと言えば、可搬式オービス・LSM-310の文書に不可解な部分を発見した。問い合わせたところ、ミスで、これから訂正することになるそうだ。
 ミスの文書を手元に持っているのは日本で私だけかも。穴ナシの5円玉をゲットしたようなもので、もう大喜び、うれし笑いがこぼれちゃって。薄気味悪く思われたろうね~(笑)。

 開示請求、開示申出を頑張りつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、3月は以下の3号を発行した。

第2518号 根拠のない思い込みや理不尽な怒りから、ガラスを割ったり女性を襲ったり
 判決3件。左折トレーラーが横断歩道(青信号)の自転車に気づかず、自車を衝突させ転倒させ前後輪で礫過、即死させた事件。表題の事件。そして鉄道職員による無賃乗車の事件。

第2517号 「♯キメセク、遊べる人いませんか」、家出少女の投稿に50代とび職が応じ
 おそらくは大変な環境に育ったのだろう少女と、50代のとび職男性が出会った。3日目に少女は消えた。昔のフランス映画『ヘッドライト』の、あの気怠く哀しいテーマ曲が遠くに聞こえ…。

第2516号 YouTuber氏はまさかの前科2犯、酒が弱いのに飲んでしまい刑務所へ
 酒のアルコールで前頭葉のどこかが一時的に壊れ、とんでもないことをやらかしてしまう人が続々といる。今回のYouTuber氏もその類いだったらしい…。

 いま購読登録すると、以上3号がどどっと送信される。そして月末まであと6号が順次送信される。火金の発行で月8号のことが多いのだが、3月はなぜか9号となるみたい。お得ですよ~。

※ 画像は、自転車で農家の野菜直売所へ向かう途中に見つけた航空機。ずいぶん大きくはっきり見えた。胴体の横幅がけっこう広い。お~、輸送機かなぁ、いや戦闘爆撃機かなぁ、そうだ、撮影しよう、と思い付いてスマホを出し、あれこれ操作して撮影画面を出し、スマホを空へ向けた頃には斜め後ろの小さな姿になっていた。大失敗。

※ 追記。マニア氏から指摘あり。日本の航空自衛隊の輸送機、C-2ではないかと。そうそう、そんな感じでした!

 ←3月12日21時50分現在、週間INが90で2位。

2021年3月 9日 (火)

「♯キメセク、遊べる人いませんか」と家出少女

 今日、准教授氏のあの事件と、オリンピック種目のスポーツ団体の偉い人のあの事件と、同じ時刻にあった。
 准教授氏のほうは10分程度で終わるはず、それからオリンピックのほうへ、と気持ちを決めて裁判所へ。

 行ったらその30分前に「傷害」の新件があった。
 法廷の前を通りかかったら、裁判所の職員が何人もいた。ええっ、なんだっ?
 冒頭陳述まで聞いて出よう、とその法廷へ入ってみた。

 なんと! 出られなくなってしまった。いやはやすごいのを傍聴してしまった。

 そんなこともありつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、3月は以下の2号を発行した。

第2517号 「♯キメセク、遊べる人いませんか」、家出少女の投稿に50代とび職が応じ
 おそらくは大変な環境に育ったのだろう少女と、50代のとび職男性が出会った。3日目に少女は消えた。昔のフランス映画『ヘッドライト』の、あの気怠く哀しいテーマ曲が遠くに聞こえ…。

第2516号 YouTuber氏はまさかの前科2犯、酒が弱いのに飲んでしまい刑務所へ
 酒のアルコールで前頭葉のどこかが一時的に壊れ、とんでもないことをやらかしてしまう人が続々といる。今回のYouTuber氏もその類いだったらしい…。

 いま購読登録すると、以上2号がどっと送信される。初月無料。面白くて購読解除できなくなると翌月分が110円となる。

 打ち明け話をするとだ、第2518号は本来3月9日(火)発行である。しかし3月9日(火)の午前までネット原稿を書き、午後は裁判所へ出かけてしまった。
 裁判所でマニア氏に対し、「君、どうしても今日、銀座へ飲みに行きたいなら、しょーがない、つきあってあげる」と言ったら、なんか察したような顔をして「行きたいです」と言うので、しょーがない、つきあってあげた。わはは。

 帰宅後、傍聴ノートの整理を終え、いまこれを書いている。疲れてもう寝る。
 明日、3月10日(水)も裁判所へ行く。いわゆる「あおり運転」の期日があり、見逃せないのだ。

2102232-2  そんなわけで、3月9日(火)発行のはずの第2518号は、ちょと遅れそう。ネット原稿も遅れそう。いろいろ多方面に申し訳ない。世の中に、絶えて裁判傍聴のなかりせば、春の心はのどけからまし、ということでひとつよろしくお願いします。

 画像は、いいちこの酎ハイ。そりゃ珍しい、缶のデザインも良い、と買って飲んでみた。150円ぐらいだっけ。
 主流の酎ハイのようなべたついた甘さ、がないのは良いのだが、なんだろ、いいちこ感がなく、うーん、もう1本飲んでみないと分かんなーい。 ←そうやってあんたは果てしなく飲むんだな、サイテー。👊

 ←3月9日21時30分現在、週間INが90で2位。

2021年3月 6日 (土)

YouTuber氏はまさかの前科2犯

20210306-2  久しぶりに東京都のサイトを開いてみた。
 老眼の目で大雑把に見ると、検査数も陽性者数も陰性者数も陽性率も下がってる?

 検査数を減らせば陽性者数も陰性者数も減る、それは理にかなってるような。
 でも、陽性率がなぜ下がる。
 じっさい感染者、感染率が減ってる?

 しかし、我が国の政権党と、政権党に忖度を強いられる官僚諸氏は、遂行したい目的や保身のためにはウソや隠蔽や改ざんにあんまり躊躇がないらしい。夏の大規模行事が迫りつつあるので、それまでに出てくるデータ等はあんまり信用しないほうがいいかも。

 なんてちらっと思ったりなんかしつつ、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、3月は以下の1号を発行した。

第2516号 YouTuber氏はまさかの前科2犯、酒が弱いのに飲んでしまい刑務所へ
 酒のアルコールで前頭葉のどこかが一時的に壊れ、とんでもないことをやらかしてしまう人が続々といる。今回のYouTuber氏もその類いだったらしい…。

2102254-2  第2516号は本来3月2日(火)の発行号なのだが、『ドライバー』と『ラジオライフ』の締切りが重なり、3月5日(金)夜の発行となってしまった、申し訳ないです。💦
 次号、本来3月6日(土)の発行号は、なんとか7日(日)中に発行したいと思っております、すみません。

 小さいほうの画像は、第2516号の編集後記に載せたもの。なんと命の軽いこと。
 現代の自爆テロリストたちは、どんな歌を大声で歌わされてるんだろう。YouTubeにあったりするのかな。

 ←3月6日18時30分現在、週間INが70で2位。

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »