フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« スティーブ・ジョブズはわが子になぜiPadを触らせなかったのか? | トップページ | 弁護人の主張は論外、検察官の主張も採用できず、ならばどうする? »

2021年3月20日 (土)

裁判官、検察官、真っ先に殺しますよ

 東京簡裁の刑事裁判の事件番号は、今年ならたとえばこうだ。「令和3年(ろ)第1号」。 ※令和3年=2021年

 今年の第1号は「窃盗」じゃなく「公務執行妨害」だった。お~、波乱の幕開けか? ※簡裁の刑事裁判は圧倒的に「窃盗」が多く「公務執行妨害」は珍しいので。

 さて、私の秘密の超絶マニアックデータその2(現時点で約4万7020件)へ入力作業を続けるうち、気づいた。以下、あくまで「現時点の超絶マニアックデータ内で」ですよ。

 令和元年(2019年)のその事件番号の最後は「令和元年(ろ)第1084号等」(2020年2月13日第1回公判)だ。1000号台は普通にたくさんある。

 ところが令和2年(2020年)の最後は「令和2年(ろ)第761号」(2021年2月18日第1回公判)なのである。800号台、900号台、1000号台が、な、ないっ。

 超絶マニアックデータには漏れがあるにしても、これは顕著な違いと言わざるを得ない。
 おおよそ300件、2020年は2019年よりなぜ減ったのか。

210318-1-2  公判請求が全体にじわじわ減っていることもあるが、2020年に特異なことといえばCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)だ。
 従来なら公判請求して執行猶予付き懲役刑を科すところ、感染防止のため略式(罰金刑)にとどめた、そういうケースがだいぶあったんじゃないか。

 たとえば万引きは、前歴(微罪処分や起訴猶予)が複数あって罰金30万円、次は罰金50万円(窃盗の最高額)、次は公判請求というのがひとつのコースだが、公判請求をせず2度目の罰金50万円にした、とか。
 罰金前科1犯、またやったので今度は公判請求で決まりの酒気帯び運転を、また罰金刑にした、とか。

 公務員など、執行猶予付きでも懲役刑を受けると超ヤバイことになる人は、おかげで助かったねぇ。
 また、開廷表の被告人氏名等を執拗に大量に匿名掲示板にさらす匿名者がいる。氏名検索すると、検索サイトの1ページ目にその匿名掲示板がヒットすることがよくある。その匿名投稿のために人生が壊れてしまう場合もあるはず。
 略式(罰金)で済めば、開廷表に載らず、したがって匿名のさらし魔により匿名掲示板にさらされることもない。助かったねぇ。

 そんなことにも気づきつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、3月は以下の5号を発行した。

第2520号 僕が独裁者だったら裁判官、検察官、真っ先に殺しますよと被告人は言い
 12年前の法廷で軽々そんなことを言っていた男が、いわゆる山谷の簡易宿泊所で同宿者を殺害した。その被害同宿者の氏名がなんと…!

第2519号 大報道された殺人の、その男の12年前のトンデモ裁判を私は傍聴していた
 殺人の被疑者氏名に見覚えがあった。私は過去に、同姓同名の人物の裁判を3件傍聴しているのだった。1件は2009年の「脅迫、証人威迫」。ちょっと尋常じゃない事件だった…!

 以下の3号は3月12日にお知らせした

第2518号 根拠のない思い込みや理不尽な怒りから、ガラスを割ったり女性を襲ったり
第2517号 「♯キメセク、遊べる人いませんか」、家出少女の投稿に50代とび職が応じ
第2516号 YouTuber氏はまさかの前科2犯、酒が弱いのに飲んでしまい刑務所へ

2103182-2  いま購読登録すると、以上5号がどどっと送信される。そして月末まであと4号が順次送信される。

 所用で遠くのお役所へ出かけ、古書店の前を通りかかった。ワゴンに1冊100円として積まれた書籍のなかにこんなのを発見。
 大正8年(1919年)の本だ。ページの下のほうをペーパーナイフで切り開いて読むスタイルになっている。これが1冊100円。買うべきだったかなぁ。

 ←3月20日15時50分現在、週間INが60で3位。

« スティーブ・ジョブズはわが子になぜiPadを触らせなかったのか? | トップページ | 弁護人の主張は論外、検察官の主張も採用できず、ならばどうする? »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スティーブ・ジョブズはわが子になぜiPadを触らせなかったのか? | トップページ | 弁護人の主張は論外、検察官の主張も採用できず、ならばどうする? »