フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月の10件の記事

2021年4月29日 (木)

ゆたぽん氏が「酷評」したひろゆき氏の民事の裁判

 スーパーで、やばいシーンを目撃してしまった。
 箱詰め4個入りのトマトが並ぶコーナーで、中年のご婦人が、1つの箱から小さめのトマトを1個抜いてそこらに転がし、抜いた隙間に、別の箱から抜いた大きなトマトを押し込んだのだ。

 窃盗の構成要件に当たる行為だと思う。1個だけ転がったトマトと、3個入りの箱を遺留して去る、大胆かつ悪質な犯行である。
 いちおう警備員(元警察官風の年配男性)に話しておいた。そういう詰め替え窃盗はときどきあるらしく、警備員は…。

 ほかにも、凄い万引きを目撃したことがある。じーっと見ていたら犯人が恐ろしい顔で私をにらみ据え…。

 この社会にはそういう人たちが一部確実に共存しているのだね、とか実感しつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、4月は以下の8号を発行し終えた。

第2532号 ゆたぽん氏が「酷評」したひろゆき氏の民事の裁判を過去に5件傍聴した
 「女性裁判長は、汚らしいものを見るように、ちょっと眉をしかめて、ひろゆきを見てる」なんて恐ろしい印象メモが当時の傍聴ノートに。

 以下の2号は4月25日にお知らせした

第2531号  措置義務違反で罰金33万円からある有名医師の根深い盗撮癖まで
第2530号  東大関係に長年勤務、退職金は2千万円、使い果たしてこんにゃくを万引き

 以下の5号は4月18日にお知らせした

第2529号  ストリップ劇場の支配人、公然わいせつ、お客さんも喜んでいただいてたので
第2528号  大麻取締法と東京オリンピック、新型コロナは日本にとって「神風」か!
第2527号  無免許運転で懲役8月の72歳、ガンで余命2カ月、どうするっ?
第2526号  特殊詐欺で刑務所行きのおじさんが、これからの生き方はどうなるのかと
第2525号  駅の地下通路で女性とすれ違いざまいきなり胸を触り、正当防衛を主張

190626-2_20210429140501  いま購読登録すると以上8号がどどっと送信される。そこまで無料だ。急ぎ登録解除しないと、5月分の9号について月額110円が課金される。
 ちょっと分かりにくいでしょうか。火曜、土曜の発行周期の関係から4月は合計8号、5月は合計9号になる。8号でも9号でも月額110円。ただし初月は無料、そういうことです。

※ 画像は農家の直売所のトマト。1袋200円。6月末頃の撮影分。

 ←4月29日14時00分現在、週間INが100で2位。

2021年4月27日 (火)

非常事態宣言下、銀座で生ビールを飲んだ!

 27日(火)、駅そばの自転車置き場が、まさかのめちゃ混みだった。緊急事態宣言だからガラガラかと思ったら、逆じゃーん。

 裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)のタブレット開廷表の大変化に、今日初めて気づいた。
 もう長く、18台あるタブレット開廷表のほぼ半分が、完全に壊れて紙が貼られているか、文字がぶるぶる震えて気持ちが悪くなるか、どっちかだった。
 ところが27日、かなりまともになっていた!

2104271  裁判所には、あれを直す意思も能力もなく、残り半分も徐々に壊れていくのか、と私は思っていた。
 だって、国民に傍聴する権利はなく、傍聴させる義務は裁判所にない、これが東京地裁、東京高裁、最高裁の見解だ。開廷表を1階に束ねて置く義務などさらさらないのだ。
 ではありながらしかし、裁判所もやるときゃやるんだねぇ、私といっしょじゃん、仲良くしましょ(笑)。

 話がそれた。今日、裁判所で、学生さんかな、傍聴見学の若い男女グループを見かけた。4、5人だっけ。その規模のグループを、昨年の緊急事態宣言以降、私は見たことがなかった。今年の緊急事態宣言はひと味違うようだ。 ※あくまで私個人の目撃経験による。

 傍聴を終えて16時頃、銀座の晩杯屋へ行った。なんと休業!
 同行者が、銀座に寿司三昧もとえ「すしざんまい」があるという。おう、行ってみた。
 席へ案内される途中、驚愕の事実を告げられた。酒類はナシだという! は? 偉い政治家さんが決めたらしい。なんだそれ、勘弁してよ! 我々はソク出た。申し訳ない。

 あきらめて地下鉄の駅へ歩きつつ、いろんな居酒屋を見てまわった。開店している店はどこもがらっがら。酒類はナシなのだという。
 酒類を出さない居酒屋、なんだそれ、偉い政治家さんたち、絶対あたまおかしいと思います。

2104272-2  駅に近くなり、客引きのお兄ちゃんがいた。生ビールが半額だとか言ってる。酒、出すの? なんと、出すんだという。
 試しに、というか、ぶっちゃけ、飲みたい欲求に勝てず、入った。
 ぜんぶお洒落な個室の、ちょとお高い店だった。やばっ(笑)。

 我々2人以外にお客はいないようだった。我々は半額の生ビールを合計4杯、料理2品を飲食し、とっとと帰路についたのであった。

 画像上は晩杯屋の貼り紙、画像下はそのちょとお高い店の、ふぐの姿揚げ、かな。

 ←4月27日22時50分現在、週間INが100で2位。

2021年4月26日 (月)

可搬式オービスはステレオカメラ式へ?

1905086_20210426190701  ここんとこあまり裁判所へ行かず、せっせと原稿を書いている。
 コラム記事を2本、立て続けにアップさせてもらった。

謎のオービス発見。半固定式か? その正体が明らかに
ステレオカメラ式オービス検証中!? 阪神高速の怪しい装置

 左の画像は、ステレオカメラ式の速度測定機と思われる装置だ。
 場所は、横浜地裁の近くの大きな交差点。画像のプロパティによれば、2019年5月の撮影らしい、って自分が撮ったんだけど。

 何の装置か調べようと、私はどこかへ電話したような記憶がうっすらある。通過車両の速度を測定しているが取り締まりのための測定ではない、という答えをどこかから得たんだったかどうか、同行のマニア氏からそう聞いたんだっけ、もう遠い霧の中だ。1905089-2_20210426190701
 次々と濃い裁判を傍聴し、熱中し、いろんな原稿を夢中になって書いていると、あれこれぽろぽろ記憶からこぼれていくんだよね~。

 ステレオカメラ式の速度測定は、道端で高さ1メートルちょいからやるなら2つのカメラは横置きだが、頭上からやるなら縦置きなわけだ、なるほど、、、じゃなくてぇ! 横浜のこれは斜めからの測定だよっ。ただ、東京湾の水底トンネルのあれと同じく、精度はあまり問題にしてないのだろう。

 なんにしてもだ、2013年6月、大臣に旗を振らせてゴゴゴと動きだした、速度違反金制度、速度取締りの民間委託の目論見は、2021年4月になってもぜんぜん進まない。普通あり得ないでしょ。警察庁内部では言われてるんじゃないか、「霞が関の歴史に残る大失態だ!」と。
 いやこれは私独りの“読み”、バカなマニアの妄想ということで、、、

 ←4月26日22時10分現在、週間INが100で2位。100に達したのは久しぶり、ありがとうございます!

2021年4月25日 (日)

昨日一日で感染者がどかんと増えたんじゃないか

2104051  昨日19時頃にスーパーへ行ったら、レジが激混みだった。一部故障したようで、そのせいかしら。
 帰り道、普段はがらがらの飲食店が、見える限り満席だった。若いカップルの男性のほうがワハハと大笑していた。

 あっ、もしかして、例の緊急事態宣言とやらが明日から始まる、とか? ネットで調べたら当たりだった。やっぱりぃ。
 昨日一日で感染者がどかんと増えたんじゃないか。

 何か目論見があって感染を蔓延させようとする者がいる、と仮定すれば、PCR検査の徹底制限といい、けっこう頑張っているように思える。韓国の仕業だ! 中国の工作員だ! いやアメリカだ、ソ連だ! いろんなことがネットでは言われてるんだろうか。 ※若い人はソ連とは言わないかも(笑)。

 昨年4月は緊急事態宣言とやらで公判期日が激減し、弁論期日はゼロになったが、今回はどうなんだろうと心配しつつ、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、4月は以下の7号を発行した。

第2531号 措置義務違反で罰金33万円からある有名医師の根深い盗撮癖まで
 ある日、次々と15事件も傍聴してしまった。15事件ぜんぶ、急ぎ足でたどることに挑戦してみた!

第2530号 東大関係に長年勤務、退職金は2千万円、使い果たしてこんにゃくを万引き
 2千万円ちょっとの退職金を2、3年ですべて使い果たした、その理由は! とまれ多くの犯罪の原因は「孤独」ではないかと感じたのだった。

 以下の5号は4月18日にお知らせした

第2529号  ストリップ劇場の支配人、公然わいせつ、お客さんも喜んでいただいてたので
第2528号  大麻取締法と東京オリンピック、新型コロナは日本にとって「神風」か!
第2527号  無免許運転で懲役8月の72歳、ガンで余命2カ月、どうするっ?
第2526号  特殊詐欺で刑務所行きのおじさんが、これからの生き方はどうなるのかと
第2525号  駅の地下通路で女性とすれ違いざまいきなり胸を触り、正当防衛を主張

 いま購読登録すると以上7号がどどっと送信される。そして4月末までにあと1号が送信されて4月は終わる。最終号、どうしよう、珍しい事件をお届けしようかと。

※ 画像は「アッツ観音」、マニア氏の撮影による。アッツ島ってどこにあるんだっけ、ネット検索するうちこんなのを見つけた、「◆アッツ島玉砕戦の真実 ◇ 大本営から玉砕命令を受けた山崎保代大佐の敢闘」。うわぁ、どんな恐怖映画より恐ろしく、かつ、じつに日本国らしいように感じられ…。

 ←4月25日19時40分現在、週間INが80で2位。

2021年4月24日 (土)

バカなマニアの素っ頓狂な妄想だったらいいな

 つい最近も「最新の可搬式オービス「LSM-310」は2分割で運搬が断然便利になった」というネット記事を書かせてもらった。
 何より問題は、LSM-310は“使える”のか? である。TKKのレーザー式はどうやら使い物にならない、そう推認すべき事情が多々あるのだ。言い方を変えれば、そう推認すれば多くの不可解な事実がすべてすっきり説明がつくのだ。

 しかし、そのように言い続けているのは私だけのようだ。昨年北海道で58歳の警部補が速度違反を捏造したと大報道されたが、あれは自分の成績のためにやったんじゃなく、使い物にならないLSM-100の実績を上げろと尻を叩かれたからじゃないのか、という見方を述べたのはどうやら私だけらしい。

 TKKのレーザー式が「沈む泥船」だとして、そんな泥船を無理ムリつくって沖へ沖へと漕ぎ出した者たちは、いよいよ沈没が不可避となったとき、何をするか。
 「今井のせいだ。今井が悪い。今井がデタラメを書き続けるからこうなった!」というころへ逃げ込む、その可能性はありではないかと、不安ではある。
 いちばん良いのは、私が言ってきたことがみんな、バカなマニアの素っ頓狂な妄想だった(笑)、となることですかね。自分の見立てが誤りであることを願う、不思議な心理だ。

 

 心理といえば、金曜の日経新聞の朝刊にこの本(新書)の大きな広告を見つけ、昼間買った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生贄探し 暴走する脳 (講談社+α新書) [ 中野 信子 ]
価格:968円(税込、送料無料) (2021/4/24時点)

  「魔女狩り」に見る人間心理の闇
  協調性という名の蟻地獄
  自分の空洞を埋めるための正義
  匿名で解放された日本人
  人を脅かし群れさせる「孤独」の正体

 等々の目次が並ぶ。非常に面白そう。てかすでに読み始めたのだが、面白い!

 ←4月24日12時20分現在、週間INが60で3位。

2021年4月18日 (日)

ストリップ劇場の支配人を「公然わいせつ」で起訴

 10年以上前から私が「必ず来るぞくるぞ」と言い続けてきたあれが、とうとうキターっ! 興奮と感動の速報を『ドライバー』のWebサイトに「ついにキタ!自転車の取り締まりに違反金制度で「大きな市場」が生まれる」として掲載いただいた。

 この興奮と感動、分かってもらえますかね、テレビ・新聞はもちろん、だーれも言わないことを私独りで言い続けてきた(正確には、どなたかが言ったのに私が知らないだけかも)、それがとうとう現実のものとなったのである!

20210418-4_20210418231201   まぁね、可搬式オービスだって、あれは放置違反金ならぬ速度違反金を、そして速度取締りの民間委託を狙ってのものであると、2013年から(たぶん)私独りが言い続けている。
 青切符の違反は、反則金を払わず争えばほぼ100%不起訴(※)ってのも、約30年前、私が独りで言い出したことだ。 ※知らん顔してれば自動的に不起訴ってもんでもないですよ。

 けど、私が特別ってことはぜんぜんないと思う。こんなことはいろんなジャンルにいくらでもあるんだろうと思う。具体的にどれがどうだとは今ちょっと思い出せないが。

 そっちに興奮しつつもメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は休まず、4月は以下の5号を発行した。

第2529号 ストリップ劇場の支配人、公然わいせつ、お客さんも喜んでいただいてたので
 ストリップ劇場「シアター上野」が摘発されたとのニュースを見て、「渋谷道頓堀劇場」の事件を思い出した。和やかで笑顔のある、良い裁判だった。検察官は被告人質問を放棄、大した男だと私は思ったね。

第2528号 大麻取締法と東京オリンピック、新型コロナは日本にとって「神風」か!
 前科なし、大麻少量所持、よって「懲役6月、執行猶予3年」で終わる普通の事件、なのだけれども…。

第2527号 無免許運転で懲役8月の72歳、ガンで余命2カ月、どうするっ?
 末期ガン、もう治療が効かず、緩和ケアの段階、現時点で余命2カ月。懲役8月が確定したら刑務所で死ぬ、死刑と同じだ、どうか罰金刑に、という控訴事件。あなたならどうする?

第2526号 特殊詐欺で刑務所行きのおじさんが、これからの生き方はどうなるのかと
 特殊詐欺の受け出し子を17件もやったおじさんは、最終陳述でこれからの生き方を裁判官に尋ね…。もう1件、シェアハウス内での強姦未遂事件。死ぬ前にセックスしてみたかった…。

第2525号 駅の地下通路で女性とすれ違いざまいきなり胸を触り、正当防衛を主張
 何度制止されても被告人は、意味不明な不規則発言をくり返した。裁判官は聞き流し、さくさく手続きを進めた。とっとと懲役の実刑とし刑務所へ隔離するのだな?

 いま購読登録すると以上5号がどどっと送信される。そして4月末まであと3号が順次送信される。次号は、ちょっと珍しい裁判所の裁判をご報告できるかも。いやまだ確定じゃないけどね。  ※画像はタイムアウト東京というサイトのスクリーンショット。

 ←4月18日23時10分現在、週間INが30で5位。

2021年4月14日 (水)

新型コロナとかけて踏み間違い事故と解く。そのこころは、どちらも…

 ふう! よぉ~やく締切原稿を全部終えた!
 だいぶ遅れたけれども、良いのが書けた。ばっちりである。

 今日は13時30分から、いわゆる右翼団体の男が近隣住民を脅したという事件の審理があった。15時30分からはメルマガ第2510号「警視庁職員のひき逃げ事件を傍聴、実況見分がじつに不可解、まさか無罪?」の判決があった。
 特に後者は絶対見逃せない、のだが原稿が遅れに遅れ、さすがにもう泣きのメールを入れるのもはばかられ、裁判所行きはパスしてしまった。後者の判決、どなたかメールでお教えいただければ。

 

 ところで、私は思うのだ。たとえば、薄い透明プラスチックで頭部全体を覆い、N95フィルターでウイルスの出入りを防ぐ、“かぶせ透明マスク”みたいなのが、なぜ出てこないんだろう。
 表情はもちろん、口の動きも存分に見せられる、見える。お笑いやワイドショーやカラオケで重宝され、めっちゃ儲かるんじゃないか。

 若者諸君が大いに騒ぎながら(=本能にもとづく求愛行動をやりながら)飲食する、そのためのアイテムも、考案すれば儲かるでしょ。日本の職人さんたちはそういうの得意でしょ?
 最初の緊急事態宣言から1年以上も経つのに、なぜ出てこない。

 あっ! と思い出すのは、主に高齢者による、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故である。
 あれがさんざん報道されまくって社会問題になっていた頃、じつは、市販車両に後付けできる踏み間違い防止装置が複数種類、とっくに発明され販売されていた。
 車雑誌『ドライバー』には何年か前、年齢別の踏み間違い事故についての私の原稿とともに、何種類か載った。
 でもテレビ、新聞はどうだったか。ほんの一部が少し取り上げた以外は、完全無視だったんじゃないか。
 防止装置は無視、事故が起これば大報道、あれはなんとも興味深い現象だった。

 “かぶせ透明マスク”みたいなのも、すでに誰かが発明し、どこかのカラオケスナックで使われているんじゃないか。
 しかし、官僚や政権の利権につながらないというか、官僚や政権のやり方がバカに見えてしまうので、メディアは報じられない…。
 まさかコロナでもそんなことがあるとは思いたくないが、でも踏み間違い事故だって生死の問題だったわけで。

 という趣旨を最近、メルマガの編集後記で書いた。
 締切原稿が終わり、楽天のアフィリエイトのページに「コロナ シールド」と入力してみた。
 ざっと見たところ、“かぶせ透明マスク”はないものの、いろんなのが考案され販売されてるじゃーん。

 

 下のやつなんか、居酒屋での飲食用に良いんじゃないか。
 もちろん完全な防御ではないが、ウイルスの拡散、侵入を相当程度減らせるでしょ。侵入が少なければ自己免疫でやっつけられる可能性が高い。
 自己免疫でやっつけられれば、なんていったっけ、自然抗体だっけ、そんなのがつくられると聞いた。

 しかしっ! こういうアイテムを私は、楽天のアフィリエイトのページで調べてみて始めて知った。
 踏み間違い事故と同じ絵図、とりあえずそう推認できる。

 なるほど、この社会はこういう社会なのか、でもまぁこんなもんだよね、と私は思う。
 この程度で絶望がどうとか言ってたら、たとえば北陵クリニック事件の守大助さんとそのご両親とか、どうなるのっ。

 ←4月14日21時10分現在、週間INが80で2位。

2021年4月11日 (日)

5円の駄菓子屋の娘さんは

 私が小学校低学年の頃、なんでも5円の駄菓子屋があった。
 なめると文字が浮き出るくじがあった。外れは「スカ」だった。スカとはどういう意味か考えもしなかった。

210321-2  湿って腐って崩れそうな古い古い木造家屋、の一部がその駄菓子屋だった。
 奥の居室が少し見えた。薄暗くて天井が低かった。
 制服のままときどき店番をしていた高校生の娘さんは、老夫婦の孫だったのか、いつしかおなかが大きくなった。
 おなかがぱんぱんに大きくなった娘さんが、低い天井の薄暗い居室にじっと座っているシーンが、今も私の記憶にある。
 誰に妊娠させられたのか、老夫婦ともめる場面を一度だけ見たような、昭和の遠い記憶だ。

 やがて娘さんの姿は消えた。子どもを産み、どこかへ行ったのだ。いったいどこへ。
 あのときの子は今、50歳代後半か。どこでどう生きているのだろう。大した人物になってたりして。じつは私とどこかですれ違っている、言葉を交わしている、その可能性はあるよね。

※ 画像は島尾敏雄さんの『南国通信』。古書店で100円で買った。昭和51年初版、だから1976年、オービスⅢLが始めて登場した年だ。島尾さんは特攻隊の隊長だったのだ。早く原稿を仕上げて読みたい。

 ←4月11日0時00分現在、週間INが70で2位。

2021年4月10日 (土)

死ぬ前にセックスしてみたかった

 当ブログ、1週間以上お休みしてしまった。今井の野郎、コロナで斃れたか? と新型オービス(新たな速度違反自動取締装置)界隈の方々は心配してくれたりして。逆に、警察庁内の“内紛”を言う者がいなくなったと安堵してる? ぎゃふん。 ←今時ぎゃふんておい(笑)。

210331-2  おかげさまでいろいろ締切原稿が立て込んで、大変なのです。『ラジオライフ』では今回、オービスの過去と現在、そして未来について6ページをいただきまして、現在奮闘中。💦

 1973年頃にアメリカのボーイング社から、ヤナセを代理店として日本に上陸したオービスの、その後の変遷を3ページぐらいでまとめ、あと3ページで新型オービスについての“内紛”を、また新製品であるLSM-310や半固定式のことを開示文書をもとにまとめ、TKKが開発しているらしいさらなる新製品について…そんな感じだ。
 全体を見渡しながら6ページを仕上げるのは大変で。仕上げたらすぐ次の原稿にかからねば。

 大変だけどもメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」を休むわけにいかず、4月は以下の2号を発行した。

第2526号 特殊詐欺で刑務所行きのおじさんが、これからの生き方はどうなるのかと
 特殊詐欺の受け出し子を17件もやったおじさんは、最終陳述でこれからの生き方を裁判官に尋ね…。もう1件、シェアハウス内での強姦未遂事件。死ぬ前にセックスしてみたかった…。

第2525号 駅の地下通路で女性とすれ違いざまいきなり胸を触り、正当防衛を主張
 何度制止されても被告人は、意味不明な不規則発言をくり返した。裁判官は聞き流し、さくさく手続きを進めた。とっとと懲役の実刑とし刑務所へ隔離するのだな?

 いま購読登録すると以上が2号がさっと送信される。そして4月末まであと6号が順次送信される。
 ということで原稿へ戻ります!

 ←4月10日15時40分現在、週間INが60で3位。

2021年4月 1日 (木)

万引きで執行猶予中にまた万引き、その裁判中にまた万引き

 世間はこのニュースをどう思うのだろう。以下は3月30日付けFNNプライムオンライン(新潟総合テレビ)、の一部だ。

窃盗繰り返した新潟市女性職員(43)を懲戒免職 略式命令も職場に報告せず
新潟市は30日、中央区役所 健康福祉課の主査・女性職員(43)を同日付けで懲戒免職処分にしたと発表しました。
新潟市によりますと女性職員は去年12月、2回にわたり市内のスーパーで食料品など合計1万7000円相当の商品を盗み、逮捕・起訴されたということです。
また女性職員はこれまでも2回、窃盗によって罰金の略式命令を受けていましたが、本人はこれを職場に報告していませんでした。

 「とんでもなく手癖の悪い女がいたもんだ。死刑でいいよ(笑)」、そうした感想、罵りが主流ではないだろうか。

 私は過去に傍聴した裁判を思い出す。その被告人は都内某区の職員(50代女性)だった。

 2011年6月、万引き。なぜか公判の裁判になり罰金20万円。
 2011年8月、また万引き。10月判決、懲役1年、執行猶予3年。

 この執行猶予判決の前日、懲戒免職処分を執行された。1千万円を超える退職金がパーになったという。

 2011年11月、また万引き。2012年2月判決、懲役10月。前刑の執行猶予を取り消されてダブルで服役。

 刑務所から自宅へ戻ったのが2014年の1月だったかな。戻ると、優しく支えてくれて裁判官から「神様みたいな人」と言われた夫は消えていた。愛犬も消えていた。
 被告人は死にたくなった。そして2014年2月、また万引き。2014年5月判決、懲役1年、未決60日算入。

 もちろん、盗みや騙しに全く躊躇がなく、自分の行動の結果が自他に何をもたらすか、予測することが基本的に困難で、それで刑務所と娑婆を行ったり来たりの人もいる。
 しかし万引き病者はそうじゃない。万引きなどヤメたいとどんなに思っても、ある瞬間、悪い動物霊に操られるように、真っ直ぐに万引きしてしまうのである。
 そういう裁判を私はさんざん傍聴してきた。完全に病気だと思う。
 でも、これをお読みの方の多くが「うそだろ(笑)」と思うように、検察官も裁判官も認めない。

 そんな司法を見張りつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、3月は以下の9号を発行し終えた。

第2524号 雑誌等の可燃物が散乱した居室で寝煙草、罪名は「重過失失火、重過失致死」
 同じ罪名の裁判を私は2010年に2件傍聴した。今回で3件目だ。どのケースも「そんなことしたら普通火事になるでしょ!」ということをしての火事、なのだった。人間のやることはすべてがそうなのかもしれない。

第2523号 万引きで執行猶予中にまた万引き、その裁判中にまた万引き、判決は!
 この女性は本格の万引き病だ。きっとまたやる。と思ったら本当にまた東京地裁の法廷へ被告人として出てきた。固まって青ざめ明らかに尋常じゃない被告人に、裁判官は判決を言い渡した。主文…。

 以下の2号は3月25日にお知らせした

第2522号 まったく異なる方面の“有名人”の、民事の本人尋問を2つ傍聴した件
第2521号 弁護人の主張は論外、検察官の主張も採用できず、ならばどうする?

 以下の2号は3月20日にお知らせした

第2520号 僕が独裁者だったら裁判官、検察官、真っ先に殺しますよと被告人は言い
第2519号 大報道された殺人の、その男の12年前のトンデモ裁判を私は傍聴していた

 以下の3号は3月12日にお知らせした

第2518号 根拠のない思い込みや理不尽な怒りから、ガラスを割ったり女性を襲ったり
第2517号 「♯キメセク、遊べる人いませんか」、家出少女の投稿に50代とび職が応じ
第2516号 YouTuber氏はまさかの前科2犯、酒が弱いのに飲んでしまい刑務所へ

 いま購読登録すると、以上9号がどどっと送信される…ってもう4月になってしまった。だから送信されません。以上9号はバックナンバーの扱いになり、読むためには110円が必要となります。9号全部で110円です。
 4月も濃いですょ!

210331-2  ところで、3月は行政文書の開示請求をいっぱいやった。どんどん開示等決定が届き、開示文書が届き「うほほ~!」な日々だ。いや年度末にお手数おかけしてすみませんでした。

 画像は、今いちばん興奮してるやつ。「半固定式」、いったいどんなの!? 契約書等は明日か明後日にゲットできるはず。楽しみでたまらない。がまんできずにチラ見せした次第。ごめんね~。

 ←4月1日00時00分現在、週間INが50で3位。

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »