フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ストリップ劇場の支配人を「公然わいせつ」で起訴 | トップページ | 昨日一日で感染者がどかんと増えたんじゃないか »

2021年4月24日 (土)

バカなマニアの素っ頓狂な妄想だったらいいな

 つい最近も「最新の可搬式オービス「LSM-310」は2分割で運搬が断然便利になった」というネット記事を書かせてもらった。
 何より問題は、LSM-310は“使える”のか? である。TKKのレーザー式はどうやら使い物にならない、そう推認すべき事情が多々あるのだ。言い方を変えれば、そう推認すれば多くの不可解な事実がすべてすっきり説明がつくのだ。

 しかし、そのように言い続けているのは私だけのようだ。昨年北海道で58歳の警部補が速度違反を捏造したと大報道されたが、あれは自分の成績のためにやったんじゃなく、使い物にならないLSM-100の実績を上げろと尻を叩かれたからじゃないのか、という見方を述べたのはどうやら私だけらしい。

 TKKのレーザー式が「沈む泥船」だとして、そんな泥船を無理ムリつくって沖へ沖へと漕ぎ出した者たちは、いよいよ沈没が不可避となったとき、何をするか。
 「今井のせいだ。今井が悪い。今井がデタラメを書き続けるからこうなった!」というころへ逃げ込む、その可能性はありではないかと、不安ではある。
 いちばん良いのは、私が言ってきたことがみんな、バカなマニアの素っ頓狂な妄想だった(笑)、となることですかね。自分の見立てが誤りであることを願う、不思議な心理だ。

 

 心理といえば、金曜の日経新聞の朝刊にこの本(新書)の大きな広告を見つけ、昼間買った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生贄探し 暴走する脳 (講談社+α新書) [ 中野 信子 ]
価格:968円(税込、送料無料) (2021/4/24時点)

  「魔女狩り」に見る人間心理の闇
  協調性という名の蟻地獄
  自分の空洞を埋めるための正義
  匿名で解放された日本人
  人を脅かし群れさせる「孤独」の正体

 等々の目次が並ぶ。非常に面白そう。てかすでに読み始めたのだが、面白い!

 ←4月24日12時20分現在、週間INが60で3位。

« ストリップ劇場の支配人を「公然わいせつ」で起訴 | トップページ | 昨日一日で感染者がどかんと増えたんじゃないか »

速度取締りの新時代!」カテゴリの記事