フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 新型コロナとかけて踏み間違い事故と解く。そのこころは、どちらも… | トップページ | バカなマニアの素っ頓狂な妄想だったらいいな »

2021年4月18日 (日)

ストリップ劇場の支配人を「公然わいせつ」で起訴

 10年以上前から私が「必ず来るぞくるぞ」と言い続けてきたあれが、とうとうキターっ! 興奮と感動の速報を『ドライバー』のWebサイトに「ついにキタ!自転車の取り締まりに違反金制度で「大きな市場」が生まれる」として掲載いただいた。

 この興奮と感動、分かってもらえますかね、テレビ・新聞はもちろん、だーれも言わないことを私独りで言い続けてきた(正確には、どなたかが言ったのに私が知らないだけかも)、それがとうとう現実のものとなったのである!

20210418-4_20210418231201   まぁね、可搬式オービスだって、あれは放置違反金ならぬ速度違反金を、そして速度取締りの民間委託を狙ってのものであると、2013年から(たぶん)私独りが言い続けている。
 青切符の違反は、反則金を払わず争えばほぼ100%不起訴(※)ってのも、約30年前、私が独りで言い出したことだ。 ※知らん顔してれば自動的に不起訴ってもんでもないですよ。

 けど、私が特別ってことはぜんぜんないと思う。こんなことはいろんなジャンルにいくらでもあるんだろうと思う。具体的にどれがどうだとは今ちょっと思い出せないが。

 そっちに興奮しつつもメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」は休まず、4月は以下の5号を発行した。

第2529号 ストリップ劇場の支配人、公然わいせつ、お客さんも喜んでいただいてたので
 ストリップ劇場「シアター上野」が摘発されたとのニュースを見て、「渋谷道頓堀劇場」の事件を思い出した。和やかで笑顔のある、良い裁判だった。検察官は被告人質問を放棄、大した男だと私は思ったね。

第2528号 大麻取締法と東京オリンピック、新型コロナは日本にとって「神風」か!
 前科なし、大麻少量所持、よって「懲役6月、執行猶予3年」で終わる普通の事件、なのだけれども…。

第2527号 無免許運転で懲役8月の72歳、ガンで余命2カ月、どうするっ?
 末期ガン、もう治療が効かず、緩和ケアの段階、現時点で余命2カ月。懲役8月が確定したら刑務所で死ぬ、死刑と同じだ、どうか罰金刑に、という控訴事件。あなたならどうする?

第2526号 特殊詐欺で刑務所行きのおじさんが、これからの生き方はどうなるのかと
 特殊詐欺の受け出し子を17件もやったおじさんは、最終陳述でこれからの生き方を裁判官に尋ね…。もう1件、シェアハウス内での強姦未遂事件。死ぬ前にセックスしてみたかった…。

第2525号 駅の地下通路で女性とすれ違いざまいきなり胸を触り、正当防衛を主張
 何度制止されても被告人は、意味不明な不規則発言をくり返した。裁判官は聞き流し、さくさく手続きを進めた。とっとと懲役の実刑とし刑務所へ隔離するのだな?

 いま購読登録すると以上5号がどどっと送信される。そして4月末まであと3号が順次送信される。次号は、ちょっと珍しい裁判所の裁判をご報告できるかも。いやまだ確定じゃないけどね。  ※画像はタイムアウト東京というサイトのスクリーンショット。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

昭和ストリップ紀行 [ 坂田 哲彦 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2022/7/30時点)

 ←4月18日23時10分現在、週間INが30で5位。

« 新型コロナとかけて踏み間違い事故と解く。そのこころは、どちらも… | トップページ | バカなマニアの素っ頓狂な妄想だったらいいな »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事