フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 特殊詐欺の末端者リクルート掲示板を、大手企業や都議会議員が広告で支える構図 | トップページ | 人気ヒップホップ、法廷で大麻取締法をディスるか! »

2021年6月26日 (土)

被告と被告人

 刑事裁判は【検察官vs被告人】、民事裁判は【原告vs被告】だ。
 ところがテレビ、新聞は、週刊誌も、刑事の被告人を必ず「被告」と報じる。完全に定着している。

 それでだろう、あろうことか、刑事裁判で被告人に対し「じゃ被告はね、そこに座ってください」などという裁判官もたまにいる。世相に迎合すればいいってもんじゃないでしょ、と私は傍聴席で思う。

 有名なエピソードがある。民事の裁判で、裁判官から「被告は答弁書を陳述…」とか言われた被告が、めっちゃ怒ったんだという。

被告とは何だ! 私を犯罪者扱いするな!

 いつだったか私は、定年退官したばかりの元裁判官氏と裁判所内でばったりお会いし、話したことがある。
 元裁判官氏は言うのだった。

「被告人を被告という、あれはなんとかなりませんか(笑)」

 いや私に言われても。てか私も同感なのですょ。

2106262-2  かくして昨日も今日も明日も、被告人は被告と報道され続ける。
 明白に誤っており弊害もあるのに、完全に定着し、改まる気配もない、そういうことって、ほかにもいろいろあるんじゃないか。人間社会ってそういうことだらけなんじゃないか。どうでしょね。

 画像は、今朝自転車で走り回って買い集めた野菜。右側の枝豆2袋のみ各200円。よって総額1300円だ。トマトなんか自宅にまだいっぱいあるのに、真っ赤なのを見ると買わずにいられない。買っちゃったからにはしょーがないので食べる、食べる。
 こういう健康法もあるのかなと。

 ←6月26日23時50分現在、週間INが80で位。

« 特殊詐欺の末端者リクルート掲示板を、大手企業や都議会議員が広告で支える構図 | トップページ | 人気ヒップホップ、法廷で大麻取締法をディスるか! »

裁判傍聴のための用語解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特殊詐欺の末端者リクルート掲示板を、大手企業や都議会議員が広告で支える構図 | トップページ | 人気ヒップホップ、法廷で大麻取締法をディスるか! »