フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 被告と被告人 | トップページ | 東京地裁に団体さんが現れた! »

2021年6月29日 (火)

人気ヒップホップ、法廷で大麻取締法をディスるか!

2005142c_20210629215001  駅の通路でホームで電車内で、人々のマスクを観察している。ときどきは手帳に記録する。 ※画像は懐かしいアベノマスク。

 ある日の記録は、鼻出し7人、中年男。口出し1人、若い男。なし(すかっとマスクなし)1人、高齢男性、だ。
 別の日の記録は、なし1人、スリムなスーツのお洒落紳士。その紳士は姿勢良くスタスタと歩いていたよ。

 それらの日がそうだっただけで、女性の「なし」もときどき見かける。かなりお洒落な中年女性だったりする。何かの陰謀説の虜(とりこ)になっているとの推認は、論理則、経験則等に照らして合理的と言わなければならない? ※今のは高裁刑事の判決に出てくる決まり文句だ。

 刑事裁判の法廷では、鼻出しの弁護人がときどきいる。裁判官、書記官、検察官に鼻出しはない。弁護人だけだ。興味深い。

 そんな観察もしつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、6月は以下の8号を発行した。

第2549号 電車内痴漢、逆転有罪。有実が無罪に、無実が有罪に、いっぱいあるのかも
 同じ証拠をもとに、無罪か有罪か判断が分かれる。無実の人が泣いたり、犯人がぺろり舌を出して逃げたり、あるんじゃないか。それ以前に、刑事手続きにのらない痴漢被害はどんだけあるのか。

第2548号 人気ヒップホップのメンバー、法廷で大麻取締法をディスるのか!
 報道されているのに、たった10席の傍聴席が埋まらなかった。手続上のことですぐ終わり、次回がいわば本番の裁判となる。弁護人は広い法廷を求めた。もしや…!

第2547号 闇バイトの強盗団、その奥がどうなっているのか、垣間見えた!
 高齢者宅狙いの緊縛強盗。報道からは「若い連中が集まって悪さをやった」との印象を受けるが、そんなゆるい話では全くないのだった!

第2546号 とうとう傍聴した、可搬式オービス、TKKのLSM-300の否認裁判を!!!
 北海道でも沖縄でも行く! 何がなんでも傍聴したい! と常々言ってきたLSM-300の否認裁判を、なんと東京地裁で傍聴しちゃいました~。

 以下の2号は6月15日にお知らせした

第2545号 珍しい「住居不退去」、裁判官から何度注意されても淡々と長々と…
第2544号 井下田裁判官がミスった事件、なぜか双方控訴の控訴審を傍聴した

 以下の2号は6月8日にお知らせした

第2543号 執行猶予中に別件で起訴状の送達を受け「出奔」、6年以上も…!
第2542号 SEALDsの女性らに対する中傷裁判、なぜか被告(中傷した側)だけが匿名

 いま購読登録すると以上8号がどどっと送信される。そしてたぶん明日、6月の最終号が送信される。そこまで無料だ。
 6月の最終号は、2019年8月に「「あおり運転暴行事件のガラケー女」デマ流された笹原えりなさん会社HPの声明で疑惑否定。法的措置も検討」と報じられたあれの、東京地裁での民事訴訟の第1回弁論期日にしようかと。
 傍聴人は私を含め4人ぽっちだった…。

 ←6月29日21時50分現在、週間INが90で位。

« 被告と被告人 | トップページ | 東京地裁に団体さんが現れた! »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 被告と被告人 | トップページ | 東京地裁に団体さんが現れた! »