フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 新型コロナ、検査件数の深い闇! | トップページ | 新型コロナ、続・さすらいの検査数 »

2021年8月21日 (土)

歩く女性の臀部が揺れるのを見て

 伝染病対策の基本は、広く検査していち早く感染者を見つけ、隔離することだと言われる。それでオッケーってもんじゃないけども、それが基本中の基本だと言われる。

20210821-2  ところが日本は、最初っからそれを拒否した、無視した。なぜ? 面白いよねぇ。

 なんにしても、国はもうダメ、生き続けるには「自助」しかない、ということがいよいよあからさまになってきたのではないか。
 もしかして、「コロナはただの風邪だ」「こんなのさざ波だ」という人たち、QアノンならぬJアノンの人たちが政権中枢にいて、あれこれ足を引っぱったんじゃないか、とも思えてくる。

 私としては、なるべく裁判所へ行かず、良い食事と十分な睡眠で免疫力を高めておきたい。
 ただ、もう間もなく裁判所の夏期休暇の時期が過ぎ去る。手帳に傍聴予定がいっぱい入ってる。どうしよう。

 などと悩みつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、8月は以下の5号を発行した。

第2564号 歩く女性の臀部が揺れるのを見て。前科14犯の男が鳥肌を立てた理由は!
 揺れる臀部に追随して約440mを歩く、それも犯罪になるのだ。ずいぶん刑務所へ入ってきて、今回初めて、自分がやってきたことが如何におぞましいか鳥肌が立ったという。

第2563号 「呪術廻戦」の曲のバンドメンバーが還付金詐欺の出し子って!
 「呪術廻戦」のエンディングテーマは、アメリカ大リーグの大谷翔平選手の登場曲にも使われるんだとか? 末端の使い捨て、いずれきっと捕まる出し子なんぞをなぜ!

 以下の3号は8月11日にお知らせした。

第2562号 白石麻衣さんらのフェイクポルノ動画、自らの技術を評価してほしく
第2561号 有名ヒップホップメンバーの大麻事件、きっぱりぶりに感動しました
第2560号 京都地裁で11件を傍聴三昧、あの被告人はもしや超有名歌手の…?

 いま購読登録するとすぐこれらが送信され、8月末まであと4号が順次送信される。そこまで無料(初月無料)だ。翌月から月額110円となる。あんまり変わらないっすね(笑)。

 ←8月21日0時10分現在、週間INが60で2位。

« 新型コロナ、検査件数の深い闇! | トップページ | 新型コロナ、続・さすらいの検査数 »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。