フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 最高裁、約55分前に満員御礼とは! | トップページ | 盗撮は痴漢より2倍も重い! »

2021年9月 9日 (木)

バイクとトラックの右直事故、無罪

 今週はすでに3日も裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)へ行った。3日とも朝一から。
 ズボンのベルトの穴がひとつ、痩せた。裁判傍聴ダイエット、これは本当物だ!

 今日、東京地裁(刑事)で13時30分から「過失運転致死」の判決があった。トラックとバイクとの右直事故で否認、だいぶ期日を重ねている。
 私は過去に右直事故で無罪を傍聴している。まさか、また?

 12時50分頃だっけ、その法廷へ向かって、私の歩測で約100mの中央廊下を歩いて行く途中…。
 ある法廷の前に行列があった。そこは民事の合議の法廷だ。なんだろ? 開廷表を見てみた。
 13時10分から「映画上映禁止及び損害賠償請求事件」の弁論(本人尋問)。なんだ? スマホで検索してみた。うわお、な事件だった。

 行列に加わり、ちらっと傍聴した。
 原告、被告、双方の代理人は、双方とも10人弱、前後2列に座った。
 開廷前、私はせっせとメモった。双方の見た目年齢、ネクタイの有無、マスクは不織布かウレタンか布か、また、鼻マスクかノーマスクか。
 ほほ~! と思える“違い”がありました。
 こういう主義主張の人はこういう傾向がある、と直ちに言えるとは私も思わないけど、しかし興味深いと思えた。

 今日は本人尋問だったが、主張の整理、証拠のチェックがだいぶあるようで、13時15分、私は出た。
 出て、「過失運転致死」の法廷へ急いだ。13時30分からの判決は、なんと…。

裁判官 「主文。被告人は無罪

 

 裁判所へ通いすぎて、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、9月は以下の1号しか発行していない。

第2569号 「傷害」3件、バイクに飛び回し蹴り、アウト老、そして教会内の!
 法廷に出てくる「傷害」の中身はじつにさまざまだ。今回、印象的な3件を。

 その次の第2570号を書きつつ、途中でこのブログ記事をちゃちゃっと書いた次第。申し訳ない。

 最近はっきりと感じたことを唐突にちらっと。
 そこに落とし穴がありますよと、警察も検察も裁判所も分かっているはずなのに、影響力が微少な私しか言わず、次々とどんどん落とし穴へ落ちていく…。
 詳しくはそのうちまた。

 えっと、メルマガのほうは、いま購読登録をすると上掲の1号がすぐ送信され、9月末まであと7号が順次送信される。そこまで無料(初月無料)だ。

 ←9月9日20時40分現在、週間INが40で2位。

« 最高裁、約55分前に満員御礼とは! | トップページ | 盗撮は痴漢より2倍も重い! »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。