フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 盗撮は痴漢より2倍も重い! | トップページ | マスク等の規制及び装着の適正化等に関する法律 »

2021年9月14日 (火)

津田大介さん、香山リカさんらの書類送検、たぶん世間が知らない話

20210910  「起訴求める意見付けず…津田大介さん,香山リカさんら書類送検 リコール署名巡り高須院長が告発」と9月9日付け東海テレビ。画像はそのスクリーンショットだ。

 別の報道では「書類送付」となっていた。刑事犯罪関係で初めて目にする4文字かと。
 身柄なしで検察へ事件を送致するのを、メディアは普通「書類送検」という。今回のは犯罪とは到底いえない送検なので、という趣旨か。

 犯罪とは到底いえない、起訴を求めない検察送致を行う、そんなことってあるの?
 じつはあるのだ。

 以下は2020年の検察統計の、全犯罪のデータだ。公判請求とは正式な裁判への起訴。略式命令請求とはつまり罰金処理。法廷は開かない。丸カッコ内は不起訴の理由の一部だ。

 公判請求  6万8351人
 略式命令請求  3万8239人
 不起訴  15万2569人
  (起訴猶予) 10万5986人
  (嫌疑不十分) 3万1798人
  (嫌疑なし)  1741人

 嫌疑なしの不起訴は極めて少ない。そこんとこ頭において、「殺人」のデータを見てみよう。殺人には罰金刑の選択肢がない。

 公判請求  242人
 略式命令請求  0人
 不起訴  722人
  (起訴猶予) 22人
  (嫌疑不十分) 255人
  (嫌疑なし)  214人

 嫌疑なしがめっちゃ多い。「死人に口なし」じゃ説明がつかないぐらい、めっちゃ多い。どうなってんの?
 私は昔、びっくりして検察か警察の職員に尋ねたことがある。こんな話を聞いた。

 「殺人」の統計には未遂も含まれる…。
 世の中にはいろんな人がいて、「俺は殺されそうになった!」と騒いで殺人未遂で告訴する人もいる…。
 んで、全部なのか一部なのか、警察は受理し、受理したからには検察送致する。そういうのは、もともと殺人未遂に相当する事実などないので、さくっと嫌疑なしの不起訴になる…。

210911  警察が検察に事件を送致するとき、どこそこ検察庁の検事正検察官殿、と「送致書」を作成する。
 うちの書棚には、ややこしい本がいっぱいある。画像はその一部だ。もっと高価でぶ厚い本もたーくさんある。
 たとえば『新版 交通事件捜査書類作成要領』(立花書房)を見ると、無免許運転の送致書の「犯罪の情状等に関する意見」として「…その行為は極めて悪質と認められるので厳重処分を願いたい」とある。

 たとえば『記載要領 捜査書類基本書式事例(改訂版)』(立花書房)を見ると、「処分に関する意見」として「厳重な処分を願いたい」のほかに「起訴相当と思料する」「軽く処罰願いたい」などがある。起訴猶予が相当と目されるときは「寛大な処分を願いたい」と書くんだそうだ。

 嫌疑なしが相当と目されるときはどう書くのか、そこは分からない。他の本をぜんぶ当たる余裕はない。
 本件の「処分に関する意見」はどう書かれたのか、知りたいよね~。

 以上、メルマガ第2571号「盗撮常習の元教員、監視カメラの録画をもとに3カ月後に逮捕って」の編集後記より。
 ネット記事1本に軽くなりそうなことを、たかが月額110円、1本当たり13円程度のメルマガの編集後記に書いている、私はほんとバカだと思う。なんとかしなければ。💢

 ←9月14日22時30分現在、週間INが50で2位。

« 盗撮は痴漢より2倍も重い! | トップページ | マスク等の規制及び装着の適正化等に関する法律 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。