フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« どうしたらいいのか、若い女性っぽい文体のメール | トップページ | 「刑務所は矯正施設」の大うそが暴かれた! »

2021年11月22日 (月)

裁判員ガチャ

 いま期日メモの整理をしている。
 11月18日(木)、東京地裁の3つの法廷で10時~17時、それぞれ裁判員裁判の審理の期日があった。

20211122-1  刑事第18部、713号法廷で「保護責任者遺棄(変更後の訴因 保護責任者遺棄致死)」。
 第1回公判は11月17日(水)だったようで、TBSニュースが「「一生懸命育てた」赤ちゃん置き去りで死亡させた母が起訴内容否認」と報じている。右の画像はそのスクリーンショットだ。

 刑事第1部、531号法廷で「殺人」。
 メルマガ第2519号「大報道された殺人の、その男の12年前のトンデモ裁判を私は傍聴していた!」の、あの被告人の事件だ。

 刑事第7部、815号法廷で「覚せい剤取締法違反(変更後の訴因 覚せい剤取締法違反、関税法違反)」。
 報道は見当たらない。被告人の氏名は中国籍風だ。
 ちなみに「覚醒罪」ではなく「覚せい剤」とあるところから、本件の起訴は2020年4月1日より前とわかる。
 起訴から1年半以上経ってようやく法廷に出てくる、裁判員裁判のあるあるのひとつだ。

 同じ日の同じ時間帯に、3つの法廷に、各6人の裁判員と、通例各2人の補充裁判員が座っているわけだ。

「中国人のシャブ密輸なんて興味ねえよう。中国語の通訳がやたら長くて眠くなる。くっそう、どうせなら殺人がよかったなぁ」
「なんだこの殺人、勘弁してくれ! 関わりたくないよ。どうせなら赤ちゃん置き去りがよかったなぁ」
「この女性、可哀想すぎる。どう裁いていいかわかんない。シンプルな殺人のほうがよかったなぁ」

 なーんてそれぞれ思ってたりして。
 自分は自分の庭で咲く、他人の庭を気にするな。
 ではあるがしかし、「どうせならあっちが」と思っちゃう人もいるだろう。

 裁判員は、どの事件に当たるか選べない。
 流行語でいえば、まさに“裁判員ガチャ”だ。

 同時にまた、被告人のほうも裁判員を選べない。こっちも“裁判員ガチャ”だ。
 こないだ、裁判員6人も補充裁判員2人も全員女性! しかも、明らかに若いか若く見える女性ばかり! てことがあった。びっくりしたよ。

 ←11月22日11時00分現在、週間INが60で2位。

« どうしたらいいのか、若い女性っぽい文体のメール | トップページ | 「刑務所は矯正施設」の大うそが暴かれた! »

裁判員制度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうしたらいいのか、若い女性っぽい文体のメール | トップページ | 「刑務所は矯正施設」の大うそが暴かれた! »