フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月の14件の記事

2022年3月31日 (木)

刑務所一直線の男たち

 年度末は判決ラッシュというか、裁判所は判決だらけだ。
 3月の最終号では、刑務所へ向かって一直線に生きるかのような、そんなケースを3件取り上げさせてもらった。

 一直線の背景には何があるのか。『ケーキの切れない少年たち』のショッキングな問題提起は、やっぱり見逃せないと思う。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書) [ 宮口 幸治 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2022/3/30時点)

 そうして今回、発見した。同書は漫画化(コミック化)されてたんだねえ! 知らなかった!

 2、3年前、久々に『ビッグコミック・オリジナル』を読んで驚いた。社会派の作品の多さに。
 昔は「漫画ばっかり読んでるとバカになりますよ」と言われたっけ…。

 ある意味バカになるかもしれないメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、3月は以下の9号を発行し終えた。

第2627号 好き放題のやり放題、刑務所一直線の男たち。懲役3月、3年、9年
 仮釈放で刑務所を出るや車を入手、無免許運転やり放題、金がなくなれば強盗をやり、事故れば逃げ…。

第2626号 男に自慰行為を強要して撮影、恐喝、半グレ界のまさかトレンド?
 特殊詐欺の詐取金持ち逃げを企んだ男2人を拉致、互いの陰茎を口淫させたという事件も傍聴したことがある…。

第2625号 若い女性が飲酒&ながらスマホで事故、しかも逃げて重ね飲み!
 交通事故としてはかなり重い実刑判決だった。しかし誰にも知られず過ぎ去る、世の中そんなもんだよねと思う。

第2624号 女子トイレ盗撮、神待ち誘拐、深夜の路上で右耳の穴を舐め
 珍しく色情裁判を連続3件、傍聴してみた。歪んだ性欲の男たちがいて、売買春が自由なSNSがあり…。

第2623号 万引き病、高密度な治療計画を仮釈放の遵守事項がぶっ壊した!
 ターニングポイントは夫のDV、万引きが止まらなくなった。前科6犯、前歴9件。今度刑務所を出たら濃密な治療を受け、生まれ変わるはずだった。ところが…!

第2622号 中二女子がバレンタインのチョコとファンレターを送った男は!
 ファンレター? 芸能人? そこが知りたい方は読まないでください。男が誰か臭わせることは一切書いてません。

第2621号 幼い子どもに刑罰を科すことは可能か。ばりばり可能でしょ!
 こういうとんでもない場面もあることを国民が見張る、そのためにこそ裁判は公開なのだ、と思い出させてくれる裁判だった。

第2620号 店内で排泄し、尻を拭いた紙で大便をすくい、監視カメラに
 そんなような事件が東京地裁へ出てくると噂になっていたが、まさかこんな事件だったとは!

第2619号 前科2犯、前歴5件の盗撮魔、誰よりも心が澄んでいる?
 「(刑務所へ)積極的に行きたいわけじゃないですが、べつに、行ってもいいかなぁとは思ってました」などと被告人は静かに淡々と言うのだった。

 いま購読登録すると以上9号がどどっと送信される。でもって3月末までにうまく購読解除できれば全部無料(初月無料)だ。購読解除に失敗すれば、4月分が順次送信され、4月分の月額(110円)が課金される。賭ける価値あり!

 ←3月31日0時00分現在、週間INが50で2位。

 

 

2022年3月27日 (日)

自転車違反金、自転車取締りの民間委託

20220327  「悪質自転車、対策強化へ 全国で集中取り締まり」と3月20日付け共同通信。右はそのスクリーンショットだ。

 おおう、なるほどっ! である。
 これから新入生、新人社員諸君が、学校、職場、最寄り駅の駐輪場へ、自転車で走りだすシーズンが始まる。
 4月中頃には春の全国交通安全運動が始まる。
 そして、5月になるのかな、ほら、電動キックボードの自転車化、あの法案が国会で可決されるはず。
 コロナ禍での自転車人気も、アメリカ式自転車出前もある。

「自転車の迷惑運転が目に余る! モンスター自転車、モンチャリを厳しく取り締まれ!」

 そのキャンペーンに絶好の、またとないチャンスがくる。いよいよですかねえ。

 何がいよいよなのか、1年近く前の拙記事「ついにキタ!自転車の取り締まりに違反金制度で「大きな市場」が生まれる」に詳しく書いた。

 しっかし、こういうこと、どうも私しか言わないらしい。自転車違反金、自転車取締りの民間委託なんて、交通違反・取締りを長年注視していれば誰だって容易に分かるだろうに。

 分かってるけど言わないのだ? えーっ、うっそ…。

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」も、私しか書かないらしいことを書き続けている。3月は以下の7号を発行した。

第2625号 若い女性が飲酒&ながらスマホで事故、しかも逃げて重ね飲み!
 交通事故としてはかなり重い実刑判決だった。しかし誰にも知られず過ぎ去る、世の中そんなもんだよねと思う。

第2624号 女子トイレ盗撮、神待ち誘拐、深夜の路上で右耳の穴を舐め
 珍しく色情裁判を連続3件、傍聴してみた。歪んだ性欲の男たちがいて、売買春が自由なSNSがあり…。

第2623号 万引き病、高密度な治療計画を仮釈放の遵守事項がぶっ壊した!
 ターニングポイントは夫のDV、万引きが止まらなくなった。前科6犯、前歴9件。今度刑務所を出たら濃密な治療を受け、生まれ変わるはずだった。ところが…!

第2622号 中二女子がバレンタインのチョコとファンレターを送った男は!
 ファンレター? 芸能人? そこが知りたい方は読まないでください。男が誰か臭わせることは一切書いてません。

第2621号 幼い子どもに刑罰を科すことは可能か。ばりばり可能でしょ!
 こういうとんでもない場面もあることを国民が見張る、そのためにこそ裁判は公開なのだ、と思い出させてくれる裁判だった。

第2620号 店内で排泄し、尻を拭いた紙で大便をすくい、監視カメラに
 そんなような事件が東京地裁へ出てくると噂になっていたが、まさかこんな事件だったとは!

第2619号 前科2犯、前歴5件の盗撮魔、誰よりも心が澄んでいる?
 「(刑務所へ)積極的に行きたいわけじゃないですが、べつに、行ってもいいかなぁとは思ってました」などと被告人は静かに淡々と言うのだった。

 いま購読登録すると以上7号がどどっと送信される。そして3月末まであと2号が順次送信される。

 ←3月27日11時20分現在、週間INが30で3位。

2022年3月22日 (火)

高校生の裁判員、ぜんぜんオッケー

1804246  「高校生の裁判員、欠席にせず不利益回避 文科省通知」と3月16日付け日経新聞。

 社会経験のない高校生に「殺人、死体遺棄」「傷害致死」「強制性交等致傷」(※)とか裁けるの!?
 多くの方がそう思うんじゃないか。  ※そういうのを裁判員裁判対象事件という。交通違反や万引や大麻なんかに裁判員は関与しない。

 おいおい、裁判官にどんだけ社会経験があるんだ、という話は別として、高校生が裁判員、ぜんぜんオッケー、かえって良いのですよじつは。
 その根拠は「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」だ。第1条にこうある。赤文字は私。


第一章 総則
(趣旨)
第一条 この法律は、国民の中から選任された裁判員が裁判官と共に刑事訴訟手続に関与することが司法に対する国民の理解の増進とその信頼の向上に資することにかんがみ、裁判員の参加する刑事裁判に関し、裁判所法(昭和二十二年法律第五十九号)及び刑事訴訟法(昭和二十三年法律第百三十一号)の特則その他の必要な事項を定めるものとする。

 適切に行われていた刑事裁判について、国民にもっと理解してもらい、もっと信頼してもらう、それが裁判員制度の狙いなのだ。
 裁判員制度をめぐっていろんな考え方はあるだろうけど、法律上はそういうことになっているのだ。

 社会経験を積んだおっさんが、裁判官の指導、誘導に従わない、なんてのは困る。社会経験のない高校生君たちに、人を裁く立場、統治者の立場を素直に味わってもらう、理解と信頼を深めてもらう、素晴らしいではないか。

 えーっと、この話、とくにオチはないです。忙しくてオチを練ってる暇がないのです。💦

 ←3月22日20時30分現在、週間INが40で2位。

2022年3月20日 (日)

犯罪の陰に孤独あり

 「犯罪の陰に女あり」と昔は言われた。
 今は「犯罪の陰に孤独あり」ではないかと、裁判傍聴マニアとして感じる。

 天涯孤独、心を開ける友人なし、人生の目標とかない、希望もない、居場所がない、達成感、充実感を覚えたことは最近ない、他人から誉められたこともない、そんな日々を送る人が――それぞれ事情が異なるとはいえ――たくさんいるようだ。つらいよね。

 「「コロナ陰謀論」で日本に広がるデモ活動の真意、孤立を狙った落とし穴とは」と3月18日付けDIAMONDonline。
 孤独者を、陰謀論、陰謀商売は食いものにするらしい。
 陰謀論、陰謀商売といえば、この本!

 この横田増生さんって、Amazonに潜入して本を書いた人でしょ。トランプ信者、Qアノンに潜入1年、読みたいっす!
 孤独といえば、こんなのも。

 あと、『長距離ランナーの孤独(The loneliness of the long distance runner)』。小説を読んだような気がするが、ぜんぜん憶えてない。

 そんなこともありつつ、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、3月は以下の6号を発行した。

第2624号 女子トイレ盗撮、神待ち誘拐、深夜の路上で右耳の穴を舐め
 珍しく色情裁判を連続3件、傍聴してみた。歪んだ性欲の男たちがいて、売買春が自由なSNSがあり…。

第2623号 万引き病、高密度な治療計画を仮釈放の遵守事項がぶっ壊した!
 ターニングポイントは夫のDV、万引きが止まらなくなった。前科6犯、前歴9件。今度刑務所を出たら濃密な治療を受け、生まれ変わるはずだった。ところが…!

第2622号 中二女子がバレンタインのチョコとファンレターを送った男は!
 ファンレター? 芸能人? そこが知りたい方は読まないでください。男が誰か臭わせることは一切書いてません。

第2621号 幼い子どもに刑罰を科すことは可能か。ばりばり可能でしょ!
 こういうとんでもない場面もあることを国民が見張る、そのためにこそ裁判は公開なのだ、と思い出させてくれる裁判だった。

第2620号 店内で排泄し、尻を拭いた紙で大便をすくい、監視カメラに
 そんなような事件が東京地裁へ出てくると噂になっていたが、まさかこんな事件だったとは!

第2619号 前科2犯、前歴5件の盗撮魔、誰よりも心が澄んでいる?
 「(刑務所へ)積極的に行きたいわけじゃないですが、べつに、行ってもいいかなぁとは思ってました」などと被告人は静かに淡々と言うのだった。

 いま購読登録すると以上6号がどどっと送信される。そして3月末まであと3号が順次送信される。

 ←3月20日22時10分現在、週間INが70で2位。

2022年3月19日 (土)

感染解除と裁判傍聴

18050920  今週からだっけ、電車がやけに空いた。東京地裁の傍聴人もだいぶ少なくなった。
 学生さんたちの多くが帰省した、どうもそのせいかなと思える。

 

 来週、コロナのまん延防止措置が解除になるそうだ。
 さっそくマニア諸氏と飲みに行く?
 いやあ、まん延解禁、感染解禁(以下単に解禁という)に浮かれているだろう居酒屋へ、うーん、喜んで行く気にはちょっとなれないかなあ、行くかもしんないけど。 ←こいつメッチャ行きそう(笑)。

 いちばん恐ろしいのは、解禁によりグループ傍聴、団体傍聴(※)がどっと増えることだ! ※私が知る限りで最大約230人

 2020年の何月だっけ、コロナの緊急事態宣言が出たとき、東京地裁(&簡裁、高裁。以下同)の傍聴席は3分の1に制限された。宣言が解除され、半分の制限になった。
 グループ傍聴、団体傍聴は、ほぼなくなった。完全になかった時期もある。
 なので、傍聴席は半分になってもそんなに苦労はない、というか、ぎゅうぎゅう詰めでない分、かえって楽になったといえる。

 

 東京地裁は、傍聴席の“半分制限”をいつ解除するのだろう。
 解除されないままグループ傍聴、団体傍聴が復活したら、傍聴席争奪戦は大変なことになる。

 たとえば…。

 強烈エロな事件名で傍聴人が大行列。傍聴席は本来20席のところ制限され10席。行列は50人。
 開廷10分前、ドアの施錠が解かれ、10席は一瞬で埋まる。
 それでもまだ外に行列が。エロは人を引き寄せ放さない。エロの磁力

 1時間前から張り付き、頑張って傍聴席を確保した傍聴人が、席に鞄を置いてトイレへ。
 そのすきに、わがまま男が席を奪う。鞄はそのへんに放り投げる。
 トイレから戻った傍聴人が、そこは自分の席だと言う。男は「知らねえよ」と嘲笑する。
 口論からつかみ合いに、そして殺傷事件に…あり得る話だ。

 

 以前、半分制限がない頃、42席か52席の法廷でのことだ。
 開廷前、ある傍聴人が、自分のお気に入りの席(被告人席に近い位置)に紙袋を置き、どこかへ行ってしまった。
 ほとんどがらがらの法廷の、その席にだけぽつんと紙袋がある状態だ。

 間もなく、被告人の身内(見た感じアウトロー系か)がだいぶ何人も来た。
 当然、被告人席に近いところにみんな座ろうとする。紙袋を別の席にどけ、みんな座った。

 そこへその傍聴人が戻った。
 その傍聴人は、お気に入りの席をとられたことに激怒、110番通報した。
 その傍聴人は、気にくわないことがあると「警察に言ってやる」「訴えてやる」などとよく言うのだ。
 ヤクザに何かされたと通報したのか、ごっつい制服警察官が多数人、ドカドカとやってきて、するとその傍聴人は、、、ということがあった。

 

 裁判所の傍聴席は、1席の幅が狭い。明治、大正の時代の規格なのか。
 わいせつ事件の傍聴席は、ぎっしり満席ぎゅうぎゅう詰め、熱気むんむん、いずれまたあれが始まるのだ。
 そんな傍聴人たちの前で、氏名、生年月日、本籍地、住所地、学歴、婚姻歴等々を、そして恥ずかしい性癖を、さらされることになりますよ、東京地検の管内でわいせつ事件をやらかすと。

 しかも、開廷表の記載事項を裁判所で大量にメモし、匿名掲示板に匿名投稿する者までいる。
 実名の逮捕報道がなくても、あなたがわいせつ事件の被告人になったことは永遠にさらされる。
 その実名さらし魔(自身は匿名)は、民事の離婚訴訟の当事者氏名までさらす。

 

 裁判所内から詐欺の電話をかける者もいる。
 裁判所内のトイレで覚醒罪を使用する者もいる。
 「白い粉」の売買をやる者もいると聞いた。
 大正デモクラシー、灯台モトクラシー、じつは裁判所も無法地帯だったりするのだ。ご注意を。

 ←3月19日10時40分現在、週間INが50で2位。

2022年3月17日 (木)

江口大和弁護士、普通に考えて無罪では

1812274_20220317202901  江口大和弁護士を被告人とする「犯人隠避教唆」の控訴審、それだけを傍聴するため今日は出かけた。

 一審・横浜地裁の判決を、たとえば2020年2月3日付けの産経新聞が「江口弁護士に有罪判決「弁護士としての知識悪用」 無免許死亡事故めぐり 横浜地裁」と報じている。
 そこにこんな部分がある。

 判決理由で田村政喜裁判長は「法的知識のない共犯者が虚偽のストーリーを作ったとは考えにくい。被告の関与が推認できる」と指摘。共犯者らの証言の核心部分は信用できるとした上で、「弁護士としての知識を悪用しており、非難に値する」と述べた。

 おいおい~! と、横浜地裁を傍聴した者として私は仰天した。
 あの程度の「虚偽のストーリー」は本件「共犯者」らの界隈では当たり前中の当たり前でしょ。あの程度に「法的知識」「弁護士としての知識」が必要って、法曹の思い上がりも甚だしいわ! と。
 そのへん、メルマガ第2376号「江口大和弁護士の犯人隠避教唆、普通に考えて無罪では?」でレポートした。

 東京高裁・第6刑事部(石井俊和、松本圭史、西野牧子裁判官)もおいおいと思ったのかどうか、控訴審はどうも妙な進み方をしている。

 それだけのために裁判所へ出かけたところ、1階のタブレット開廷表に、よく知る女性被告人の「常習累犯窃盗」を見つけた。そっちも傍聴した。
 いやはやぶっ飛んだねっ! 特殊詐欺に受け子、出し子は必要不可欠な役割を果たす、万引き病者の再犯に国家は必要不可欠な役割を果たす、なんてこった!

 興奮することが多くて困りつつ、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、3月は以下の4号を発行した。

第2622号 中二女子がバレンタインのチョコとファンレターを送った男は!
 ファンレター? 芸能人? そこが知りたい方は読まないでください。男が誰か臭わせることは一切書いてません。

第2621号 幼い子どもに刑罰を科すことは可能か。ばりばり可能でしょ!
 こういうとんでもない場面もあることを国民が見張る、そのためにこそ裁判は公開なのだ、と思い出させてくれる裁判だった。

第2620号 店内で排泄し、尻を拭いた紙で大便をすくい、監視カメラに
 そんなような事件が東京地裁へ出てくると噂になっていたが、まさかこんな事件だったとは!

第2619号 前科2犯、前歴5件の盗撮魔、誰よりも心が澄んでいる?
 「(刑務所へ)積極的に行きたいわけじゃないですが、べつに、行ってもいいかなぁとは思ってました」などと被告人は静かに淡々と言うのだった。

 いま購読登録すると以上4号がどどっと送信される。そして3月末まであと5号が順次送信される。
 第2623号は、上記ぶっとんだ事件にしよう。お楽しみに。

※2022年10月16日追記: 控訴審判決についてはこちらに → http://ko-tu-ihan.cocolog-nifty.com/blog/2022/09/post-e9e866.html

 ←3月10日22時30分現在、週間INが80で2位。

2022年3月16日 (水)

詐欺メールで2千万円を稼いだ若者

20220313-2
 朝、パソコンに向かって最初の作業は、おそらく多くの方と同様、詐欺メール(俗称「迷惑メール」。私の定義では詐欺メール)をざくざく削除することだ。
 Amazonにメルカリに、あとなんだっけ、ちらっと見ただけでもうざくざく削除する、1秒に2件は削除する。

 「「これ詐欺だったの?」──「えきねっと」をかたるメール、手口の巧妙さが話題に “自動退会処理”に注意」と3月7日付けITmedisNEWS。こうある。

JR東日本が提供する、指定券予約サービス「えきねっと」をかたるフィッシングメールが出回り、その手口の巧妙さが話題になっている。プロレスラーの桐生真弥さん(@mahiro_tjpw)は3月5日、「詐欺にあいかけた話」として、フィッシングメールが届いたことをTwitterに投稿。「このメールはレベルちょっと高かった。近年で一番」と注意を促している。

 おっしゃるとおり、私も一瞬「あっ」となり手を止めた。
 詐欺師らもなかなかうまいところを突いたもんだ。ひっかかる人が多いのだろう。「えきねっと」をかたる複数タイプの詐欺メールが毎日大量に着信する。Amazonをかたる詐欺メールに匹敵する量かと。

 詐欺メールの送信で「楽してお金を稼いだ」若者、を被告人とする「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律違反」を傍聴したことがある。
 メルマガ第2455号「競馬と出会系のメールを約22億通、約2千万円を稼いだ若者」(2020年8月29日付け)でレポートした。
 あんな話、ほとんど誰も知らないだろう。雑誌『ドライバー』のWebサイトに書かせてもらおうかな。
 あそこには、交通以外の記事も書いているのだ、じつは。たとえば「オレオレ詐欺の“受け子”調達は…ニュース報道が支えている?」とか。

 そうこう言ってるうちに、もうこんな時刻。そろそろ裁判所へ出かける準備をせねば。じゃねっ。

 ←3月16日11時00分現在、週間INが50で2位。

2022年3月12日 (土)

泥酔して自転車を線路上へ放り投げ

20220312-4  「電車が線路上の自転車と衝突 何者かが放置したか」と3月12日付けテレ朝news。右はその一部のスクリーンショットだ。

 自転車を線路上に投げて放置!
 電車がけっこう長く止まる。通勤通学等の乗客は大迷惑どころの話じゃない!

 それをやらかして「電汽車往来危険、威力業務妨害」で起訴(公判請求)された事件を、私は2件傍聴したことがある。
 いずれもメルマガでレポートした。

 第1685号 なんか俺チャリ投げちゃったんだよねと…
 第2232号 盗んだ自転車を線路へ投げ入れ、組織犯罪対策第二課が動き!

 だいぶ事情が異なる事件だが、共通するのは飲酒だった。
 とくに第1685号のほうは、完全に飲み過ぎが原因と認められる。若い被告人が可哀想と思えた。

 酒で前頭葉が壊れ、暴力が爆発、人を殺す者もいる。自己制御が全くきかず強制性交等(昔の強姦)をやらかす者もいる。急性アルコール中毒で死ぬ人も、毎年一定数いるという。
 そろそろ新入生歓迎コンパの時期だ。
 泥酔して救急搬送される男子、強姦され動画撮影される女子が、何人…。

 高校卒業時とか成人式とか何か機会をとらえて、酒の恐ろしさを強烈に知ってもらう必要があると、私は思うけどね。

 ←3月12日18時40分現在、週間INが50で2位。

2022年3月10日 (木)

幼い子どもに刑罰を科すのはばりばり可能だという件

 4月に多くの裁判官、検察官が移動する。多くの事件が引き継がれる。引き継いだ裁判官、検察官は記録を読み込まねばならない。
 4月の初旬は開廷が激減する。
 そのぶんというか、3月は開廷がやたら多い。
 どうしても傍聴したい事件も多く、裁判所へ行く日が多くなる。
 行って、濃い事件をいっぱい傍聴することになる。

 交通違反方面の原稿の催促を度々受けているのに、重要事件の傍聴予定がまだまだ詰まっている。
 こうなったらもう、眠る時間を減らすしかないのだが、それだと免疫力が落ちそうで恐い。どうするっ? よし、今夜は早寝、明日早起きして原稿をがーっと書きます!

 寝る前にお知らせしとこう、メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、3月は以下の3号を発行した。

第2621号 幼い子どもに刑罰を科すことは可能か。ばりばり可能でしょ!
 こういうとんでもない場面もあることを国民が見張る、そのためにこそ裁判は公開なのだ、と思い出させてくれる裁判だった。

第2620号 店内で排泄し、尻を拭いた紙で大便をすくい、監視カメラに
 そんなような事件が東京地裁へ出てくると噂になっていたが、まさかこんな事件だったとは!

第2619号 前科2犯、前歴5件の盗撮魔、誰よりも心が澄んでいる?
 「(刑務所へ)積極的に行きたいわけじゃないですが、べつに、行ってもいいかなぁとは思ってました」などと被告人は静かに淡々と言うのだった。

 いま購読登録するとこれがすぐ送信される。そして3月末までにあと6号が順次送信される。そこまで無料だ(初月無料)。

 ←3月10日22時30分現在、週間INが80で2位。

2022年3月 9日 (水)

死刑を破棄、改めて死刑!?

20220309  「川崎老人ホーム転落死事件 二審も元職員の男に死刑判決 東京高裁」と3月9日付けTBSNEWS。右はそのキャプチャー画像。

 そこかよっ、と言われそうだが、こんなことを書くのは私しかいないだろうと、ちゃちゃっと書く。
 ニュースにこうある。

川崎市の老人ホームで入所者3人が相次いでベランダから転落し、死亡した事件で、東京高裁は元職員の男に一審と同じく、死刑を言い渡しました。

 もしそうならびっくり判決だ!
 というのも、高裁の判決は以下の2つのうちどっちかなのだ。

主文。本件控訴を棄却する
主文。原判決を破棄する…

 前者が圧倒的に多い。後者の場合、破棄したうえで、地裁へ差し戻すとか、被告人を××に処するとか、被告人は無罪とか、続く。

主文。被告人を死刑に処する

 とは高裁は言い渡さない、言い渡せない、刑事の高裁は事後審なので。
 しかし報道は、高裁が死刑を言い渡した、となっている。であれば、こういう主文だったはず。

主文。原判決を破棄する。被告人を死刑に処する

 そんなバカな? いやいや、一審判決を破棄し、一審と同じ刑を改めて言い渡すことは、たまにある。
 結論は変わらないんだけども、適用法令に誤りがある、という場合なんかに、そうなる。
 そういうのを私は1件か2件、死刑の事件じゃないが傍聴したことがある。メルマガに書いた。第何号か忘れた。

 だから今回のケースは、一審の死刑判決に何か誤りがあり、でも結論は変わらないんで、いったん破棄して、改めて死刑判決を言い渡しのだな、誤りって何だろ! なのである。

 東京高裁にはまだ確認してない。が、過去のこの種の報道を見てきたところから推測するに、こういうことだったのではないかと。

「高裁は被告人側の控訴を棄却、一審の死刑が維持されました、それだと一般視聴者は分からない。無知な人たちにインパクト強く伝えるには、高裁も死刑判決! とやるほうがいいんだ」

 TBSだけじゃなく、どこのニュースもほぼそうじゃないかと。

 民事は【原告vs被告】、刑事は【検察官vs被告人】なのに、メディアは必ず刑事の被告人を「被告」とするし。
 なんと! 報道に毒されたか、被告人を「被告」と呼ぶ刑事裁判官までいる、びっくりだ。

 新型コロナの新規感染者数について、陽性者数(分子)にばっかりめっちゃこだわり、検査数(分母)は基本スルーとかあるし、ウクライナについての報道も、どこまで信じていいの? という気がしてしまう。
 こういうところに陰謀論が入り込んでがつんと稼ぐんだなあ。私も頑張ろう。 ←あんたは無理っ(笑)

 ←3月9日20時20分現在、週間INが80で2位。 

2022年3月 7日 (月)

店内で排泄、尻を拭いた紙で大便をすくい…!

20220307-1  「【速報】新型コロナ 東京で新たに5374人感染 先週月曜は9632人」と3月7日付けテレ朝news。右はそのキャプチャー画像だ。

 いきなり突然、半分近くに減った! なんでっ?
 普通、検査数をがくんと減らしたんだな、と思うでしょ。
 でも検査数はタブーなんだねえ。

 疑問など持たず、当局発表の速報に徹する、垂れ流す、それがニュース報道の使命である、かのように見えてしまう。
 いやテレ朝さんを責めてるわけじゃない。どこもいっしょだ。長年こうだ。

 全社同じネタをくり返し流すんじゃなく、「他社がやらないニュース」略して「やらニュー」、あったらいいのに。
 いやそんなこと私が言うまでもなく、テレビの内部の方々が激しく思ってるでしょ。
 でも、上部の人たちが高級官僚さんや自民党さんとべったり、記者クラブ制度があり続けるんで、なかなか、ということかなと拝察しております。

 他人がどうであろうと、私は私のやることをやる! 私しか書かないことを書く! という姿勢のメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、3月は以下の号を発行した。

第2620号 店内で排泄し、尻を拭いた紙で大便をすくい、監視カメラに
 そんなような事件が東京地裁へ出てくると噂になっていたが、まさかこんな事件だったとは!

第2619号 前科2犯、前歴5件の盗撮魔、誰よりも心が澄んでいる?
 「(刑務所へ)積極的に行きたいわけじゃないですが、べつに、行ってもいいかなぁとは思ってました」などと被告人は静かに淡々と言うのだった。

 いま購読登録するとこれがすぐ送信される。そして3月末までにあと7号が順次送信される。そこまで無料だ(初月無料)。

 ←3月7日19時00分現在、週間INが80で3位。 

2022年3月 5日 (土)

3回目のワクチン接種後、酒を飲んじゃった件

210731-3  あっ!!!
 いま気づいた。今日正午頃、COVID-19(新型コロナ)の3回目のワクチン接種を受けてきたのだ、と。

 私としては、感染はなんとか避けたい。
 そのために重要なのは、特に以下の4つと思っている。

・マスクの正しい着用
・十分な睡眠と運動、栄養バランスの良い食事により免疫力を高める
・喉をいつも湿らせておく
・ちょっとでも喉が痛かったりしたら市販の風邪薬を服用、早寝する

 加えて、せっかくワクチンがあるなら受けようじゃないの、ということで今日正午頃、受けたわけ。
 モデルナでもべつにいいや、と思ったけど、1、2回目と同じファイザーだった。

 そしていま気づいた。
 あっ!!! いま、俺、酒飲んじゃってるじゃん! 今日はお酒はダメですとクリニックできつく言われたのにぃ!

 接種を受けた左肩を触ってみた。痛い!
 いやいや1回目も2回目もこの程度は痛かった、大丈夫、うん。
 でももう寝よう。安静がいちばんだ。

 なわけで土曜発行予定のメルマガ次号は、ちょと遅れます。
 次号は、コインランドリーで排泄し、尻を拭いた紙で大便をすくって…という驚愕の事件をレポート予定。あくまで予定なんで、わかりませんよ。

※3月7日追記: その後、なんかやけにだるい瞬間もあったが、それ以上のことはなく、熱も出ず、3月7日22時頃、普通です。肩の痛みはだいぶ退きました。

 ←3月5日20時40分現在、週間INが80で2位。

2022年3月 3日 (木)

報奨金ハンター養成塾!

20220303-1

 「全国初…特殊詐欺の容疑者検挙に向け『報奨金』制度導入 「だまされたフリ作戦」への協力等で 愛知県警」と2021年7月1日付け東海テレビ。このニュースを、いま知った! 右の画像はそのスクリーンショットだ。

 だいぶ前から私はメルマガ等で言ってきた。
 いまや一大産業となった特殊詐欺について、通報すれば×万円、受け子等々の逮捕に至れば被疑者1人につき×万円、懸賞金、報奨金を出したらどうかという趣旨を。

 そのためには、詐欺の手口の詳細、受け子や出し子の服装、行動の特徴等をよく知らねばならない。
 各地の公民館、コミュニティセンターで警察が「特殊詐欺、手口講座」を開く。
 民間の「報奨金ハンター養成塾」が続々設立され、「当塾塾生による報奨金、総額1億円!」などとTVCMが…。

 お年寄りたちは、架け子からの架電を待ち、わくわくどきどき電話に張り付く。
 受け子等を探して住宅街を歩き回る。駅の番号式コインロッカーやコンビニATM、銀行ATMを回って歩く、眼光鋭くきびきびと。

 生き甲斐と健康を同時にゲット、素晴らしいではないか。

 もちろん、受傷事故はヤバイ。
 行き過ぎちゃって、反戦デモに参加した住人、原発に反対の住民を警察に通報するようになっても困る。
 そこらは十二分に注意しなければならない。

 先輩諸氏(お年寄りら)を餌食とする特殊詐欺、の裁判をたくさん傍聴して思うのは、いくら報道され注意喚起されても結局「他人事」ってことだ。
 他人事、これは人間の大事な心理機制のひとつではないかと思う。
 しかし上記のようなことになれば、特殊詐欺は「自分事」になるだろう。

 そういうことをいつも夢想してきたが、なんと愛知県警がリアルで始めていたとは。
 ただ、1万円はしょぼいと思う。逮捕1人につき、せめて5万円はほしいよね。

 このモデル、日本から世界へ広がるかも。てか世界ではすでに行われてるかも?
 「他社がやらないニュース専門チャンネル」で報じてほしい。

 ←3月3日12時40分現在、週間INが60で3位。

2022年3月 1日 (火)

前科2犯、前歴5件の盗撮魔は…

 

 メルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、3月の初号は以下だ。

第2619号 前科2犯、前歴5件の盗撮魔、誰よりも心が澄んでいる?
 「(刑務所へ)積極的に行きたいわけじゃないですが、べつに、行ってもいいかなぁとは思ってました」などと被告人は静かに淡々と言うのだった。

 いま購読登録するとこれがすぐ送信される。そして3月末までにあと8号が順次送信される。そこまで無料だ(初月無料)。

20220301-2  このメルマガは、週2号、火曜と土曜の発行だ。
 今回、3月1日(火)発行予定の号を、火曜の午前に発行した。
 当たり前だろ? いやいや、こんなことは滅多にない。いつも発行が遅れる。

  火曜発行予定の号 → 金曜に発行
  土曜発行予定の号 → 月曜に発行

 ということがよくある。
 今回は超珍しく、発行予定日の午前に発行した。なぜっ?
 今週は非常に忙しい。水曜、木曜、金曜、先へ進むほど忙しさはひどくなる。間違いない。
 そこで、頭がまだすっきりしているうちにまずメルマガを発行した次第。
 今日中に雑誌原稿を1本書きたい。できるかっ。じゃねっ。

 おっと、今月中に、テレビ新聞には絶対出ない、とんでもない事件をレポート、できる可能性が…。

 ←3月1日11時20分現在、週間INが50で3位。

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »