フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 泥酔して自転車を線路上へ放り投げ | トップページ | 江口大和弁護士、普通に考えて無罪では »

2022年3月16日 (水)

詐欺メールで2千万円を稼いだ若者

20220313-2
 朝、パソコンに向かって最初の作業は、おそらく多くの方と同様、詐欺メール(俗称「迷惑メール」。私の定義では詐欺メール)をざくざく削除することだ。
 Amazonにメルカリに、あとなんだっけ、ちらっと見ただけでもうざくざく削除する、1秒に2件は削除する。

 「「これ詐欺だったの?」──「えきねっと」をかたるメール、手口の巧妙さが話題に “自動退会処理”に注意」と3月7日付けITmedisNEWS。こうある。

JR東日本が提供する、指定券予約サービス「えきねっと」をかたるフィッシングメールが出回り、その手口の巧妙さが話題になっている。プロレスラーの桐生真弥さん(@mahiro_tjpw)は3月5日、「詐欺にあいかけた話」として、フィッシングメールが届いたことをTwitterに投稿。「このメールはレベルちょっと高かった。近年で一番」と注意を促している。

 おっしゃるとおり、私も一瞬「あっ」となり手を止めた。
 詐欺師らもなかなかうまいところを突いたもんだ。ひっかかる人が多いのだろう。「えきねっと」をかたる複数タイプの詐欺メールが毎日大量に着信する。Amazonをかたる詐欺メールに匹敵する量かと。

 詐欺メールの送信で「楽してお金を稼いだ」若者、を被告人とする「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律違反」を傍聴したことがある。
 メルマガ第2455号「競馬と出会系のメールを約22億通、約2千万円を稼いだ若者」(2020年8月29日付け)でレポートした。
 あんな話、ほとんど誰も知らないだろう。雑誌『ドライバー』のWebサイトに書かせてもらおうかな。
 あそこには、交通以外の記事も書いているのだ、じつは。たとえば「オレオレ詐欺の“受け子”調達は…ニュース報道が支えている?」とか。

 そうこう言ってるうちに、もうこんな時刻。そろそろ裁判所へ出かける準備をせねば。じゃねっ。

 ←3月16日11時00分現在、週間INが50で2位。

« 泥酔して自転車を線路上へ放り投げ | トップページ | 江口大和弁護士、普通に考えて無罪では »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 泥酔して自転車を線路上へ放り投げ | トップページ | 江口大和弁護士、普通に考えて無罪では »