フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 女性の窃盗の約76%が万引きで | トップページ | 国際救助隊、サンダーバード、あれのリアル版 »

2022年5月14日 (土)

高齢者の財産と、愚かな若者の人生と、両方を食いものにして太る特殊詐欺

20220514-1  次のWeb原稿に関連してちらっとネット検索するうち、「参議院議員選挙の学生アルバイト(時間額制会計年度職員)の登録者募集」なるものを発見した!

 画像は東京都府中市のものだ。熊本県の玉名市も募集している。

 異世界を覗いて、金をもらえる、こういうバイトは絶対やるほうがいいと思う。

 

 私は、選挙の開票の立会人ってのをやったことがある。あれは賃金なしだったかな。
 ほか、参議院選挙の事前説明会ってのへ紛れ込んだことがある。その原稿を書こうと、念のためネット検索したわけ。

※追記: その記事は5月17日にアップされました~。

 

 一方、ネットの「高額バイト」はもうぜぜ絶対やっちゃダメだよ!
 「荷物を運ぶと思ってたんで」なんて言い訳は、裁判所には通りませんっ。
 高齢者の財産と、高額バイトなんかに引っかかる愚かな若者(※)の人生と、両方を食いものにして「氏名不詳者」が太る、それが特殊詐欺なのだ。 ※若者は基本愚かなのかも、我が身をふり返れば。

 両方を食いものにするんだってことは、刑事裁判を傍聴してれば見えてくる。検察官や裁判官も当然に知ってるだろう。
 しかし検察官、裁判官は言わない。言ってるのは、私が知る限りでだが、私だけだ。
 可搬式オービス、スキャンレーザー式はやばいようだ、警察庁内に暗闘があるようだ、と言い続けてるのも同じく私だけらしい。

 

 異世界が見えてくるメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、5月は以下の3号を発行した。

第2639号 訪問買取業者の罠、厳しいノルマを課され、盗みを示唆され
 高齢者を食いものにし、雇った社員をも食いものにする、このビジネスモデルは特殊詐欺に似ている…。

第2638号 風俗嬢に愛人契約を持ちかけ、額面700万円の偽造小切手を
 愛人契約など最初っからするつもりはなく、単に「やり逃げ」したかっただけ、あと偉ぶってみたかっただけ?

第2637号 虐待への怒りがついに爆発、苛烈な反撃で父親を植物状態に
 暴力で育てた息子の暴力で人生を終える、すじが通っているというか。編集後記は戦争遺伝子と人類の未来について。

 いま購読登録すると、この3号がどどっと送信される。そして5月末まであと6号が順次送信される。面白いよっ。

 ←5月14日16時30分現在、週間INが90で2位。

« 女性の窃盗の約76%が万引きで | トップページ | 国際救助隊、サンダーバード、あれのリアル版 »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女性の窃盗の約76%が万引きで | トップページ | 国際救助隊、サンダーバード、あれのリアル版 »