フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「NHKプラスアップグレードサービスお知らせ」とか称する詐欺メール | トップページ | 衝動に突き動かされ闇雲に万引きしたのかという“新基準”! »

2022年6月 9日 (木)

女子トイレと刑務所、行ったり来たりの人生

20220609  視聴者の0.01%も気づかないだろう。
 気づいたからどうこうって話でもないと思う。

 6月9日付けテレ朝news「吉川元農水大臣が控訴断念 懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決」にある東京地裁(東京高地簡裁合同庁舎)の庁名板は、あれは古いものだ。

 現在は、透明アクリルの防護板が取り付けられている。
 そのことに私は4月18日に初めて気づいた

 ちなみに、よその裁判所での裁判の報道で、東京地裁の庁名板が使われることもある。
 ま、被告人を被告と呼ぶことから比べれば小っちゃな話だ。 

2204183-2  刑事裁判は検察官vs被告人、民事裁判は原告vs被告、なのに、私とか一部の者以外は刑事裁判の被告人を徹底的に「被告」と呼ぶ。
 取材を受けたとき被告人と述べても、誌面では「被告」に変更されることもある。

 民事の裁判で裁判官から「被告は答弁書を陳述…」とか言われ、「俺を犯罪者扱いするのか!」と被告が怒った、というのは有名な話だ。

 そんなこともありつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、6月の初号は以下だ。

第2646号 物々しい防護衣にびっくり、女子トイレ侵入の男は感染中!?
 女子トイレと刑務所と行ったり来たりの人生を送るのか。でもそんなの刑事裁判の知ったこっちゃないのだ。

 いま購読登録すると、これがすぐ送信される。そして6月末まで順次7号が送信される。
 第2647号の発行が遅れている。今日中に発行します。「裁判官の脳みそはここで停止しちゃってるんだな!」という衝撃のレポートになるかどうか。
 
 ←6月9日7時20分現在、週間INが60で2位。

« 「NHKプラスアップグレードサービスお知らせ」とか称する詐欺メール | トップページ | 衝動に突き動かされ闇雲に万引きしたのかという“新基準”! »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「NHKプラスアップグレードサービスお知らせ」とか称する詐欺メール | トップページ | 衝動に突き動かされ闇雲に万引きしたのかという“新基準”! »