フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 恐怖のあおり運転から逃げたらオービスが光った! | トップページ | メディアは物語をつくりたがる »

2022年8月29日 (月)

法廷内で骨折した傍聴人第1号

2208232  今日、裁判所へ向かう途中、駅のホームで、自己の右肋骨付近を自己の右手で触ってみた。 ※自己の、これは大事だ。「公然わいせつ」は「自己の陰茎を露出して示した」と表現する。誰の陰茎か特定しなければならないのだ。

 左側の同部位に比べ、明らかに腫れている。1週間経つのに。

 8月22日(月)、私は東京地裁の法廷で自己の肋骨を骨折したのだ。
 司法の歴史始まって以来、法廷内で、しかも開廷中に(裁判官が閉廷を宣する前に)骨折した傍聴人は、私が初めてかも。
 このような偉業を、まさか私ごときが達成するとは、誰も想像すらしなかったろう。人生至る所に青山あり。ちょと違う? ま、positive thinking でそういうことにしとこうよ。

 司法の歴史に燦然(さんぜん)と輝くメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、8月は以下の8号を発行した。

第2670号 報酬、経費なしで受け子、出し子を楽々使える魔法の言葉!
 受け子、出し子の警戒心は弱まり、場所移動の経費を自腹で払って真面目に働く(=上位者に莫大な金をもたらす)、でもって報酬なし。その魔法の言葉とは…。

第2669号 少年院を仮退院して元の環境へ、ワル仲間と犯罪三昧で懲役12年
 編集後記は、法廷内で骨折した件!

第2668号 俺はムショから出てきたばかり、女だったら誰でもいーんだよ
 女性の深夜1人歩きに法的落ち度は何らない。強姦魔は深夜1人歩きの女性を狙う。2つは同時に成り立つのか…。

 以下の2号は8月18日にお知らせした

第2667号 母親介護の独身男性はトランプ大統領と陰謀論に救われたか
第2666号 米海軍の2等兵曹が首都高速で速度違反、本国へ送還され妻は妊娠中絶?

 以下の3号は8月12日にお知らせした

第2665号 本当は堕ろしたくありませんでした! そう言って被告人は泣いた
第2664号 いじめを暴力で止めた成功体験から、暴力を環境改善の手段として
第2663号 狂気の代理ミュンヒハウゼン症候群、生きのびた男児は今13歳…

 いま購読登録するとこの8号がどどっと送信される。そしてたぶん明後日頃、ラストの1号が送信される。そこまで無料だ。
 購読解除を怠ると、9月分の合計8号が自動的に順次送信され、9月分について課金される。

 課金額は110円だ。1号110円ではない。9月分の合計8号が全部で110円だ。
 無料と変わらない? いやいや、たかが110円でも有料は、ネットにおいては超高いハードルだ。意味あるハードルだと思う。

 8月の最終号は、可搬式オービスLSM-300の否認裁判を今度は自力で見つけた件にするか、某高校を舞台にSNSでの中傷もからむ民事訴訟の、校長の証人尋問にするか、悩み中。じゃねっ。

 ←8月29日19時40分現在、週間INが502位。

« 恐怖のあおり運転から逃げたらオービスが光った! | トップページ | メディアは物語をつくりたがる »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐怖のあおり運転から逃げたらオービスが光った! | トップページ | メディアは物語をつくりたがる »