フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« そしてトー横キッズのリンチ殺人 | トップページ | ひこくびと、べんごびと、ぼうちょうびと »

2022年10月27日 (木)

破壊消火、なぜできないのか

1911143  近ごろやけに火災が多いような気がしないか。
 テレビは映像が大事。スマホ映像が寄せられニュースになりやすい、ということももちろんあるのだろう。

 

 ほかに、超高齢社会が深化し続けていることがあるんじゃないか。

 私は福祉方面の方と話したことがある。
 一概にはくくれないけれども、高齢者は台所の火の始末を忘れがち、ストーブも危ない、独り暮らし(ひとりぐらし)の高齢者は火災が心配だ、と言っていた。

 独り暮らしで、あるいは家人が外出中、就寝中に、火の始末をうっかりミスり、火災に、そういうことはこれから増えるんじゃないか。

 

 住宅密集地で、古い木造住宅がゴーゴーと炎を吹き出して燃え上がる、そんなTVニュースを見て私は思う。
 もう全焼間違いなし、もう住めないのだから、浅間山荘事件のとき登場したような巨大鉄球をクレーンで吊し、燃え上がる住宅の上から落とせばいいのに。
 その家はつぶし、延焼を防げばいいのに。「破壊消火」ってやつだ。

 でも、TVニュースでそんな話を聞いたことがない。なぜ?

 

 家の所有者を特定し、屋内の家財、動産の所有者も特定し、すべてについて破壊の承諾書を作成するのに、数日かかる、場合によっては数カ月かかる、なので間に合わない…。
 あるいは、そもそもそんなことを思いつく者がいない…。

 無人の空き家を取り壊せないのと同じ、または似た事情なのかしら。

 かくして、みるみるうちに炎は隣家に移る。何世帯を全焼して5時間後に消し止められた、などとTVニュースは報じ続ける。残念なことだ。

 ←10月27日18時40分現在、週間INが303位。

« そしてトー横キッズのリンチ殺人 | トップページ | ひこくびと、べんごびと、ぼうちょうびと »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そしてトー横キッズのリンチ殺人 | トップページ | ひこくびと、べんごびと、ぼうちょうびと »