フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 破壊消火、なぜできないのか | トップページ | 自転車違反金へ本気で動き始めた! »

2022年10月30日 (日)

ひこくびと、べんごびと、ぼうちょうびと

 後出の第2687号で書いたんだけども、刑事裁判には独特の“読み方”がある。

 懲役3月=ちょうえきさんげつ
 懲役6月=ちょうえきろくげつ

 「さんかげつ」は期間だ。「さんげつ」は刑の重さ、そういうことかと私は解釈している。

 墨汁=ぼくじる
 17日=じゅうなのか ※これは犯行日

 独特である。だったら…。

 被告人=ひこくびと
 弁護人=べんごびと
 鑑定人=かんていびと
 通訳人=つうやくびと
 傍聴人=ぼうちょうびと

 証人=しょうげんびと

 いいんじゃね? などと妄想しつつメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、10月は以下の9号を発行し終えた。

第2688号 白昼、女児の下着に手を入れた男、路上で女児に陰茎を見せた男
 タイトルの2件を含め6件を簡潔にレポート。裁判所へ日々どんな事件が次々と出てくるか…。

第2687号 こういうのがある、やらないか、警察に捕まらないから安心してくれ
 墨汁を「ぼくじる」と読み、6月17日を「ろくがつじゅうなのか」と読む。ならば被告人は「ひこくびと」?

 以下の2号は10月24日にお知らせした

第2686号 劇団主宰者が女優を脅迫、そしてトー横キッズのリンチ殺人…

第2685号 山手線の終電で女性にからむ酔漢に注意したら大けがを負わされ…

 以下の2号は10月18日にお知らせした

第2684号 リモートワークの父親が1歳半の子を脳死状態に。いったいなぜ?
第2683号 破棄自判で逆転執行猶予、そもそも原判決は重すぎたって!

 以下の3号は10月11日にお知らせした

第2682号 傷害事件の判決に出頭せず逃げ、2年後に女性を殴ってまた逃げ
第2681号 可搬式オービスLSM-300の裁判、無実でも有罪にできる論法とは
第2680号 犯行動機は陰茎の手術だった。結果に不満、何年も痛みが続き…

 いま購読登録するとこの9号がどどどっと送信される。9号全部無料(初月無料)だ。
 10月末までに購読解除しないと、11月の号が順次送信され、11月分が課金される。いくら? 1カ月分全部で110円だ。
 無料とあんまり変わらない? まあね。

 旅人は「たびびと」とは読まない。こんなふうに読む。

「たびにんさん、あんたあのむらへいきなさるかね、やめといたほうがええ」

 ←10月30日20時00分現在、週間INが303位。

« 破壊消火、なぜできないのか | トップページ | 自転車違反金へ本気で動き始めた! »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 破壊消火、なぜできないのか | トップページ | 自転車違反金へ本気で動き始めた! »