フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 公開捜査が受け子、出し子を安心させる? | トップページ | 「社会通念上」はどこへ消えた »

2022年11月 8日 (火)

バカは自分がバカであることに気づかない

 電車内で本を読む人が、気のせいか最近少し増えたような。
 やっぱりねえ、情報を得よう、思惟を深めようと思ったらネットより本だと、みんな気づき始めたのか。

 昨日から私は『バカと無知 ―人間、この不都合な生きもの』(橘玲、新潮新書)を読み始めた。これけっこう面白い。

 バカは自分がバカであることに気づかない、とは昔から言われていた。
 私は自分のバカさを承知しているので、バカじゃないわけだ。ああ、良かった。ってなんだそれ(笑)。

 そんなのを読みつつ裁判所へ通ってメルマガ「今井亮一の裁判傍聴バカ一代(いちだい)」、11月は以下の2号を発行した。

第2690号 岡口基一さんを被告とする民事の裁判、本人尋問の期日を傍聴した
 事件の詳細を私は知らない。今回の期日を傍聴した限りでいえば…。

第2689号 度重なる無法駐車に貼り紙をした事件、弁護人が長々と熱血陳述!
 一般論として、被害者が被告人とされることは普通にあり得る…。

 いま購読登録すると、この2号がすぐ送信される。そして11月末まであと7号が順次送信される。合計9号、ぜんぶ無料(初月無料)です。

 次号は、拘置所の刑務官が勾留中の被告人にわいせつ行為を、という事件を予定してます。
 次々号はその被害者(勾留中の被告人)の判決を傍聴してみた、という話になりそう。あくまで予定。

 私はね、有名芸能人の薬物事件なんかよりずっと、こういう極めて珍しいケースに裁判傍聴の醍醐味を感じる。

 ←11月8日3時00分現在、週間INが602位。

« 公開捜査が受け子、出し子を安心させる? | トップページ | 「社会通念上」はどこへ消えた »

「裁判傍聴バカ一代」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 公開捜査が受け子、出し子を安心させる? | トップページ | 「社会通念上」はどこへ消えた »