フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 面白い詐欺メールが届いた | トップページ | 発信者情報開示が不当利得返還を超える日 »

2022年11月24日 (木)

性犯罪のあるあるパターン

Screenshot-20221124-at-181117-30  「30代女性宿泊客「夕食の途中から記憶を失い、気がついたら朝...不安に」薬物飲ませ性的暴行をした容疑 ゲストハウスの経営者の男(48)を3度目の逮捕【岡山】」と10月31日付けTBSニュース。画像はそのスクリーンショット。

 

 私が主に東京地裁で1万事件超を傍聴してきた限りで言うと…。

 「強制わいせつ」の多くは、深夜に路上でいきなり背後から抱きつき乳房を揉むパターンだ。

 「準強制性交等」の多くは、アルコール飲料に睡眠導入剤を混入して飲ませ、抗拒不能にして襲うパターンだ。マッサージなどの施術を装うパターンより多いかと。
 マッサージなどの施術者が女性に対し、睡眠導入剤入りの飲料を飲ませる、いわば複合パターンもある。

 そういうのが続々と刑事裁判の法廷へ出てくる。
 「またこれか。もういいよ」なんて傍聴席で思ってしまったりもする、正直な話。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

性犯罪捜査全書 理論と実務の詳解 [ 城祐一郎 ]
価格:4950円(税込、送料無料) (2022/11/24時点)

 性犯罪のあるあるパターンを女性たちは知ってるのか?

 ほかに、色情犯は無施錠のドアや窓に引き寄せられるとか、色情犯は駅やコンビニで好みの女性を物色し、尾行して犯行に及ぶとか、あるあるパターンはいろいろある。

 女性たちは知ってるのか?

 刑事裁判の法廷へ出てくる事件、の被害女性らに限って言えば、みな露知らなかったようだ。
 知らない女性が多いとすれば、なぜ? なぜ誰も教えない?

 性犯罪に対し無防備であることに法的な落ち度は何らない。犯罪者を捕まえ処罰すればいいのだ、という「官僚思考」がひとつあるのだろうと刑事裁判の傍聴席からは思える。

 加えて、「性犯罪のあるあるパターンを知って被害から逃れましょう」と言えば、「被害を受けた女性を自業自得だと責めるのか!」と怒濤の攻撃を受けることが予想される。

 かくして、同じパターンの性犯罪が続々と法廷へ出てくる、コレデイイノダ

 以下は刑法より。

(強制わいせつ)
第百七十六条 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。
(強制性交等)
第百七十七条 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。
(準強制わいせつ及び準強制性交等)
第百七十八条 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第百七十六条の例による。
 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条の例による。

 ←11月24日18時40分現在、週間INが602位。

« 面白い詐欺メールが届いた | トップページ | 発信者情報開示が不当利得返還を超える日 »

刑事/色情犯」カテゴリの記事