フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 東京地裁、庁名板3事件とは | トップページ | 面白い詐欺メールが届いた »

2022年11月21日 (月)

ヒトパピローマウイルス

 普段は見ないものをつい読んでしまう、そこが紙の新聞の良いところだ。

 日本経済新聞の夕刊に中川恵一・東京大学特任教授の「がん社会を診る」という連載がある。
 最近の記事によると、国内では子宮頸がんに毎年約1万人の女性が罹患し、約3000人が死亡しているそうだ。

 約3000人? 2021年の交通事故死亡者(24時間内死亡)は、男女あわせて2636人だ。
 単純に数字で比較できるもんじゃないと思うがしかし、子宮頸がん、おそるべし。

 子宮頸がんの発症原因のほとんどは、性交渉によるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染だという。

 もっと前の同連載で読んだのか忘れたが、外国、って主に欧米だっけ、男性のHPVワクチンの接種率は軽く5割を超えているそうな。
 男性に子宮はないが、女性に感染させないよう、男性がワクチンを接種するのだ。

 一方、日本では――私だけかもしれないが――子宮頸がんのワクチンを男性も接種するなんて話、聞いたこともなかった。

 しかも、だいぶ前に「HPVワクチンはヤバイぞ。死ぬぞ」キャンペーンみたいなのがあって、女性の接種率ががっくん減ったという。

 そうするとだよ、たとえばだよ、1人の男性としか性交渉を持ったことのない女性が、子宮頸がんに罹患した場合、感染させたのはその「1人の男性」である可能性が高い、そういうことにならないか。あくまで可能性だが。

 私が刑事ドラマのシナリオ作家なら、中心にそのことを置いた事件をつくろうとする、かも。

 ←11月21日14時20分現在、週間INが702位。

« 東京地裁、庁名板3事件とは | トップページ | 面白い詐欺メールが届いた »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京地裁、庁名板3事件とは | トップページ | 面白い詐欺メールが届いた »