フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 日本が世界から賞賛、信頼される日 | トップページ | 主文。被告人は無罪 »

2022年12月 5日 (月)

刑事裁判の昭和→平成→令和

 傍聴マニアを自称しても、誰からも文句を言われない、そういう立場に私がなったのは2003年だ。
 刑事裁判はまず人定質問から始まる。

裁判官「はい、それでは被告人、そこ(証言台のところ)に立ってください。まず、あなたが本人か確認します(※)。名前は何ですか?」 ※この一文は言わないことが多い。

 続けて生年月日、本籍地、住所地を尋ねる。

 傍聴マニアになって数年間、生年は「昭和…」で始まった。ごくまれに「大正…」があった。「平成…」は皆無だった。
 2003年=平成15年、だもんね~(笑)。

 

 人定質問で初めて「平成…」と聞いたとき「うわっ」となった。子どもじゃん!
 いや、子どもではないのだ。平成生まれが20歳を超え始めたのだ。
 氏名の名の部分が平成っぽくなり始めた。高齢の被告人は多く、昭和っぽい名はもちろん多いわけだが。
 いわゆるキラキラネームに相当しそうな名は、たまにしかなかった。

 

Screenshot-20221205-at-103318-8twitter  「ひろゆき氏の「それってあなたの感想ですよね」 小学生の流行語1位」と12月1日付け毎日新聞。
 共同親権について憲法学の教授がTweetしたのに対し、自民党の国会議員がさっそくその流行語で応じる、なんてことが起こっている。

 刑事裁判の被告人がマネるときがくるんじゃないか。

検察官「前刑の執行猶予判決から1週間も経ず、同じ被害者に対し執拗につきまとっている。当法廷では不可解な弁解に終始し、もはや社会内での更生は困難と言わざるを得ない。再犯の可能性はきわめて高く…」
被告人「それってあなたの感想ですよね」

 おお~!

裁判官「犯行時、被害者の女性がどんな気持ちになるか、考えなかったのですか」
被告人「次の質問」
裁判官「考えなかったのはなぜですか」
被告人「次の質問」
裁判官「質問に答えるつもりはないということですか」
被告人「次の質問」

 うわ~!

裁判官「前刑の裁判で二度としないと誓った。しかしその執行猶予中にまたやり、また二度としないと言っている。今度こそ二度としないと言える理由を話してほしいのです」
被告人「今なお説明が不十分であるというご意見、ご批判は真摯に受け止めなければならない。最後まで丁寧な説明を続けていきたい。以上です」

 そんな被告人がもうすぐ登場するんじゃないか。傍聴したい!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

憲法学者の思考法 [ 木村草太 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2022/12/5時点)

 ちなみに、生年が令和の被告人を私が見るのは、私の年齢的にちょっと難しいかも。
 でも、放置違反金と駐車監視員制度の誕生、可搬式オービスの登場に立ち会えたのは幸運だ。
 自転車違反金制度の誕生も、なんとか見届けられそうだ。最期まで「おお~!」「うわ~!」とか言いながら頑張りたい。

 ←12月5日11時00分現在、週間INが802位。

« 日本が世界から賞賛、信頼される日 | トップページ | 主文。被告人は無罪 »

その他刑事・民事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本が世界から賞賛、信頼される日 | トップページ | 主文。被告人は無罪 »