フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 電車内のスマホ派と読書派 | トップページ | 集団ストーカー、思考盗聴、電磁波攻撃 »

2023年1月29日 (日)

TBS女性社員の覚醒剤事件はどうなる

1708241_20230129131601  「覚醒剤使用で逮捕》TBSテレビ広報部の女性社員・■■■容疑者はもともと技術畑で木村拓哉主演ドラマを担当、エリート転落の背景に東大卒の元夫との“幸せ格差”か」と1月28日付け週刊女性。被疑者の氏名は私のほうで伏せた。
 この事件はどうなるのか。

 手元に東京地検の罪名別の月報がある。2006年1月~2015年12月分が2穴ファイルに綴じられている。
 その後の分も、どこかの時点まであるはずなんだが、閉じられてない。
 どこかに埋まっているのだとすれば、捜索には大きな困難が伴うだろう。

 

 なわけで最新のが2015年12月分だ。そこから「覚せい剤取締法違反」(※)のデータを一部拾ってみよう。 ※当時は「覚醒剤」ではなく「覚せい剤」。

 公判請求=199人
 不起訴(起訴猶予)=8人
 不起訴(嫌疑不十分)=44人

 覚せい剤(現在は覚醒剤)の自己使用には罰金刑の選択肢がない。だから起訴は公判請求(正式な裁判への起訴)だけなのだ。

 本件被疑者は「覚醒剤を使用したことに間違いはありません」とのみ供述したかになっているが、その前後に何を述べたのか、事実としてどんなことがあったのか。
 自分で売人から買って使用したのか、断りにくい状況で誰かから勧められて1回だけ使用したのか、そのへんの情状は勘案される。
 経歴等とともに実名報道されたこと、会社で処分を受けたことなどは「すでに社会的処分を受けている」とされる。
 不起訴の可能性はある。

 起訴されれば、東京地裁の法廷へ出てくるはずだ。
 現時点での報道を見る限り、傍聴券抽選にはならないんじゃないか。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

覚せい剤犯罪捜査実務ハンドブック [ 内藤惣一郎 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2023/1/29時点)

 私は過去に、NHKの元ディレクターの事件、NHKの元「歌のおにいさん」の事件を傍聴したことがある。
 あれらも傍聴券抽選ではなかったと記憶する。

 東京地裁の刑事部の普段使いの法廷、の傍聴席数は、20席が断然多い。次が52席で、42席の法廷は2つだけかな。
 “女のシャブ”は傍聴人に人気だ。が、本件はどっちかといえば男性名だ。したがって…いやいやしかし…。

 などとすぐに考えるのが熟練の傍聴マニアなのである、えっへん。 ←アホか(笑)

 ←1月29日13時10分現在、週間INが902位。

« 電車内のスマホ派と読書派 | トップページ | 集団ストーカー、思考盗聴、電磁波攻撃 »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電車内のスマホ派と読書派 | トップページ | 集団ストーカー、思考盗聴、電磁波攻撃 »