フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 集団ストーカーは現実にあった? | トップページ | 満員電車のモンスター »

2023年3月29日 (水)

ロリータ、我が愛、我が命の炎(ほむら)

2303228  3月29日(水)、覚悟を決めて朝から裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)へ行き、16時43分まで居続けた。
 年度末とて判決が多かった。うちほんの一部を以下に。

 

窃盗、電子計算機使用詐欺、詐欺」 東京地裁 判決

 地方再生の制度を利用して飲食店を開業。コロナに襲われ借金を重ね、特殊詐欺の受け出し子をやり。
 前科なし、懲役3年、未決70日算入
 追い詰められた者を使い捨てて特殊詐欺は太るのだ。
 

準強制わいせつ」 東京地裁 判決

 某大学の有名教授がゼミ生の女性と自宅で飲食し、という事件。
 懲役3年、未決90日算入、執行猶予4年
 この事件、私は第1回から傍聴してきた。被害女性は20歳だが、私の脳裏にはウラジミル・ナボコフ氏の小説『ロリータ』が思い浮かんで…。
 ロリコン、ロリコンと言われるが、日本でいわれるロリコンはインチキだ。変わり者な方はいっぺん『ロリータ』を読んでみてほしい。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロリータ/ウラジーミル・ナボコフ/若島正【1000円以上送料無料】
価格:1,045円(税込、送料無料) (2023/3/29時点)

 

住居侵入、窃盗」 東京地裁 判決

 空き巣でも下着泥でもなかった。
 被告人は女性。数日前に知り合った女性から「男にバッグなどを盗まれた。取り返してほしい」と言われ、合鍵を渡され男宅へ侵入、現金100万円、腕時計等時価合計2670万円相当を窃取…。
 性風俗の客の持ち物から鍵を抜いて仲間に渡し、仲間が急いで盗みに入る、というのは以前に傍聴したことがある。そのタイプかどうか。
 なんにせよ、その男って特殊詐欺の上位者? いやそんなことは刑事裁判には関係ないのだ。
 懲役3年、執行猶予5年

 

大麻取締法違反」 東京地裁 判決

 有名芸能グループの元メンバーと同姓同名。本人かと思われる。
 覚醒剤で執行猶予前科あり。猶予満了後、今度は大麻で捕まり、懲役9月
 9月というのを私は初めて傍聴した! 10月か8月か、ほんとぎりぎりだったのか、裁判官が変わり者だったのか。

 

殺人、銃砲刀剣類所持等取締法違反」 東京高裁 控訴審判決。

 「〈懲役7年の判決〉温厚だった“犯罪心理学者”の夫は6枚の“犯行計画メモ”を用意し、妻に包丁を突き立てた」(週刊文春2020年4月2日号)などと報じられた事件だ。
 原判決は懲役7年、未決算入不明。控訴棄却、当審未決210日算入
 普通に考えれば妄想に支配されての犯行なんだけど、検察が起訴したからには裁判所は徹底的に、妄想に支配されていない部分もあったと強弁する、刑事司法はそういうものなのだ、という見方もできる。

 

道路交通法違反」 東京地裁 審理

 首都高速のルーレット族が事故ったと大報道された事件の、うち3人を被告人とする事件だ。
 3人とも、欠格2年の免許取消処分を受けたらしい。重いね。と思ってから気づいた、本件は「共同危険行為」、行政処分の基礎点数、いわゆる違反点数は25点なのだ。

 ←3月29日22時10分現在、週間INが402位。

« 集団ストーカーは現実にあった? | トップページ | 満員電車のモンスター »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事