フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 18歳の裁判員ぜんぜんOKな件 | トップページ | 政治とか興味ねーし »

2023年4月 8日 (土)

脳内の思考や記憶の抜き取り被害、早急に調査しましょう

2303222_20230408091101  4月7日(金)、今年度、初登庁。
 どこへって、裁判所(東京高地簡裁合同庁舎)へ。

 

 狙いは、13時15分、東京地裁、「準詐欺、詐欺、特定商取引に関する法律違反」の判決だ。
 当ブログでは以下の記事で報じてきた。

  「集団ストーカー、思考盗聴、電磁波攻撃
  「統合失調症の罹患者から稼ぐ探偵社
  「精神疾患に苦しむ被害者の弱みにつけ込んで
  「集団ストーカーは現実にあった?

 メディアでは「「電磁波被害解決」かたり不当に調査料得た疑い 東京の探偵業者逮捕」などと報じられている。この事件の判決である。

 

 4月7日(金)、傍聴できる裁判の数は、東京簡裁刑事=0件、東京地裁民事=123件、東京地裁刑事=3件、東京高裁刑事=3件だった。めっちゃくちゃ少ない。
 しかも! 傍聴人が(私も)好む刑事裁判は、午後は、

 東京地裁
  13時15分、この判決
  13時30分、別の法廷で「覚醒剤取締法違反」の判決

 東京高裁
  14時00分、「建造物侵入、事後強盗未遂、窃盗」の判決
  14時15分、「建造物侵入、窃盗」の判決
  15時00分、「窃盗、詐欺」の判決

 合計5件のみ。新年度はしばらく開廷が激減するとはいえ、普段と比べれば常軌を逸した少なさだ。
 13時15分、庁舎内の傍聴人が全員、乃至ほぼ全員が集合する、やばい!
 いや、52席の法廷にせいぜい40人ちょいだった。ほ~。
 そういえば、いつものマニア諸氏をほとんど見かけなかった。

 

 被告人(探偵社の社長)に対し、求刑は懲役4年、罰金100万円のところ、判決は懲役3年、執行猶予5年、罰金100万円(換刑1日5千円)。
 被告会社(探偵社)に対し、求刑は罰金100万円のところ、判決は罰金100万円(換刑なし)。

 「「集団ストーカー被害解決」うたい不当契約容疑 探偵業者を再逮捕」との報道では「警視庁は、同社が同様の方法で215人から計約1億3千万円を得ていたとみて調べている」とされている。
 けど本件公訴事実は、3人分、被害合計203万円なのだ。

 脳内の思考や記憶の抜き取り被害、を受けていると訴える、合理的な判断をする能力がない精神障害者に対し、相手を特定できる、早く調査したほうがいい、などと言って騙し、金を振り込ませたのだという。

 集団ストーカー、電磁波攻撃、思考盗聴、思考抜き取りの被害を受けている、あるいはスリッパ片方などを嫌がらせで盗まれる、少量の毒を盛られる、見知らぬ者が自分の悪口を言う、などと固く信じる方々を騙して金を巻き上げる、このおいしいビジネスへ、特殊詐欺(リモート詐欺)、特殊強盗(リモート強盗)の連中が参入してこないはずがない、と傍聴席からは思えた。すでに始めてるかも。

「集団ストーカー、電磁波攻撃等々は確かにあります。調査するノウハウが当社にはあります。早急に調査し、犯人を特定しましょう。調査料は…」

 とか言って近づいてくる者がいたら、それぞまさしく集団ストーカー等々の主催者、闇の組織のエージェントですぞ! 今度はあなたの財産を根こそぎ奪い取るつもりですぞ!

 そう呼びかければ被害は防げる、かもしれないがしかし、「ついに闇の組織のエージェントを発見した!」となって包丁で刺すとか起こり得る…。
 どうすりゃいいのか。
 とりあえず、「集団ストーカー等々は精神疾患による典型的な被害妄想のパターンですよ」と伝え続けていくほかないのか。うーん。

 ←4月8日9時20分現在、週間INが802位。

« 18歳の裁判員ぜんぜんOKな件 | トップページ | 政治とか興味ねーし »

刑事/その他刑事」カテゴリの記事